キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

未成年者はキャッシング不可!即日融資で誘う業者に注意!

急な出費があった時、キャッシングはとても便利ですよね。カードローンもクレジットカードのキャッシングももちろん審査が必要です。クレジットカードは18歳から作れるものもありますが、キャッシングに関しては未成年者は不可かもしくは親権者の同意が必要なのです。

即日融資可能!未成年者でも貸します、などという業者は正規の貸金業者ではなくヤミ金融などの場合が多いので注意が必要です。こちらでは未成年者のカードローンキャッシングについてと、貸付条件や申込条件についても詳しくお話ししています。

未成年者でもキャッシングできる?

大学に入りひとり暮らしを始めた、就職したけれどお付き合いで出費がかさんだ。未成年者でも急にお金が必要になることがあります。そんなときATMですぐに引き出せるキャッシングができればと考えがちです。様々なカードローンの広告も目につきます。

そんなカードローン、キャッシング業者で未成年者でも貸付してもらえる業者はあるのでしょうか。

結論をいうとカードローンに関しては未成年者は申込不可ということになります。申込そのものができないのです。

クレジットカードの場合のキャッシングも不可となっている場合が多いです。

未成年者がキャッシング出来ない訳

就職もして収入もあるのに、未成年者にはどうしてお金を貸してくれないの?と疑問の思われますよね。その理由には次のようなことが挙げられます。

  • カードローンの場合年齢が20歳以上の条件となっている
  • 未成年者のキャッシングには親権者の同意が必要
  • 属性により未成年者は返済不能になりがちな年齢と見なされる

カードローンなど貸金業者のキャッシングの申込条件はほとんど20歳以上となっています。

これは未成年者の貸付に関しては親権者の同意が必要となっている為、手続き上のこともあり、どの業者も20歳以上と設定しているのです。

また審査時、属性において未成年もしくは20代前半の年齢の人については未熟なため、返済能力が低いとみなされ、審査に通らないことが多いのです。必ずきちんと返済してくれるという年代は30代から40代と考えられています。返済不能となりやすい未成年者には貸付したくないと考えられるのは仕方ないですよね。

カードローンの申込条件について

それではカードローン、クレジットカードの申込条件について、確認していきましょう。

カードローン クレジットカード
申込条件 20歳以上
安定した収入があること
保証会社の保証が受けられること
18歳以上
(未成年はキャッシング親権者同意要)
安定した収入がある人
保証会社の保証が受けられる人
属性ポイントの高い年齢 30代後半から40代 年齢に合わせたカードを用意

カードローンの場合は20歳以上の年齢制限があり、属性では30代の後半から40代が高ポイントとなっています。

20代ではポイントは低くなり、特に20歳では審査に通り難い場合があります。

クレジットカードは年齢に合わせたカードが用意されている場合があり、初めてクレジットカードを作る人に向けてのカードもあるのでそういったカードを選べば審査もクリアしやすくなります。

簡単に未成年者にも即日貸します!は怪しい

返済能力では不安のある未成年者に向けて、即日貸付OK!審査なし!などという甘い言葉で申込を誘う業者があれば、それは正規の貸金業者ではない可能性もあるので注意が必要です。

ヤミ金融業者は未成年者にでも高利で貸付けし、本人が返済不能となると親権者への取り立てを行い、高額返済を迫ってきます。そのようなことにならない為にもカードローンキャッシングの申込は成人になってから、返済能力がしっかりとついてからにする必要があるのです。

カードローン会社もクレジットカード会社も決して未成年者や若者への貸付をすすんで行ってはいないのです。成人と見なされればもちろん申込条件内には入るのですが、審査によってしっかり返済可能であると認められる必要があります。

キャッシング審査は属性と信用情報により行われる

それではつぎに、カードローンキャッシングに申込んだ場合の審査基準についてお話ししていきましょう。どのようなことを審査されるのか、また何を重視されるのかを確認してみましょう。

まずは属性についてです。属性は申込者本人についての審査になります。年齢、居住形態、職業、などを得点形式で審査していくのです。

高ポイントなら審査も通りやすくなるという訳です。

高ポイント 低ポイント
年齢 30代後半~40代 20代前半50代後半
雇用形態 正規社員 アルバイトパート
勤続年数 3~5年以上 3ヵ月未満
家族構成 既婚家族と同居 未婚独り暮らし

属性審査の他には信用情報の照会による審査があります。信用情報に問題が有る場合は審査をクリアすることはできません。特に次のようなことには気を付けましょう。

  • クレジットカードなどの支払いの遅延延滞
  • 携帯電話の支払いの延滞
  • 過去の金融事故履歴がある

属性は本人の現状、信用情報は日頃の返済、支払状況による本人の信用度の審査になります。

属性は出来るだけポイントが高くなるように、信用情報はプラスの履歴が残るようにする必要があります。

日頃から返済や支払に遅延や延滞のないように期日を守り支払する。その積み重ねが信用情報の審査をクリアするための決めてとなるのです。

携帯電話の使用料金の滞納で信用情報にマイナス履歴が残ることがあります。これは機種代金が使用料金に含まれている為に単に使用料金の延滞というだけでなく、機種代金の支払いが延滞するということにもなるからです。

【関連記事】

キャッシングを利用すると信用情報にはどんな影響があるの?

安全なキャッシングはしっかりと計画的に!

カードローンやキャッシングは便利に利用でき、急な出費にも慌てず対応できるのが嬉しいですよね。ただ若いうちからお金を借りることを覚えてしまうと、どうしてもそれに慣れてしまい、ついつい借り過ぎてしまうという危険性もあるのです。

それが未成年者がキャッシングできない大きな理由といえるでしょう。

ひとつ例外として、未成年であっても既婚者は成人と見なされる為、キャッシング対象となる場合もあります。

その場合には収入や信用情報に応じて借入が可能となることもありますよ。

その場合でも借入や返済はしっかりと計画をたて、くれぐれも借り過ぎることのないように注意して下さい。もちろん若いうちのキャッシング限度額はそれほど大きな額ではありませんが、上手に計画的に利用することで、いざという時には一枚のカードが強い味方になってくれることでしょう。

閉じる
閉じる