キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシング審査に即日で通らない場合の理由と改善策について

キャッシング審査がなかなか通らないとお困りの方はいないでしょうか。

そんな方へ、キャッシングの審査方法では「何が重要視されるか」を突き止めてみることも大切です。

「審査が落ちた」その原因がわかることで、打開策も見つかるし、キャッシング審査に落ちたからと嘆く必要もありません。

キャッシングの審査落ちで最も多い理由

キャッシングの審査基準は、各社でブラックボックスになっていて、何の理由で落ちたかは明確にわからないことが多いです。

ありがちな理由で多いものを紹介してみます。内容としては「これをすると審査落ちしても仕方がない」というもので、ここだけはクリアしておきたいものです。

収入など申し込み要件を満たしていない場合

キャッシングの申し込みの場合、入力項目が多く、時間をかけても、審査落ちではがっかりです。

キャッシングの申し込み画面では、チェックしなくてはいけないことが、収入や年齢など「利用条件」について書かれていることです。

例えば、「専業主婦でも借りれるカードローン」とある場合、原則的には安定した収入があるという記載になり、原則的というのは注意書きなどに「配偶者に収入がある場合にのみ」申し込みできるといった意味になります。


「本人に収入がある場合」という条件の場合、専業主婦や無職の人が申し込みをする場合、審査が落ちるリスクは高いです。

ただ、その条件について満たす会社に申し込むことで、審査結果を見てがっかりすることもありません。

細かな規定をクリアすることで通過でいる確率も高くなってきます。

ほかにも、年齢未満の未成年や基準年齢を超えてしまっている高齢者では審査通過はできないことや、「年金」の場合、収入とみなされないこともあります。

【関連記事】

未成年者はキャッシング不可!即日融資で誘う業者に注意!

審査に必要な申請書類をきちんと書かなかった場合

キャッシングの申し込みをする場合、基本的な内容では氏名・生年月日・住所・電話番号などといったことから、勤め先情報・勤続年数・役職などについて細かく記入することも多いです。

かなりたくさんの情報を記入して家族構成や年収までも、プライベートな内容も申請しなくてはいけません。

その中でも「うろ覚え」で記載できないときもあり、自分の勤め先の電話番号や、住所などを確認せずに記載できる方も少ないかもしれません。

ただ、急ぐあまりきちんと確認しないままに、空白のままだと審査が落ちてしまうリスクは高くなります。

もちろん、間違った記載をしてしまうと虚偽報告とみなされて信用されません。


内容参照で「虚偽」が見つかれば、審査落ちするリスクは高いです。

反対に申し込みに欄に空白が多い場合、「隠し事が多い」と思われますので「お金を借りる立場をわきまえる」という意味でも、記載にはできるだけ誠実な対応が必要になります。

長期返済延滞・債務整理がある場合


俗にいう「ブラック履歴」は信用情報に記載されるので、この場合、消費者金融系や銀行系のカードローンは審査は通りません。

信用情報機関には、ひとつの貸金業者で事故を起こした場合、他の貸金業者もその情報を参照しますのでキャッシングを申し込む会社をいくら変えたところで審査は通りません。

口コミやランキングサイトでは「ブラックでも大丈夫」というような記載を目にすることもありますが、重大な事故が残っている以上審査の通過は難しいです。

即日での融資に通らない場合のありがちな理由は何か

キャッシング、即日での融資に通らない場合には、理由は何かを知りたいけれど、教えてもらえないことが多いです。

ケース別に思い当たる点がないかを確認する必要があります。ケース別に思い当たることがないかを確認してみることが必要です。

①限度額を超過して申し込みをした場合、制限される


どんなに年収が高い方でも、総量規制対象の消費者金融に申し込みをすると基準を超えて借りることはできないです。

どうしてもお金が必要な事情がある場合、有担保ローンや銀行の融資を検討する方法もあります。

総量規制対象の金融会社など、専業主婦がキャッシングできなくなったのも、この理由からです。不便に思えるこのシステムでも、消費者の「借りすぎ」を防ぐための安全策ともいえます。

たとえば審査に通過した場合でも、総量規制で決められた金額以上の限度額は制限されることが、貸金業規制改正ではじまったルールです。

年収の3分の1までしか借りることができないシステムで、この金額を超過して申し込みした場合、限度額が制限されてしまいます。

金額的にはもし100万円借り入れを希望したとしても、数十万円の枠しかないということがいえない場合や、年収300万円でもすでに100万円の枠をもっていた場合、審査落ちします。

キャッシングの申し込みでは総量規制があることを念頭に必用範囲の金額を依頼することが大切です。

大金を借りてしまい自己破産に陥ることがないようにしてくれるのが、総量規制なので確実な審査を通過するのであれば「欲張りすぎない」ことが大切です。

そのほかにも審査に影響する項目があります。それは「他社借り入れ件数」「担当者の心象」「在籍確認がとれること」「必要書類が十分なこと」などがあります。

キャッシングの借り入れは、ます「きちんと働いていること」など過度な借り入れをしていない方が申し込みするのであれば、審査も落ちるようなことはありません。

書類を記入する場合にも、時間的に余裕をもって間違いのないように記入することが必要です。

即日のキャッシングといっても審査では落ち着いて行動することが必要です。

②無職の場合には審査は通りません


キャッシング会社がお金を貸してくれない場合、ひとつは「安定した収入があるかどうか」で貸せるか貸せないかを判断しているのです。

審査に通るには、きちんとパートでもアルバイトでも探してみることから始めなければなりません。

正社員でもなくても、パートアルバイト、契約社員などで給料があれば審査の申し込みが可能です。

③専業主婦では審査はNG、パート代やアルバイト代でOK

申し込みでも専業主婦だけではキャッシング会社はお金は貸してくれません。

ただ、パート代、アルバイト代があれば審査も通る確率は大きいです。

また、最近は専業主婦の方でも借りることのできるキャッシング会社もあります。

審査もあまり甘くはなく、数も限られています。

数の限られている専業主婦の選択に申し込むよりも、まずはパート代、アルバイト代を得て定期収入を得られる方がキャッシング会社の審査に通過する確率も高くなります。

④未成年の方は審査に通らない


100%キャッシングの審査に通らないのは、「未成年」の方が申し込む場合です。

これは収入があってもなくても関係ありません。

⑤多重債務や多重申し込みの場合


キャッシングの審査では、「多重債務者」も審査に落ちる可能性がとても高いです。

他社でたくさん借りていることで、総量規制の適用を受け、年収の3分の1を超えてしまうからです。

この場合には、他社でいくら借りているかで判断されます。

すでに他社で複数の借り入れがあり、融資上限の年収の3分の1に達している場合には、審査は通過できません。

また、一度に多数のキャッシング会社に申し込みを行う場合、審査には落ちやすいといわれています。

まとまった借り入れをして返済を踏み倒す可能性があると思われてしまうからです。

また、深刻な事情を抱えていると思われてしまいます。

ただ、申し込みが複数については具体的な基準が設けられているわけではありません。

審査に不利に働いてしまうのは、同時に4社以上の会社に申し込んだ場合で、もし、申し込むのであれば1社ずつ時期をずらして申し込むことです。

⑥申し込みに嘘の記載があった場合

金融機関の与信調査能力は極めて高いです。もし、過去に申し込んだ金融機関があれば、申し込みの内容や時期などもすべて保管されているからです。

しかも、それらの情報はすべての金融機関で共有する仕組みがあり、個人情報機関を通じて共有する仕組みになっています。


もし、嘘の記載をすれば審査の時点で落とされてしまいます。

⑦自己破産や債務整理をした方

キャッシングの審査では、「返済能力」を問われます。自己破産や債務整理を行っている時点で返済能力がないと判断されるからです。

自己破産や債務整理をした方はブラックリスト入りしている状態になっています。

⑧キャッシング審査でブラックリスト入りしている方


ブラックリスト入りしている方は、キャッシング審査には通りません。

ブラック入りしている状態とは、個人信用除法期間で与信情報欄に支払いの延滞事故や金融事故(自己破産・債務整理)の情報が記載されている状態となっています。

これでは、いくらキャッシングの申し込みをしたところで、100%審査には通ることはありません。

自分がブラックリスト入りしているのではないかと不安に思うことがあれば、一度申し込み前で自分で確認してみることもできます。

その方法はWEBで「個人信用情報機関」で検索し、自身の与信の開示申請を行うことで、内容の確認ができます。「個人信用情報機関」を検索することでCIAなど3つの機関から確認してみれます。

身内の返済事故とキャッシング審査

キャッシングの申し込みでは「夫にブラック履歴がある」「両親がキャッシング延滞で自分にはマイナス点はないか」など悩んでいる人も多いかもしれません。

通常はカードローンやキャッシング契約では、近親者の情報は関係ありません。

信用情報に影響するのは、本人の信用情報のみと考えられます。

ただ、最近のネット上では、身内の返済事故で「審査に落ちた」といった情報もあります。

家族の返済事故と本人の信用情報は無関係

返済事故を起こすことで、一定期間は信用情報機関に情報が保管されてしまいます。

キャッシングの審査では事故履歴のある方は審査落ちします。

信用情報では、世帯単位で記録されるわけではありません。

情報の記録はひとりひとりのものなので、もし、家族が返済事故を起こしたとしても自身の情報には傷はつきません。

本人以外の情報を勝手に参照することは大きな問題です。キャッシング会社としてもまっとうな会社の行うことではありません。

本人の情報としてきちんと働いていて信用できるのであれば、審査には何らの問題はありません。

ただ、審査でも家族の影響がうしろめたく、自身で自ら報告してしまう場合で、審査結果では担当者の心象も考えておくことが大切です。

家族の情報開示は同意が必要で、正規ルートで開示依頼が可能です。

担当者が詳細を知ることで審査では「危険」と判断することで審査通過は難しいと考えます。

そして、審査は落ちなくても限度額判定にマイナスが出る場合もあります。

そのため、家族の延滞の事実を告知する義務がない場合、あえて伝えないといった選択が必要といえます。

身内が返済事故を起こした金融業者は避ける

キャッシングの審査では、家族の返済事故について気がつかれる場合が、同じ金融会社に申し込みをした場合があります。

もし、同居している夫がキャッシング会社で返済不能に陥った場合、数か月以上延滞した場合には、社内データーとして情報が残っています。

データとしてもし「妻が働けない」などキャッシング会社の記録上に残っていることで、「お金に余裕がない世帯」「支払いの延滞が起きるリスク」などであれば、もし妻がキャッシング会社に申し込みをするときには自宅の住所や電話番号が記載されます。

そこで、夫の申告していた電話番号と一致することで、情報は筒抜けでお金を貸すのは、「不安」と判断されてしまいます。

また、重大な返済事故を起こしていることで審査落ちするリスクは高くなってしまいます。

身内の返済事故と気をつけたい点

銀行のカードローンでは、消費者金融・信販会社を保証会社にしていることがほとんどです。

例えば、プロミスでは正式な会社名は「SMBCコンシューマーファイナンス」で、銀行のカードローンの利用条件として「SMBCコンシューマーファイナンスの保証を受けられること」とあると、審査に影響するリスクが考えられます。


審査が入り、保証会社が不安に感じる要素があれば、審査は通りません。

審査への影響をなるべく少ないものにしたいのであれば、身内が返済事故を起こした会社はなるべく避けることが必要です。

専業主婦の審査は夫の返済事故が影響する

一部の銀行で収入のまったくない、専業主婦にもお金を貸してもらうことのできる契約はあります。ただ、配偶者の収入について、夫の信用情報に左右される可能性も高いです。

キャッシング会社の審査通過率を上げるためには、自分自身が働くことで一定の収入を得られるようにしておくことです。収入があることで夫の事故に影響されるリスクが低くなってきます。

ただ、一定の収入というと週5日の正規雇用にこだわる必要もありません。

週2~3日のパートでも安定していれば大丈夫です。


身内の返済事故があるからと、絶対に審査の通らないわけではありませんが、気のゆるみから家族にまで影響すると考えると返済延滞や解約、債務整理などもとても自覚のいるものとなるでしょう。

キャッシングの審査では、担当者に悪いイメージを抱かせてはいけない

キャッシングの審査では、申し込み時に申告した内容がもとになります。ただ、システム上の融資は可能となっても著しく態度が悪いと借り入れができない場合があります。

緊急事態だと罵声をあびせかけたり、挙動不審では担当者に悪いイメージを抱かせては審査がマイナスに働いてしまう場合もあります。

閉じる
閉じる