キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

土日に即日キャッシング!攻略するための5つのポイント

お金を借りたいけど平日は仕事が忙しくて土日しか時間がない。休みの日に急にお金が必要になってしまった。だけど土日でもお金って借りられるの?そんな疑問お持ちじゃないでしょうか。

答えを先に言ってしまうと、土日でも即日でお金を借りられるキャッシングはあります。ただし業者や利用方法、申込み時間などに制限がかかっています。それでもその制限をクリアできれば、土日でもすぐお金を借りることができるのです。

そこで、土日でもすぐお金を借りられる「土日即日キャッシング」の攻略法について、みなさんにご紹介致します。この5つのポイントに気をつければ、土日の即日キャッシングも可能です。ぜひ参考にしてみてください。

土日即日キャッシング攻略法①【大手消費者金融を利用する】

土日祝日に即日でお金を借りたいなら、大手消費者金融のキャッシングを利用しましょう。中小の消費者金融は申込み受付や審査対応は平日だけ、というところが多く、土日祝日の利用ができないところがほとんどです。

WEB申込みが普及し、24時間365日申込みが可能なところが増えていますが、WEBでの申込みも対応しているのは大手消費者金融がメインとなっています。大手消費者金融であれば自動契約機を設置している会社も多いので、こちらも利用してみるといいでしょう。

ただし、審査も即日で対応しているか注意するようにしてください。

銀行のキャッシングは2018年1月以降、特に審査が厳しくなっています。これは多重債務者を増やさないための措置で、自主規制を強めているからです。

銀行は銀行法に則って営業しているため、貸金業法で定められている年収の1/3までしかお金を貸せない総量規制の対象外となり、総量規制以上に貸付を行っていたことがあったようです。その結果、個人の返済能力以上に借入を行う人が現れ、多重債務に陥るケースが度々ありました。

このことに警鐘を鳴らし、銀行側へ自主規制を強めるよう要請が入りました。これが本格的に実施されたのが2018年1月で、それ以降、銀行側はこれまで以上に審査に時間をかけるようになり、即日での審査回答を避けるようになりました。

そのため、銀行のキャッシングは土日祝日に申込みができても、即日での審査回答からの契約、借入は難しいと考えておいた方がいいでしょう。すぐにもお金が必要というときは、土日祝日でも審査を行っている大手消費者金融のキャッシングの方が、即日でお金を借りられる可能性が高いと言えます。

大手消費者金融のほとんどが土日祝日の申込み・審査に対応しているので、どうしてもすぐにお金が必要という方は、大手消費者金融を利用してみるといいでしょう。

【関連記事】

即日融資キャッシングのメリット・デメリット。初めてのご利用前に

土日即日キャッシング攻略法②【提出書類を準備する】

即日でキャッシングしたいならスムーズに審査に通過する必要があります。そのためには提出書類の準備をしっかり行ってから申込むようにしましょう。

キャッシングの申込み時には必ず身分証明書を用意する必要があります。

身分証明書は運転免許証や健康保険証、住民票などが有効となりますが、業者によっては所定の健康保険証が必須の場合があるので注意するようにしてください。

身分証明書は、主に申込みした人の基本情報に間違いがないかを確認するために使われます。最近引っ越しをしたという人は現住所が最新の情報に更新されているかよく確認してください。結婚で苗字が変わったという方も要チェックです。

また、収入証明書の準備も忘れずに行いましょう。

借入希望金額が50万円以上、もしくは他社との借入額も合わせて借入残高が100万円以上となる場合、収入証明書の提出が必須となります。

裏を返せば借入希望金額が50万円未満、もしくは全体の借入残高が100万円未満の場合は提出を求められないことが多いですが、審査担当者が必要だと思ったときには借入額に関わらず提出を求められるので、念には念を入れて用意しておくといいでしょう。

収入証明書は一般的に、前年度の源泉徴収票か、直近3ヶ月以内のうち2回分の給与明細書が有効とされています。手元にそれらの書類があるか事前に確認し、ない場合には職場に再発行してもらえるか相談しておくようにしましょう。納税証明書でも可能な場合があるので、その場合は役所で発行手続きをするようにしてください。

提出書類に不備があると審査が進まず、翌日の審査に持ち越しとなってしまうこともあるので、事前にしっかりと準備をするようにしましょう。

土日即日キャッシング攻略法③【WEB申込みを利用する】

最もスムーズなキャッシングの流れは、「WEBで申込み⇒自動契約機でキャッシングカード受け取り⇒ATMからお金を引き出す(借りる)」です。

土日祝日でも審査を行っている消費者金融のほとんどがWEBからの申込みが可能となっているので、WEB申込みを利用するといいでしょう。

自動契約機で申込むこともできますが、申込みから審査完了まで、最短で30分間、そこで審査結果の連絡を待つことになってしまいます。

WEB申込みであれば、家で申込み、審査結果の連絡が来てから外出すればいいため、連絡を待つ間にほかのことが行えます。もし提出書類に不備があった場合でも、家ですぐに対応して書類の再提出を行うこともできるため、WEB申込みを活用するといいでしょう。

WEBから申込んだ後、電話でオペレーターの方に急ぎである旨を伝えると、優先的に対応してくれる場合もあるようです。

急ぎの場合や、審査受付時間ギリギリでの申込みの場合は、電話で連絡を入れておくとより確実だと言えるでしょう。

会社ごとに審査受付時間が設けられているため、その時間に気をつけて申込みを行うようにしてください。

土日即日キャッシング攻略法④【在籍確認できないときは事前相談】

キャッシングの審査で行われる在籍確認にも注意が必要です。在籍確認とは、申込者が申告した勤め先で本当に働いているかを確認することで、そのほとんどが電話連絡によって行われます。このとき、キャッシングの審査だとはわからないように連絡してくれるので安心してください。

土日祝日も営業日で、職場にかかってきた電話に誰かが対応できれば、申込者本人が職場にいなくても問題ありません。「○○は本日休みです」と言ってもらえれば、その人がその職場に勤めていることが確認できるので、在籍確認はそれで終わりとなります。

土日祝日は会社が休みで、職場に誰もいなく、在籍確認の連絡が来ても対応できないという場合は事前に相談するようにしましょう。

残念ながら、在籍確認ができるまで契約できないという場合は即日でのキャッシングは不可となってしまいますが、その他の方法で即日キャッシングに対応してくれる場合もあります。

たとえば、利用限度額を抑えて契約したり、入社証などの書類での在籍確認でもOKとしてくれたりと、様々です。利用限度額を抑えて契約した場合は、後日在籍確認ができれば限度額を上げてくれる場合もあるようです。

土日祝日の在籍確認が難しい場合は、申込み時に相談して、即日でのキャッシングが可能か確認してみるといいでしょう。

土日即日キャッシング攻略法⑤【自動契約機でカードを発行する】

土日祝日に手元にすぐお金が必要だという場合は、借入方法で口座振込みを選ばず、キャッシングカードの利用を選ぶようにしてください。

消費者金融側は、契約が成立したらすぐに口座に借入額を振込んでくれます。しかし土日祝日は営業時間外としている銀行が多く、そのような銀行口座への振込みだと、実際に口座に反映されるのは翌営業日となってしまいます。そのため、借りたお金を利用できるのは翌日以降となってしまうのです。

キャッシングカードの利用であれば、契約成立後、自分で自動契約機でカードを発行することができます。自動契約機の営業時間内にカードを発行することができれば、その日中にキャッシングカードを使ってコンビニなどのATMからお金を引き出すことができるのです。

ただし、これは自動契約機でカードが発行可能な場合に限ります。郵送で送られてくる場合、カードが手元に届くまでお金を借りることができないので、自分でカードを発行できるかどうか確認しておくようにしましょう。

また、近場の自動契約機の場所や営業時間を事前にチェックしておくといいでしょう。ほとんどの会社が土日祝日も22時までの営業としていますが、地域や会社によっては終了時間を早めている場合があります。

自動契約機までの移動時間、審査時間を逆算して、営業時間内にカードを発行できるように余裕を持って申込みをするようにしましょう。

土日即日キャッシング攻略法【まとめ】

土日祝日に即日でキャッシングをするときの攻略法5つをご紹介してきました。最後に簡単にまとめてみましょう。

  • 土日祝日も審査対応している大手消費者金融を利用する
  • 身分証明書、収入証明書などの提出書類を事前に準備しておく
  • WEB申込みを活用する
  • 会社が休みで在籍確認できない場合は事前に相談する
  • 借入は口座振込みではなく、自動契約機でカード発行⇒ATMから引き出す

WEB申込みが普及し、土日祝日でも申込みが可能なキャッシングが増えてきました。しかし申込み可能と融資可能は異なります。土日祝日でも融資可能=審査可能なキャッシングは限られていて、さらに即日でお金を借りるならそこに営業時間などの制限がかかってきます。

平日は忙しくて土日しか時間が取れないという人など、土日祝日に急ぎでお金が必要な人は、ご紹介した5つのポイントをぜひ参考にしてみてください。

閉じる
閉じる