キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシングの限度額引き上げがしたい…いつからできる?注意点は?

キャッシングを利用しているけれど、もう少し追加で借り入れしたいなぁとなる瞬間もあるかもしれません。

そのようなときに、新たにキャッシング先を探す…というのも一つの手ですが、限度額引き上げも有効な手段です。

限度額引き上げとはその名の通り、キャッシングの利用できる枠(金額)を引き上げるということになります。

では、キャッシングの限度額引き上げは誰でも行うことが出来るのでしょうか?いつくらいから申し込みが出来るのでしょうか?

今回は、キャッシングの限度額引き上げについて色々と調べてみたことをご紹介していきます。限度額いっぱいだけどもう少し借り入れしたい…とお考えの方、是非ご参考になさってみてください。

キャッシングの限度額引き上げをしたい!どうすればいいの?

キャッシングの限度額引き上げを行いたいという場合、こちらが一方的に「限度額を引き上げます」と言えばよいわけではありません。

限度額の引き上げをする方法としては以下の2点があります。

  • キャッシング業者に自ら限度額引き上げの申し込みを行う
  • キャッシング業者から限度額引き上げの案内が届く

利用限度額引き上げにはキャッシング業者と利用している人双方の合意が必要となりますので注意しましょう。

キャッシング業者に自ら限度額引き上げを申し出る場合

キャッシングを利用していて、「もうちょっと借り入れしたいなぁ」と考えたときに、キャッシング業者に利用限度額引き上げについて申込みを行うことができます。

ただし、すでにキャッシング業者の定める最高利用限度額に達している場合は、それ以上の限度額引き上げは難しいので注意しましょう。

申し込みの方法については各業者によって異なりますが、一般に以下の方法で申し込みを受けている場合が多いです。

  • 電話を利用
  • インターネットを利用
  • ATMを利用
  • 来店・自動契約機を利用

業者によっては利用限度額引き上げ申し込み専用の電話番号がある場合もありますので、申し込み前に確認しておいてくださいね。

インターネットを利用して、ホームページやメール、会員専用ページ(マイページ)などから増枠の申し込みを受けているところもあります。

また、ATMにローンカードを挿入すると「増額申し込み」などの項目がでてくる業者もあります。その場合、ATMから利用限度額の引き上げについて申し込みが可能です。

来店や自動契約機でも限度額の引き上げを受け付けてくれます。

手間のかからない方法が多いのでご自分のライフスタイルに合わせて申し込み方法を選びましょう。

【関連記事】

今すぐお金が必要な人必見!即日キャッシングするためのコツ

キャッシング業者から限度額引き上げの案内が届くことも!

キャッシング業者からのメール案内や、郵便物の案内を受け取る設定をしている場合、業者側から限度額引き上げについての案内が来ることもあります。

業者側も商売ですからたくさん貸せば、その分利息がプラスとなって返済されるので業績も上がりますよね。

そのため、キャッシング業者が「この人はまだ貸してもきちんと返してくれそうだぞ」と判断すれば、利用限度額引き上げの案内をだして、さらに借入してくれるよう促すのです。

もちろん、案内が来たからと言って勝手に限度額が引き上げられるわけではありませんのでご安心ください。

案内がきた後に、申し込みを行いきちんと双方が手続きすれば限度額の引き上げが行われます。

限度額引き上げの申し込みはいつくらいから出来るの?

キャッシングを利用していて、限度額引き上げをしたい!と思ったときにいつでも申込みを行うことが出来るのでしょうか?

明言されていないところが多いが業者によっては決まりがあることも

大手の消費者金融のホームページを数社確認しましたが、限度額引き上げについて明確に「○か月以降じゃないと申込できませんよ」といったことは記載されていませんでした。

しかし、一部のカードローンなどではある程度決められている場合もあるようです。

例えば、セブン銀行カードローンの場合は以下の様な決まりがあります。

増枠金額 申し込み可能時期
30万円 新規契約から2か月以上経過していること
50万円 新規契約から2か月以上経過していること
70万円 はじめての借り入れから約6か月以上経過していること
※ただし2018年3月18日をもって受付終了
100万円 はじめての借り入れから約6か月以上経過していること
※ただし2018年3月18日をもって受付終了

このように、業者によっては、限度額引き上げの申し込みについてある程度条件が付いている場合もあります。

利用限度額引き上げをしたいと思ったら、まずはご自分が利用している業者の限度額引き上げ条件などについてしっかりと調べておくようにしましょう。

ホームページなどに記載されていなければ電話での問い合わせをするとスムーズです。

あまり短い期間で申し込みをしても許可が下りないことが多い!

申込みをした時点は10万円の限度額でよかったけど、それから数週間もしないうちにさらに10万円必要となってしまった…なんていう場合、限度額の引き上げを検討するかもしれません。

しかし、新規に契約してから限度額引き上げの申込期間までがあまりに短すぎると引き上げの許可が下りない可能性もありますので注意しましょう。

これには、いくつかの理由があります。

  • 利用実績がないので信用できない
  • 数日のうちに追加融資をすることに対してのリスク
  • もともとの利用限度額を業者側が決定している

まず、申し込みをして、ひと月もたたず一度も返済をしていないなんていう状況の場合は、急に限度額引き上げを申し込みしても難しいでしょう。

これは、一度も返済実績がないので、この人はきちんと返済してくれる人なのか…という信用がまだ構築されていないためです。

また、新規契約をした直ぐ後に追加融資をすることに対してリスクが高いと判断されることもあります。

そもそもその出費を予定して申し込みをしなかったのか?(計画性がないのか?)追加で融資を希望してくるなんて本当は返済するつもりはないのではないか…などという不信感を与えてしまいかねません。

そして、例えば利用者側がそもそも希望限度額を20万円で申し込みをしたのに、実際に契約できる金額が10万円と判断されてしまったような場合、すぐに利用限度額の引き上げを申し込んでも許可は下りないでしょう。

利用限度額というのは、利用者が希望する金額を鑑みながら実際は業者側が判断しています。そのため、業者側が一度「この人は10万円」と判断しているのに、それを数日で「もうプラス10万円」とするのは難しい状況です。

では、契約後すぐに限度額引き上げを申し込んではいけないとなるといったいどのくらい時間を空けた方が良いのでしょうか。

これには様々な意見がありますが、一般的には半年くらいたってからが無難と言われています。

半年間はしっかりと返済しある程度実績を積んでから申し込みを行うのがベストです。

限度額引き上げの際にももう一度審査を受ける必要があるの?

もともと審査を受けてキャッシングの契約をしているのだから、限度額引き上げの時は審査は無いんじゃないの?とお思いかもしれません。

しかし、それは大きな間違いです。

限度額引き上げの際には必ず審査を受ける必要があります。

では、どのような審査を行うのでしょうか?

契約時と利用者の状況が変わっていないかチェック!

まずは、利用者自身の状況の変化の確認です。

例えば、住所や電話番号が変わっているなどの基本的な個人情報の変更ももちろんですが、転職して会社が変わっている、収入が大幅に増えた・減ったなども審査の対象となります。とくに転職や収入の増減について変更がある場合は、しっかりとチェックされることになりますので、忘れずに申告しましょう。

利用限度額と収入は大きく関係しています。

収入が大幅に減っている、なんていう場合は、限度額引き上げを申し込みしたのに、結果限度額が引き下げられてしまった…というケースもあるようです。

今までの取引実績で限度額引き上げOKか判断される

限度額引き上げの審査の中でも重要なポイントとなるのが、今までの利用実績です。

例えば契約してから一度も借り入れしていないのに限度額引き上げを申し込みしても、なかなか難しいかもしれません。

借り入れも返済もきちんと行っている…という実績が限度額引き上げ審査では大きく評価されるのです。

これまでに、借り入れしたけど返済できない時があった、まだ返済の遅れを解消できていない…なんていう場合はたとえ収入が増えていたとしても限度額引き上げの許可は下りないと考えておいた方が良いでしょう。

きちんと利用している…ということが信頼関係を作っていきます。将来的に限度額引き上げを希望するのであれば、毎月しっかりと返済するようにしてくださいね。

他社の取引状況もチェックされる!

限度額引き上げ申し込み先の業者のみきちんと対応していればよいのかというとそうではありません。

限度額引き上げの審査では他社との取引情報もしっかりと確認されます。

そのため、他社での借り入れが大幅に増えている・他社との取引で返済に遅れなどがある…という情報はネガティブに判断されてしまうことになるのです。

また、消費者金融をはじめとする貸金業者の場合、「総量規制」とのかねあいもチェックされます。

    • 総量規制とは…

申込者の年収の1/3以上の融資をしてはいけないという決まり。「1/3以上の融資」については、自社の融資額のみではなく、他社の融資額の総和が超えてはいけないと定められています。

つまり、年収300万円の人が、A社で50万円、B社で50万円の利用限度額のキャッシングを利用している場合、すでに両社を合わせると100万円になるので、これ以上融資が出来ないということになります。

このような場合は、どれだけ利用限度額引き上げを申し込んだとしても審査には通りません。

キャッシング限度額引き上げ申し込み前にチェックしてほしいこと!

お金が必要…という状況になると焦ってしまいがちです。また、一度キャッシングを申し込んだという経験があると限度額引き上げについても深く考えずに行ってしまいたくなるかもしれません。

しかし、キャッシング限度額引き上げの申し込みの前に、少し立ち止まって次の事を確認してみてください。

現在の自分の借入状況をしっかりと把握しておこう

先ほどもご紹介した通り、消費者金融等から借り入れする場合は総量規制を意識しないといけません。

そのため、まずは現在のご自分の借入状況をしっかりと把握しておきましょう。

現時点で、総量規制を超えそう…という場合は、限度額引き上げの申し込みをしても審査に通らない可能性が高いですし、なによりにも、返済や日々の生活に支障をきたしてしまう危険性もあります。

「返済するためのお金が足りないから利用限度額を引き上げたい!」なんてお考えの場合は、近い将来破綻してしまうこともないとは言えません。

このような場合は、利用限度額の引き上げではなく、ご自分の収入を増やす、支出を減らす、ローン内容を精査してみる…など別の手段を考えた方が良いかもしれませんので、安易に申込みをするのはやめておきましょう。

申し込み前には必ず、利用限度額を引き上げてもきちんと返済できるかどうか…という点については検討してくださいね。

金利や毎月の返済額がどう変わるのかチェックしておこう!

キャッシングの金利の多くが、利用限度額に応じて金利設定がされています。

そのため、利用限度額が引き上げられることによって金利が低くなるというケースもありますのでチェックしておきましょう。

金利が低くなればその分総返済額も下がりますので、お得です。

また、毎月の返済額が変更となる場合があります。

キャッシングの場合、毎月約定返済額と言ってきめられた金額を返済していく必要がありますが、借入残高が多いとその分毎月の返済額も大きくなります。

今まで返済額が1万円だったのに、利用限度額を引き上げて利用したことにより毎月の返済額が3万円になった…なんていうこともありますので、限度額引き上げを行い、キャッシングを重ねると返済額がどのくらい増えるのかというのはかならず確認しましょう。

現在の利用限度額では足りなくなり新たに借り入れしたい…となった時新規に借入先を探すと、返済先が1つ増えることになり、その分毎月の返済額や、返済の手間などの負担が増えることも考えられます。

その点、利用限度額の引き上げの場合は、返済の手間がふえることはありませんし、場合によっては金利が下がることもあります。

上手に活用できれば大変便利なサービスですから、安易に申し込みをする前にしっかりと検討し、必要な範囲内で限度額引き上げを利用するようにしてみてはいかがでしょうか?

閉じる
閉じる