キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

即日お金を借りたいなら振込キャッシングがおすすめ!借入注意事項

「即日振込キャッシング」のサービスを受けるようにすると、カードローンを申し込んだ日にお金を借りることができます。

「即日振込キャッシング」でお金を借りるためには、何点かの条件を満たすことが必要になってきます。

申し込みの締め切り時間に手続きが完了しなかった場合、自動契約機があれば契約手続きの続きができ、自動契約機では契約が完了するとその場でローンカードを即日で発行することができます。

「即日振込キャッシング」の方法には、どのような方法があるのでしょう

「即日振込キャッシング」とは、申し込み者の銀行口座に即日で振り込んでくれるサービスです。

即日でお金を借りたい場合に、カードローンを利用して次の4つの方法があります。

    • 振込キャッシング
    • 店頭窓口
    • 自社ATM
    • コンビニ提携ATM

このうち「振込キャッシング」であれば、もっともお金を早く借りることができます。

カードローンを申し込み、即日でお金を借りたい場合には、「振込キャッシング」がおすすめです。

ただ、「振込キャッシング」はとても素晴らしいシステムなのですが、知っておかなくてはならない「条件」というものがあります。

とくに「当日、借りたい方」では、しっかりと確認しておかないと、その日に借りれない場合があります。

「振込キャッシング」での確認条件というと、


ひとつは「時間帯」のことになります。時間帯を間違えてしまうと「即日振込」の場合が、翌営業日の振り込みになってしまいます。(*若干金融機関でも違いがあります)

      • 平日は14時50分以降(*14時のところもある)
      • 土曜・日曜・祝日

そのため、「申し込みの日に借りたい」といっても「平日」の申し込みに限定されます。

手続きの時間帯としても、14時50分以前に限定されます。


注意したいのは、振り込み先の銀行によって、振り込み処理の受付の時間帯が変わるといったことや、実施時間が異なることも多いです。

また、時間ギリギリなどでは条件を満たしていても、翌営業日の振り込みなってしまう可能性があります。

できれば、「即日振込キャッシング」の場合、手続きとしては、午前中に済ませておくことがおすすめです。

振込先の口座では、銀行の場合自行の口座に限定している場合があります。

また、「即日振込キャッシング」の場合、インターネットバンキングやテレホンバンキングの登録が条件となっている場合があります。

そのような場合には、銀行の口座が必要条件となっています。

即日借りたい場合でも、借り入れの条件など気をつけておきたいこと

超スピードキャッシングの場合、振り込み先の金融機関が限定されている場合があります。

その場合、「ネットバンク」が指定されていることが多いです。

受付してから、数秒足らずで口座に振り込んでくれるサービスで、深夜でも融資の申し込みを
24時間受けつけているサービスがあります。

大手消費者金融では、超スピード&24時間の受付で対応している「プロミス」と「アコム」ですが、その他の銀行などの金融機関では対応してはいません。

プロミスの「瞬フリ」は即日融資便利なサービスで注意が必要な場合も

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録することで、24時間最短10秒でお金を振り込んでくれます。

プロミスの「瞬フリ」は即日融資の借りたい人にとってとても便利なサービスといえます。

なぜなら、深夜、土日、祝日でも口座に振り込んでくれるからです。

手続きが正しい場合、通常では指定の銀行口座に振り込んでくれるのですが、注意しなければならないときがあって、それは次のいずれかです。

      • 「瞬フリ」が指定しない口座の場合
      • 「瞬フリ」の提供時間外の場合
      •  支店名や口座番号の間違い
      • 既に利用限度を超えている

以上の場合にはお金が振り込まれないので注意が必要です。

【関連記事】

即日融資キャッシングのメリット・デメリット。初めてのご利用前に

他人口座でお金を借りることができるか


他人名義で借り入れしようと思っても、本人確認や在籍確認があるのでお金の借り入れは難しいです。

運転免許証や保険証があってもそのような行為は詐欺で違反行為になります。

「振込キャッシング」で、他人名義で借り入れできるかというと、実際には本人確認や在籍確認があって借り入れるのは難しいです。

ただ、他人の運転免許証や保険証を入手できれば借り入れもできる場合もあるかもしれないです。

しかし、そのような行為は「詐欺」で違法行為になります。

      • 取引明細書が自宅に郵送されるので
      • 「振込キャッシング」を利用することで、家族に知られたくない人であれば、注意しておかなくてはなりません。
      • 振込人名義は社名以外で振り込んでくれることも

「振込キャッシング」では社名以外の振込人名義で振り込んでくれるところがあって、他人に知られたくない人は窓口で相談してみることができます。

ただ、「振込キャッシング」の振り込み先として、他人名義の口座には振り込んでくれるところはありません。

「振込キャッシング」の場合、本人名義の口座に限られている場合が多いです。

日曜日に借りたい場合でも借りれるの

例えば、土曜日に申し込みをして土日振り込みの即日融資が受けられる金融業者が増えてきています。

「振込キャッシング」では、日曜日でも即日融資でお金を借りることのできる金融業者の利用がおすすめです。

ただ、その中では銀行のカードローンは審査が厳しくなってきたといえる状況です。

土日休日、申し込み当日にお金を借りれるのに銀行系の大手消費者金融カードローンがあります。

日曜日にカードローンを契約して即日でお金を借りる場合には、カード受け取りで

土日や祝日などお休みの日にも、申し込み当日にお金を借りることのできる、「ネット申し込&自動契約機カード発行」なら、これを契約することで審査申し込み・契約手続き・お金の借り入れまでがすべてWEBでできてしまうので、日曜日でも即日で融資が受けられるシステムです。

こちらは、自動契約機では審査を申し込んからの審査結果が出るまでの「待ち時間」がイライラする必要もありません。

テレビCMでもおなじみのカードローン会社は安心感や信頼感が違う

土日にすぐにお金を借りたい人には、テレビCMでもおなじみの銀行系大手消費者金融と呼ばれるカードローンがおすすめです。

例えば、三井住友銀行グループや三菱UFJファイナンシャル・グループなどの大手銀行の傘下やグループ会社であれば、安心感や信頼感も違い人気のカードローンとなっています。

代表的な大手消費者金融には

      • 三井住友銀行のプロミス
      • 三菱UFJファイナンシャル・グループのアコム
      • 三井住友銀行グループのSMBCモビット
      • 東証一部上場のアイフル

当日も申し込みで審査可能なので当日即日融資可能となっています。

スマホ対応の口座振り込みでキャッシングする方法

スマホではAndroid iPhoneから簡単に申し込みできるキャッシング方法があります。

スマホ申し込みから審査結果までを受け取ることができる消費者金融は、キャッシングする際に記入する必要事項で入力された情報のみで返済能力があるかどうかを審査しなければなりません。

返済能力があれば必要事項記入だけで、来店だけでスマホからキャッシングできるのです。

なかなか、店舗までいけない人にとっては便利なポイントといえます。

大手消費者金融や銀行ではほとんどがスマートフォンに対応しています。申し込みは、スマホ専用サイトからの申し込みか、スマホ専用アプリから申し込むことができます。

必要書類は身分証明のみ、確定申告の必要な場合も

スマホからキャッシングする際には、ほとんどの職業の方は収入証明書は不要で借りれます。

ただ、自営業や個人事業主の場合、不安定な職業と考えられるため審査が厳しくなります。その場合、確定申告の書類などが必要になります。

スマホからキャッシングする際に注意しておきたいのは、「即日振込キャッシング」を考えている場合、「審査の申し込みを午前中にする」といったことです。

その日のうちに確実に融資してもらいたいのであれば、早めの時間帯に申し込みと審査をしておくことが必要です。

スマホから午前中に申し込みできない場合には無人機で契約する方法が

当日中にスマホからキャッシングに間に合わせるためには、審査だけを自宅でスマホから申し込み、けーど発行を無人契約機でする方法があります。

カードがあれば、コンビニや銀行のATMで現金の借り入れができるようになります。

無人機ではカード発行ができますので、大体の場合、無人契約機は21時まで開いていますので利用が可能です。

その日のうちにお金を振り込んでもらうには早い対応をすることが必要

「即日振込キャッシング」では、その日のうちにお金を振り込んもらうためにも早めの対応が必要になってきます。素早く借りるには来店不要や収入証明書不要、スマホ対応、早い対応をしてくれる会社などのカードローンについて「即日振込キャッシング」キャッシングの秘訣を知ることです。

閉じる
閉じる