キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

即日キャッシングしたいけど無職だと無理?無担保ローン審査の厳しさ

無職なのでお金が欲しい。ある意味、誰よりもキャッシングしたいと思っているでしょうし、即日必要と切迫しているでしょうが、残念ながらキャッシング業者から借りる事はほぼ無理です。

キャッシングには審査を通過する必要がありますが、多くのキャッシング業者は安定的な収入の無い方に対して敬遠する傾向にあります。理由は明白で、返済できないだろうと言う判断からです。

謳い文句などで「審査なしでもキャッシング出来ます」「無職でも即日融資」など見かけた事があるかもしれませんが、甘い言葉に乗って良い事など一つもありません。

これから無職の方がキャッシングをどう捉えるべきか、注意を促す意味でお話ししていきたいと思います。

やっぱり無職では借りられないの?

大変残念ですが、ほとんどの貸金業務に関与する企業は、収入の無い方への貸し付けはしない傾向にあります。もし本当に借りた人がいたとしても、それはその方だけの特殊な事情からなのかもしれません。

キャッシング業者は多くの規制のもと、業務を行っています。その為、業者側が貸したいと思っても無理と判断しなくてはならない事が多々あります。例えば即日キャッシングですが、出来る業者と出来ない業者がいます。

またキャッシングもビジネスですから、貸す金額を出来るだけ大きくし利益を上げたいと考えていますが、それが出来なかったりします。一体なぜでしょうか?

【関連記事】

無職だとキャッシングできない理由。可能なケースはどんな場合?

即日の融資は、消費者金融系のキャッシングだけ?

キャッシングをしたい場合、主に3つの業者が挙げられます。この3つは貸金業法、銀行法などの法の下、業務を行っています。またそれぞれの企業の考えの方向性から、サービス内容を決定しています。

<3つのキャッシング>

  • クレジットのキャッシング枠
  • 銀行系のカードローン
  • 消費者金融のキャッシング

まずクレジットカードを現在持っている場合、即日キャッシングの可能性がとても低いですがあると思います。それはキャッシング枠の申請を行う方法です。但し、審査がありますので当然、即日可能になる訳ではありません。

あと注意点ですが、無職である事や収入の無い旨を話しキャッシングの審査を受ける事になるでしょうが、その際クレジットカードの利用自体を解除される可能性もあるので十分考慮して下さい。

クレジットカードを持っていない場合は、カードを作るところから始めないといけません。但し、信販会社のホームページなどを見ると概ね審査条件に、「定期的な収入」が記載されていますので、審査は厳しいモノになると思います。

銀行系のカードローンですが、2018年1月から業界の方針からなのか、即日融資をしない方向になったようです。早くても申込みの翌日からのキャッシングとなります。

新生銀行のレイクはその経歴から消費者金融業界よりの判断をすると言われていますが、現在は申込み日の翌日からキャッシングを開始するようです。

銀行系カードローンはこのように正確に分からない部分があるので、銀行側は即日融資したいとは思いますが、その日にキャッシングが出来るとは明言しにくい状況です。

最後に消費者金融系ですが、こちらは即日キャッシングが可能です。これは明言されていますので、ほぼ間違いないでしょう。以上の事から、即日を考えるなら消費者金融となる訳です。

無職でも消費者金融はキャッシングしてくれるのか?

「残念ながら」消費者金融からのキャッシングは、無職の方ではほぼ不可能です。これは総量規制と言う法がある為です。

<総量規制>

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

例えば年収が300万円だった場合、100万円までは貸せますという事です。この規制は、借り過ぎたせいで破産などの金銭トラブルを抱える方が増えた為、未然に防ぐ処置として生まれました。借りる上限を決める事で、借り過ぎないようにした訳です。

また返済能力が無い人に対して貸しても、返せなくなる可能性が非常に高いので、金銭トラブルを防ぐ為にも収入の無い方に対して貸金業者は貸さないと判断する訳です。

金融業者にとっての無職とは、4タイプいる

無職とは収入を得ていない方を指します。キャッシング業者は、この無職を4つのタイプに分けて見ています。

<無職とは>
1.定期的に収入を得ていない者
2.専業主婦(主夫)3.不動産などからの不労所得が不定期にある者
4.株・FXなどで不定期に収入を得ている者

当然、不動産や株取引を職業として活動されている方は外します。あくまでも、定期的な収入の無い方を無職であるとした場合の4タイプとなります。

実は厳密に言えば、無職でもキャッシングは可能です。ただ多くの方にとって条件が非常に厳しく、この記事を読んでいる方の意図に合わないので、ほぼ不可能と思って頂いて問題ありません。ただ、キャッシング出来る条件と言うものが見えてきますので、少しお話しします。

上記1、2は本人に収入がありませんので、借りる事は出来ません。しかし、3、4は、消費者金融で即日キャッシングができる可能性があります。(お金がかなりあるイメージなので、キャッシングの必要が有るのかと言う根本的な疑問は脇に置いておいて下さいね。)

但しあくまでも可能性であり、この不労所得や株などでかなりの金額を稼いでいても、不定期な収入なら審査で落とされる場合もあります。

その理由は、「定期的な収入がないから」だそうです。

審査についてはキャッシング業者の判断なので言及できませんが、莫大な貯金や不定期な大きな収入があっても落ちる場合もあります。ですから、一般的には定期的な収入こそキャッシングにとって必要な条件だと、覚えておいて下さい。

バイトでも借りられた体験談と、悲しく怖い体験談

ここで2つの体験談をお話しします。1つは先程から話している定期的な収入の意義が分かる話で、もう1つはキャッシングの怖さを知るお話しです。

<1人目>
この方は、この記事を読まれる方と同じで、即日キャッシングを望む無職の方でした。10万と限度額も抑え、クレジットカードの債務履歴に延滞などない状態だったのですが、断られたそうです。

この方は無人契約機を利用されていたんですが、その際、備え付けの電話で理由を聞いたところ「定期的な収入がない、定職についていない方へは、ご融資できません」と言われたそうです。

そこでこの方は、派遣会社で働く事を決めたそうです。個人的理由ですが、この方は相当働く事に抵抗がありましたが、それでも月10万を目標にしたそうです。それから3カ月後、再度申込んだところ、10万円の融資を受ける事が出来ました。

定期的な収入があれば、審査に通り無ければ落ちる典型的な例ですね。もうしばらく勤続日数が増えれば増額する事も可能だと思います。

<2人目>
次は、無登録業者いわゆるヤミ金でお金を借りてしまったお話しです。どうしても即日にお金が必要だった為、電柱に貼ってある携帯電話に連絡し申込みました。消費者金融を考えたそうですが、審査に落ちるだろうと申込むのを止めたそうです。

そこからが精神的に、かなり追い込まれたそうです。元々収入の目途も無かったので最初は貯金を切り崩していましたが、それも底を尽きかけた辺りから返済が遅れていきました。そうなるとヤミ金からの接触がかなり厳しくなったようです。

最終的には、ご両親を頼ったそうですが、かなりの迷惑を掛けたと落ち込んでいました。

人は追い込まれると正常な判断が出来なくなると言いますが、まさにこの方は正常ではなかったのかもしれません。収入の目途が立っていない、無職と言う段階でキャッシングを考えるのは、とても危険だと思います

この体験談は、1つの教訓として頂きたいです。

借りられた人から見る、キャッシングの審査基準

ここまでのお話しで、即日キャッシングする事が難しい事が分かって頂けたと思います。

お金が無いからキャッシングしようではなく、お金が入ってくる状況で不測の事態などに備え、キャッシングを活用するようにして欲しい。

長々お話ししていますが、この記事ではこの事をお伝えしたかった訳です。

それではもう一歩、お話しを進めていきたいと思います。今後キャッシングをする時の事を考慮し、キャッシング審査と言うものがどういうものか述べておきたいと思います。

キャッシングの審査を知っておこう

<チェック項目表>

  • 性別
  • 借入時の年齢
  • 家族構成
  • 年収
  • 所有資産
  • 雇用形態
  • 雇用先の規模
  • 勤続年数
  • 他の債務状況と返済履歴

このように審査は多岐に渡って行われます。ここに挙げたものはあくまでも一般的な項目で、他にも業種やエリアなど、キャッシング業者によって変わってきます。

ここで重要になってくるのが、「返済能力」と「債務状況」が判断できる項目です。

年収や雇用形態、勤務先の規模や勤続年数など、収入に関する項目が多く確認できると思います。改めて、定期的な収入の有無が重要だと分かると思います。そしてもう一つ重要なのが、債務状況や返済履歴の項目です。

債務状況と返済履歴が、キャッシングの信用を担保する

私たちの債務状況を管理している機関を、信用情報機関と言います。消費者金融や銀行など、金融業務を行う企業は加入の義務がありますので、この信用情報機関に私たちの債務状況の全てが保管されている訳です。

※但し、保管期間があり、永続的に記録が残る訳ではありません。

過去、クレジットカードや住宅ローン、キャッシングの経験があるなら、この信用情報機関に債務状況が残っています。返済日に遅れた情報や長期延滞した情報などが、もし残っていた場合は信用と言う部分で低評価になります。

長期延滞などしていると、無職ではなくても審査に落ちてしまいます。

つまり例え収入が定期的に有ったとしても、債務状況や返済履歴がひどい状態ならば、信用できない人物だと判断される訳です。

キャッシングするなら、「返済能力」と「債務状況」の2つに注意が必要です。

結論!結局借りる為には収入が必要であり、無職は厳しいです

結局、この結論になりますが、それを踏まえ、収入のある道へ促す事が正しい気がします。かなり余計なお世話かもしれませんね。

最後は無職の方が即日キャッシングを目指すなら、最初にこれをして下さいと言う話と、これだけは止めて下さいと言う注意のお話しをします。

バイトか派遣で働きましょう

定期的な収入を得る事が出来れば、キャッシングの可能性が上がる訳です。でしたら、働くしかないでしょう。

1.バイトを定期的にする
2.派遣で月にある程度働く

できれば月10万円程稼げば、体験談でもありましたが良いと思います。勤務日数や時間、人間関係など大変でしょうが、アルバイトの場合慣れてしまえば継続できると思います。

派遣は一カ所で働き続けるか、様々な所で働くのか契約によって変わりますが、アルバイトより給与が日払い、週払いと早い場合もあるのでおすすめです。

3カ月から6か月程続ければ、消費者金融で即日キャッシングが出来るでしょう。

最後に注意事項です

ヤミ金には手を出さないで下さい。この記事を読んでいるという事は、無職であり即日キャッシングがしたい方なんでしょう。つまり、かなり切迫していると思います。

しかし、体験談にもありましたが、結果は悲惨の一言なので、ヤミ金でキャッシングする事だけは止めて下さい。

閉じる
閉じる