キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

生活保護者がキャッシングできない理由。貸してくれるところは危険?

生活保護は病気などの重大な理由で就業できない人で、扶養してくれる身内がいない人に支給されるものです。年金受給と同じように定期的に支給されます。お金を受取る仕組みは、年金受給と同じように感じますが、受取る理由が全く異なります。生きていく上で、最低限の衣食住を確保できない人が、国から保護してもらうものです。

生活保護の支給は必要最低限ですので、余裕のある生活は難しい為、キャッシングしたいと考える人もいるかと思います。

ところで、生活保護者がキャッシングする事は可能なのでしょうか?生活保護者になれる条件は何でしょうか?生活保護とキャッシングの関係についてご紹介します。

生活保護者になるのは簡単ではない

生活保護は経済的に困窮する人に対して、最低限の生活を国や自治体が保障してくれる制度です。生活保護を受給するにはいくつかの厳しい条件があります。受給条件は以下の通りです。

  • 最低生活を維持できる収入が無い
  • 生活を援助してくれる身内がいない
  • 資産、財産(家、車など)がない

長期に渡って仕事に就けない人の場合は、属する会社から傷病手当が支給されたり、退職しても一定期間の失業手当が支給される事があります。その支給が停止になってもなお、上記の状態であれば、その時点で審査を受け、認定を待つことになります。

生活保護は簡単に受給できるものではありません。

必要最低金額のみが支給される

地域や扶養する人数によって支給金額は変動しますが、約8万円~15万程度と言われます。独身であれば、8万円+アパート代(実費)というのが平均的な支給金額の様です。

必要最低限の生活ができるだけの金額しか支給されませんので、余裕をもった生活はまずできません。

貯金をする様な事があれば、支給を減額されます。生活保護受給者が資産を作りだすことはご法度なのです。

生活保護者のキャッシングは不可能

毎月切り詰めて生活するだけの受給しかない生活ですから、急な出費の時にはキャッシングを頼りたいところですが、残念ながらキャッシングはできません。

キャッシングは安定した収入がある事を第1位の条件に挙げていますから生活保護者の様な無職ではNGです。

また、提出資料には給与明細や源泉徴収票なども必要になりますので、偽って借入申請をしても審査通過する事はまず無理です。

【関連記事】

無職だとキャッシングできない理由。可能なケースはどんな場合?

生活保護費を返済に充当することはできない

前述の通り、キャッシングは当然無理ですし、借り入れたお金の返済に充てる事もできません。人間らしく生きる為の生活保護ですから、借金返済に充当に当てる事はできません。生活保護を受ける以前から借入したお金の返済をしている場合などは、福祉事務所に相談する事で、債務整理などを進められます。

債務整理は、返済能力が著しく低下している人に対して、借金減額や返済方法の見直しなどを行い最低限の生活を維持しながら返済していくことです。

原則、生活保護費を借金返済に充当する事はできませんが、軽微な借入で、債務整理に係る事務手数料と比べて、返済する金額の方が少なければ、例外的に生活費を返済に充てられる場合もあります。

総量規制の施行によりキャッシングの抜け道はない!

総量規制(※)の施行により、個人の借入状況は信用情報機関に厳密に登録されております。

貸金業者は信用個人情報を確認した上で、借り過ぎではない場合にのみ貸付をします。個人の年収情報なども明らかになっていますから、昔に比べて簡単に借入できない様な仕組みになっています。貸金業者間での情報も信用情報に登録されていますから、お互い参照できますので、年収3分の1以内での貸付は厳密に守られます。

総量規制とは

個人の借入総額が年収3分の1を超えない様に、現状の借入状況を調べた上で、適正な金額を貸付する仕組みです。貸金業者は適切に審査して総量規制に沿った貸付をしていない場合は罰則があります。

キャッシングできたとしても、バレたら支給は停止!

キャッシングは前述の通り、生活保護者では無理です。ところが、直近の源泉徴収票などが手元にあった場合ですと、虚偽の申請をして、もしかするとキャッシングできる可能性はゼロではないのかもしれません。しかし、バレたら支給は停止になります。

借入金であろうと、収入が増加したと認識されるので支給停止に該当します。

喜びはつかの間です。生活保護費は無償でお金を与えてくれますが、キャッシングは利息が付いて回ります。本末転倒なお話しになりますから、危ない橋は渡らないのが賢明です。

生活保護費不正受給は厳しい罰則あり!

生活保護者のキャッシングも、返済も、生活保護費の不正受給の一因となります。全国で生活保護費の不正受給は年間2万件を越える勢いです。

これは、生活保護の申請を通過するまでに時間がかかるものの、一度申請が通れば、適宜銀行口座のお金の流れをチェックされるだけになります。案外簡単だと思った人は、その考え方は諦めましょう。

不正受給の代償は厳しい罰則が待っています。詳細は以下の通りです。

不正受給に至った経緯 罰則
過失によるもの 厳重注意、不正受給分返納
故意によるもの 保護廃止の可能性あり、不正受給分140%返納
悪質な故意によるもの 保護廃止、不正受給分140%返納

生活保護費不正受給が自立を遠ざける

不正受給が発覚した場合は、不正受給額以上の返済を求められる事も多く、告訴され有罪になれば刑に服す可能性もあります。

生活保護費は、自立した生活をしていけるようにサポートして頂いたものです。不正受給の発覚は、自立生活をより遠ざけ、ますます社会に復帰する機会を失っていきます。

生活保護者にキャッシングしてくれる会社はヤバいと思え!

ここまでお話しして、生活保護者のキャッシングはほとんど不可能という事がお判りになったと思います。また、生活保護者のキャッシングは、大きな罪になる可能性も含んでいます。それでも、キャッシングを受付てくれる会社があるなら、その会社はヤバい会社だと思ってください。違法な貸金業者の可能性が非常に高いです。

正規の貸金業者であれば、違法な貸付は自らも処罰されますから、安易に申請を通す事はありません。甘い誘惑には気を付けましょう。

閉じる
閉じる