キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

振込キャッシングならローンカードも必要なし!スマホで完結!

お金を借りる時、借入れの方法として、店頭窓口、自社・提携のATM、振込キャッシングなどがあります。振込キャッシングとはその名の通り、借りたお金を指定した口座に振り込んでくれるサービスです。

自分の口座から引き出すのであれば家族に怪しまれる心配もないですし、ローンカードも必要ありません。

振込キャッシングとはどんな方法なのでしょうか。

振込キャッシングって何?

振込キャッシングとは、キャッシング方法の一つで、借りたお金を自分の指定した金融機関の口座に振り込んでもらう方法のことです。

ATMでの取引を持たない地方の中小消費者金融などは、振込キャッシングがメインのキャッシング方法で、全国どこからでも申込み可能、とうたっている会社があるのはこの為です。

実際に評判の良い地方の消費者金融は、全国各地から申し込みが殺到するそうです。

反対に、大手消費者金融は自社の契約機やATMを展開し、さらにコンビニなどのATMと提携をして引き出せるサービスもありますが、振込みを希望される方も多いようです。

振込キャッシングの利点は次の項目で紹介しますが、一番のポイントは、自分の口座に直接振り込んでもらえる、ということではないでしょうか。

例えば、クレジットカードの引き落とし日に口座残高が足りない!という時に事前にキャッシングの依頼をしておけば、自動で口座に振り込んでおいてもらうことができます。

ATMの場合だと自分で引き出して、さらに口座に入金させなければならないので、時間も手間もかかりますが、振込キャッシングはその場で申し込むだけで、自動で口座に振り込まれますので引き落としの日も安心です。

次はメリットとデメリットを見てみましょう。

メリットとデメリット

まずメリットは、場所を選ばす振込み依頼が簡単にできるというところです。

キャッシング手続き完了後、インターネットの会員ページから依頼ができます。

カードローンの場合ですと、ATMまで足を運ばなくてはいけませんが、とりあえず口座に入れておきたいという時にはとても便利です。

さらに自分の口座から引き出すので、ローンカードが必要ありません。家族や知人に怪しまれることなく安心して引き出すことができます。

デメリットは、金融機関の口座を介すキャッシング方法なので、即日融資を希望する場合は営業時間が終わる前に申込む必要があり、大体14時までと時間が限られているところです。

翌日以降で問題なければ、申込みのタイミングはいつでも構いません。また、土日祝をはさむ時も振込みは翌営業日になるので注意が必要です。

以上の点をまとめると振込キャッシングのメリットとデメリットは以下のようになります。

振込キャッシングのメリット

・インターネットから簡単に申込みができる。

・自分の口座からなので、安心して引き出すことができる。

・ローンカードが不要。

振込キャッシングのデメリット

・即日融資を希望する場合、申込みの時間が限られてくる。

・土日祝日は利用できない。

振込キャッシングの注意点とは?

振込キャッシングを利用するときに注意する点がいくつかあります。

①金融機関の営業時間外には利用できない

金融機関の営業時間外に申し込みをした場合、振込みは翌営業日になります。

どうしてもその日のうちにお金が必要という人は、ローンカードを発行してATMから借入れをした方がいいかもしれません。

自社ATMを持つ大手消費者金融の自動契約機の営業時間は下記のようになっています。

アイフル 8時~22時
アコム 8時~22時
SMBCモビット 8時~21時
プロミス 9時~22時(一部店舗21時まで)

土日祝でも営業していますし、意外と遅い時間まで開いているんですね。

その日のうちに借入れを希望する場合は、営業終了の1時間前までには申し込みをしましょう。

②借入れ先からの郵便物

契約の内容によっては、自宅に契約書類やローンカードが送られてくることがありますので注意が必要です。

封筒に堂々と会社名が印字されているということはまずありませんが(わかりづらい社名、住所のみなどが印字されている)、間違って家族が開けてしまうことも考えられます。

③振込み手数料がかかることがある

同一銀行口座の場合や、消費者金融で提携のある銀行口座を利用する場合、手数料はかからないことが多いですが、それ以外の口座にキャッシングを依頼すると手数料がかかることがありますので、確認しておきましょう。

振込キャッシングについてご紹介しました。

振込キャッシングは口座残高が心配な時に便利ですし、気づいた時にその場で振込みを依頼できるというのが利点です。

とはいえ、口座に振り込まれたお金は例え使っていなくても返済しなければいけないので、計画的な返済をしていきましょう。

【関連記事】

キャッシングをシミュレーション!返済期間や毎月の返済額を知ろう

閉じる
閉じる