キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシングの返済でatm利用の注意点について。端数は?手数料は?

キャッシングやカードローンは、急な出費等でお金に困った時に便利です。申込時に審査はあるものの、急いで必要な時、親や友人にお金を借りられない時など、とても重宝します。ただ、もちろんキャッシングでお金を借りれば、当然、その後は返済しなければいけません。

しかし今は、提携先の金融機関が増えたりコンビニのATMも広く普及したり、返済もいつでも可能となってきています。とはいえ、気をつけなければいけないこともあります。

ATMで返済する場合、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

キャッシングすれば当然返済しなければいけないがどんな方法がある?

お金が急に必要な時に助かるのが、キャッシングやカードローンです。これは、審査がある為必ずすぐに借りられるとは限りませんが、急ぎでまとまったお金を用立てるには重宝する方法の一つです。特に周りの人間から借りる充てがない場合は、真っ先に思いつく方法でしょう。

しかし、お金を借りたならば、その後、お金を返さなければいけないのは、誰もが同じです。避けて通れない道です。できれば、実際に借りる前に返済についてもしっかりと把握しておくのが、失敗しません。でなければ、返済ができなくなり延滞に繋がってしまいかねません。

【関連記事】

キャッシングの延滞に注意!6つのデメリットとたった1つの対策法

キャッシングの返済方法や返済日も金融機関によりいろいろある!

肝心の返済ですが、「約定返済」と「随時返済」というものがあります。

約定返済 毎月決まった日、または決まった日数(間隔)により返済を行う。
随時返済 決まった日ではなく、経済的に余裕ができた時など、好きなタイミングで返済すること。

基本的には、どの消費者金融も銀行も約定返済として決まった日に返済を行っています。そして、多くの場合、(どの金融機関も同じようなものですが)手続としての返済方法もいろいろとあります。

基本的な返済方法

  • 口座引き落とし
  • 振り込み
  • 自社(自行)ATM
  • 提携銀行・コンビニATM
  • WEB返済

このようにいくつかの方法があるのですが、一般的には口座引落の方法が手間無く返済を進めることが可能だと言えます。

ただ、これも良し悪しで、提携銀行の口座を持っていないといけなかったり、タイミングによっては口座の残高が足りずにうまく引き落としができなかった、なんてこともあるかもしれません。

それこそ返済日が給料日後で口座にお金が残っていなければ、返済が進むどころか延滞を起こしかねません。

金融機関の中にはそんな人にはありがたい、返済日を自分の希望で選べる所もありますが、少数派と言えるでしょう。

WEB返済も便利ですが、使いこなせるという人はまだそれほど多くないですし、振り込みやATMの方が都合が良いなど、どれがいいかは人それぞれでしょう。

忘れがちなのが手数料!ATMは便利だが注意点も意外とある!

いくつかある返済方法の中で自分の都合に合わせて返済しやすいのが、ATMでの返済かもしれません。それは、コンビニをはじめとするATM機が身近に設置されていることも要因の一つです。

とはいえ、自社ATMや銀行ATM、提携先ATM、コンビニATMで使い勝手が違います。

自社ATMや提携銀行ATMは時間が限られていることが多い?

消費者金融の特に大手では、そのほとんどが自社のATMを持っています。また、銀行の場合も自行のATMがあります。それ以外にも今は消費者金融や銀行、また、銀行同士でも提携して双方のATMを利用が可能となっている場合も増えてきました。

提携先が多ければそれだけ身近に利用できるATMがあると言うことで、便利なのは確かなのですが、やはり「いつでもどこでも」というわけではありません。利用する際には、注意することも当然いくつかあります。

消費者金融や銀行ATMを利用する場合の注意点

  • 土日は対応していない場合がある
  • 土日対応していても、返済日が翌営業日になってしまう
  • ATMによっては利用可能時間帯が限られている
  • 提携先によっては手数料が発生する

消費者金融のATMは土日も稼働している場合がほとんどですが、銀行は特に土日を中心に時間が限られていることが多いです。

もちろん、消費者金融のATMも利用できる時間帯が限られている所が多く、時間の制約と言う点がおおきな短所と言えます。仕事でなかなかタイミングが合わない人にはかなり使い勝手が悪いと言えます。

ATM利用可能時間帯一例

消費者金融・ブランド・銀行名 対応時間帯
アコム 24時間対応
※店舗により利用不可の時間帯あり
アイフル 7:00~23:00
プロミス 7:00~24:00
三菱UFJ銀行 7:00~24:00
三井住友銀行 7:00~24:00
みずほ銀行 24時間対応
※月・土・日曜日は利用不可の時間帯あり

※それぞれ店舗により営業時間が異なる場合があります。
※メンテナンス時間中は利用できません。

あくまで一例です。また、全国的に24時間対応となっているところでも、地域や店舗によっては利用時間が限られているところもあるので、利用する前に個々の店舗で確認するのが間違いないと言えます。

他の大きなデメリットとしては、提携先の金融機関が増えているとはいえ、無料とは限らないことでしょう。金融機関によって金額が違いますが手数料を取られることも多いので、その点を失念しないようにしたいものです。

24時間営業のコンビニでもいつでも利用可能とは限らない?注意点は

金融機関のATMの多くは、時間が限られるというマイナス点があるのですが、それを補えるのがコンビニに設置されているATMと言えます。

セブン・イレブンの場合は、セブン銀行となっていますが、ATMの特徴しては銀行と言うよりもコンビニATMの特徴を大きく持っていると言えます。

ただ、消費者のニーズにかなり応えているとは言えますが、やはり気をつけなければいけない点は多少なりともあります。

コンビニATMを利用する場合の注意点

  • 手数料が発生する
  • 提携先によっては対応していない時間帯がある
    (借入・返済、片方のみ対応の場合もある)
  • メンテナンス時間帯は対応していない
  • 硬貨での入金・出金に対応していないATMが多い
  • 明細書は発行されず後日郵送されるATMやカードローンがある

どうしてもコンビニだと24時間対応と考えがちですが、今は店舗によっては24時間開いていない店舗もあります。

また、提携先やATMによっては、時間帯にしても手続きの内容にしても、例えば、返済のみ受け付けて借り入れはできないなど、消費者のニーズ全てに対応していない場合もあります。

個々の店舗の詳細までは事前に確認できないかもしれませんが、必ずしもいつでも利用できるとは限らないことは、頭に入れておいた方がいいかもしれません。近所のコンビニについては、利用時間帯などを把握しておくと間違いないでしょう。

意外と忘れがちなのが手数料!無料もあるが有料のところもまだ多い

自社、自行でのATMが無料なのは当たり前で、提携先は手数料発生と言うのが、一般的でしょう。しかし、今は手数料無料のサービスを扱っている金融機関やATMが増えました。

とはいえ、先の提携金機関同様、コンビニATMも無料とは限りません。逆にコンビニATMの方がまだまだ手数料が掛ると言えるかもしれません。

提携銀行、コンビニ、どちらにしても手数料がかかると思っていた方が、後で「そんなはずではなかった」と言えるかもしれません。

提携先CD・ATMの手数料

消費者金融・ブランド名 入金(返済) 出金(借入)
アイフル 1万円以下108円
1万円超216円
1万円以下108円
1万円超216円
アコム 1万円以下108円
1万円超216円
1万円以下108円
1万円超216円
プロミス 1万円以下108円
1万円超216円
1万円以下108円
1万円超216円
SMBCモビット 1万円以下108円
1万円超216円
1万円以下108円
1万円超216円

もちろん手数料がかかる場合です。提携先によっては無料となっているところもあります。

無料提携先の一例

消費者金融・ブランド名 手数料無料の提携先
SMBCモビット 三井住友銀行ATM
プロミス 三井住友銀行ATM
Loppi
(ローソン・ミニストップのメディア端末)
Famiポート
(ファミリーマートメディア端末)

メディア端末はATMとは少し違いますが、プロミスの場合、面倒ですがATMを利用するよりも負担がないと言えます。

ATM利用時の疑問点で多いのが返済での端数の扱い!どうする?

ATM利用の際、手数料とはまた違う話になりますが、よく疑問として出てくるが端数の金額です。

硬貨対応しているATMならば問題ないでしょうが、特にコンビニATMでは紙幣のみ対応がほとんどです。となると、例えば一括返済や残高を完済したい場合に、端数の処理に困ることになります。

端数が残っても無理に返済する必要はないが無利息残高として扱われる

口座引き落としなどの返済方法で最後まで行われれば特に問題なく完済することはできますが、毎月の返済をコンビニATMで行っていたり、残高をATMで一括返済したい場合、1,000円以下の硬貨の金額部分が返済できないので、その分支払いが残ってしまうことになります。

それを「無利息残高」と言います。

無利息残高とは
ATMなどの返済により利用残高が1,000円未満になった時、残ってしまうお金です。新たに利息がつくこともなく、また、支払期限も設定されることはありません。もちろん、残高がある為、キャッシングの解約は、まだできないことになります。

この端数をどうしたらいいのか、よく消費者金融のホームページの質問コーナーにも載っています。

無利息残高の対処方法

  • 店頭窓口で返済する
  • 銀行振り込みで返済する
  • 硬貨対応のATMを利用する
  • インターネット返済で返済する
  • 次回の借入時に組み込まれる

気持ちとしては気になるかもしれませんが、特に解約等の予定がなく、次回の借り入れも考えられる場合は、そのままでも問題ないでしょう。

すっきりしたい場合は無利息残高も返金もそのままにしない!

他にも、硬貨未対応ATMで1,000円を返済し、返済し過ぎた分を返金してもらうことも可能です。

とりあえず無利息残高を残したくない場合は、先に記載した硬貨でも対応できる方法で返済するか、多めに返済するしかありません。

しかし、だからと言って多めに返済した場合もまた、そのままにはできません。解約したい場合は(もちろん解約でなくてもですが)、返金してもらう必要があります。その場合は、これらの方法で返金してもらうことになります。

  • 店頭窓口
  • 銀行振込
  • 郵送

基本的には銀行振込が一般的のようですが、窓口などでも対応してもらえます。とはいえ、金額が小額なので手間に感じるかもしれません。しかし、そのままと言う訳にはいかないので、放置しないようにしましょう。

そもそも残高を一括返済する場合には、利息の確認も必要になってきますので、その点も含めて問い合わせするのが間違いありません。

ATMを上手く利用してキャッシングの返済をスムーズにしよう!

返済には、口座引き落としやネットバンクを利用した方が、返済忘れがなかったり手間がないというメリットがあるのですが、誰もが皆その方法がいいとは限りません。

また、少しでも利息を減らしたい場合は、経済的に余裕のある時に少しでも返済を進めておく方がいいに決まっています。そんな時には、ATMを上手く活用するのが一番です。

とはいえ、手数料がかかったり時間帯によっては対応してもらえないこともあります。また、ATMによっては端数が残ってしまうこともあります。

できれば、いろいろな方法を上手に利用して、キャッシングの返済をスムーズに行うことが、負担少なく早く完済がすむことに繋がります。

閉じる
閉じる