キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

web完結なら申込から返済までスムーズ!必要なのはスマホだけ?

スマホが普及しインターネットがより身近となったいま、キャッシングもネットから申込みできる時代となりました。いますぐお金が必要だというとき、これまでなら店頭に行って申込みしなければなりませんでしたが、家や出先からでも申込みできるようになったのです。

申込みから借入、返済まですべてwebだけで行えるweb完結のキャッシングにも注目が集まっています。忙しくて店頭に行くのが難しいという人や、手早くお金を借りたいという人が利用する機会が多いようです。

ここで気をつけたいのが「web申込み可能」と「web完結」は異なるということです。その他、webから申込むときの注意点について詳しく解説していきます。

来店不要!家で結果を待っているだけでいいweb申込みについて

web申込みとはインターネットから借入の申込みができるサービスのことを言います。店頭や電話で申込む場合、窓口の営業時間内にしか申込みを受け付けてもらえません。消費者金融の自動契約機を利用した申込みも、申込みは自動契約機の受付時間内になります。

郵送での申込みは自分のタイミングで書類をポストに投函し、申込むことができますが、書類が届くまでに日数を要するため、どうしても時間がかかってしまいます。

それに対してweb申込みは24時間365日申込みを受け付けています。申込みから借入まで来店不要で手続きができるところがほとんどで、家で審査結果が来るのを待っていることができるのです。

身分証明書や収入証明書などの必要書類は携帯で写真を撮ってwebやアプリから送信することができるため、より簡単にキャッシングを申込むことができるようになっています。

【関連記事】

ネットキャッシングが人気の理由!24時間どこでも借入可能

web申込みはどんな人にオススメ?

web申込みは24時間365日申込むことができるため、仕事の都合などで窓口の営業時間内に来店することができないという人はwebからの申込みをオススメします。自動契約機やお店への入店をご近所さんに見られたくない、という人にもweb申込みはオススメです。

また、申込み時間などの制限はありますが、即日での融資を希望する人もweb申込みを活用するといいでしょう。申込み後、すぐに審査に入るため、最短30分で審査が終了するところもあります。webから申込んだあと、電話で急ぎであることを伝えると優先的に審査を進めてもらうこともできるようです。

基本的に郵便物は無いため、家族に知られず申込みしたいという方も利用しやすいでしょう。契約書や契約確認書のみ自宅へ郵送される場合もあるようですが、キャッシングの申込みだとわからないような名義になっているため、もし郵便物を見られてしまっても安心です。

web完結でキャッシングしたいなら借入・返済方法に注意しよう

さて、web申込みについて解説してきましたが、ここで注意したいのが「web申込み可能」と「web完結」は違うということです。

web完結とは、申込みから契約、借入、返済まで、すべてをwebだけで完結させることができるサービスのことを指します。web申込みが可能でも、借入や返済はATMを利用しなくてはならないという場合があるため、すべてwebで済ませたいという人は注意が必要です。

web申込みでの契約の場合、審査完了後、キャッシングカードを発行するのが基本的な流れとなります。カードは借入先から郵送してもらうか、自動契約機で自分で発行することとなります。そのカードを受け取って初めて、お金を借りることができるのです。

つまり、申込みはwebから行うことができても借入・返済はカードで行わなければならないため、web完結させたい人は注意が必要です。

web完結サービスではキャッシングカードを発行せず、口座振替による振込み・返済を行うことで借入・返済もwebで行うことができます。振込先の金融業者を指定されている場合が多いので利用制限はありますが、webで申込みから返済まですべて終わらせたい人にはオススメです。

web完結サービスを利用したい方は、契約後の借入・返済方法に注意して、本当にwebだけで完結させることができるのか確認するようにしましょう。

webでキャッシングを申込む場合の注意点について

手早く簡単に申込みできるweb申込みですが、webで申込みするからこそ注意したいこともあります。

まず大前提として抑えておいてもらいたいのが、店頭申込みでもweb申込みでも審査基準は変わらないということです。

web申込みの売りとして、短い審査時間を掲げているところが多くあります。申込み後、最短30分で審査結果をお伝えします、と表記している業者も少なくありません。

もしかしてweb申込みは審査が甘いのかな、と感じてしまう方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。どのような申込み方法でも審査基準は変わりませんので、そこは覚えておくようにしておきましょう。

次に注意したいのは申込み業者の選定についてです。小規模な消費者金融はwebでの申込みを受け付けていないところがほとんどなので、どうしても大手や中堅の消費者金融の利用に限られてしまいます。web完結させたい場合はさらに枠が狭まってきてしまいます。

web申込みする場合には、指定金融業者の口座を持っていることや、所定の健康保険証を持っていることを条件としている業者もあります。申込む前に利用条件をよく確認し、web申込み・web完結サービスを利用できる業者を選定するようにしましょう。

最後に注意したいのが、身分証明書の提出についてです。webから申込みするとき、身分証明書はスキャナやカメラを使って自分で画像を用意する必要があります。

運転免許証や保険証を使用するときは特に問題ありませんが、マイナンバーが記載されている書類を使用するときは、必ずマイナンバーを隠して提出するようにしてください。

マイナンバー(個人番号)は超重要な個人情報です。マイナンバーがあればどのような手続きも行えてしまうため、不正に利用されることがないよう、取り扱いには充分注意する必要があります。

キャッシングの申込み・審査では名前や住所、生年月日などを確認することができれば良いので、マイナンバーの情報は必要ありません。そのため、スキャンするときや写真を撮るときには、マイナンバーの箇所をふせんで隠すなどして提出画像にマイナンバーが映らないように注意するようにしましょう。

自分に合ったスタイルでキャッシングにもwebを活用しよう

店頭に行く時間がなかなか取れない人や、すぐお金を借り入れしたい人にとって、web申込みはとても便利なサービスと言えるでしょう。申込みから返済まですべてwebで完結させることができるようにもなっていて、その利便性はますます高まっています。

webを活用したサービスは今後も増えていくと思いますので、利用条件などをよく確認し、自分に合う業者や利用方法を見つけていってください。ただし手軽に申込めるようになったからといって、計画性のない借入は行わないように注意しましょう。

閉じる
閉じる