キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシングの仮審査で手を抜くと後悔する!注意すべき点とは

来月の給料日まで、どうしてもお金が続かない!つなぎにほんの少しキャッシングを利用…。でも、webでの審査での借入可能金額より、かなり低い金額しか借りれなかった!利息もなんだか高い気が…。

キャッシングの審査には仮審査と本審査の2通りあるってご存知でしたか?仮審査と本審査の借入可能額で大きく差が出たのは、ちゃんと理由があるんです!

自分の希望金額に近い借入をするにはどうすればいいのか?申し込む前にしっかり研究しましょう!

キャッシングの仮審査と本審査。何が違うのか知りたい!

審査の方法は金融業者によって違いがあります。

仮審査ひとつとっても、webで氏名、年齢、年収、他社からの借入額を打ち込むと、滞りなく返済できそうな金額をすばやく算出する方法をとっている金融業者もあれば、入力された個人情報からすぐに信用情報機関に照会し、借入可能額を算出する業社もあります。

審査から借入までのスピードを売りにしている消費者金融ではwebでの仮審査が多くなっています。銀行は保証会社が仮審査を行い、本審査を銀行が行っているところが多いようです。

webで借入希望金額と年収を打ち込むだけで借入可能金額が出てくる簡易審査は、氏名、年齢、職業や勤め先など審査に必要な個人情報が反映されていないので、あまりアテにしないほうがいいでしょう。簡易審査と本審査後の借入可能金額が大きくかけ離れているといったことはめずらしくありません。

仮審査は、あまり人の手を介することなく大まかな金額を出すだけです。しかし、本審査は人が借入希望者の現在の財務状況を精査します。

職業、業種はもちろん、勤め先の住所、所属、正確な年収、家や車のローンの返済状況、信用情報でクレジットカードの利余剰今日なども細かく見られます。

【関連記事】

キャッシング機能もあるクレジットカード審査のポイント

仮審査が通過しても本審査で落ちるのは何が原因なのか

仮審査が通ると、いよいよ本審査です。勤務先に在籍確認の電話が入るのも本審査に入ってからです。在籍確認とはいっても、本人がいることが確認できればいいだけなので、1分もあれば終わります。もし本人が出られなくても、『〇〇は今席をはずしております』など、実際にそこに勤めていることがわかればそれで終わりです。

本審査で絶対にやってはいけないことは、審査書類に虚偽の内容はを記入することです。

また、提出する書類には収入やローンの返済金額も正確に記入しましょう。悪気はなくても、書類内容と実際の状況にずれがあると判断されれば、借りられなくなる可能性もあります。

また、車や家のローンの返済状況によっては借入を断られることがあります。

現在の返済状況と、借入希望額の合計の返済比率が高すぎると判断されれば、審査に落ちる可能性もありますし、希望額より低く抑えられることもあります。

また、過去にキャッシングしたことがある人はその履歴も信用情報で照会されます。あまりにたびたび滞納していると貸付を断られることもあります。また、消費者金融は総量規制が適用されます。総借入額が年収の1/3を超えると借りることができません。

銀行のカードローンは総量規制の対象外となっていますが、最近は銀行も総量規制に準じた貸付をしていますから、1/3を超えると借りられない可能性もあります。

審査に通りたかったら…。いきなり高額の借入申請は現金!

審査を無事に通過したかったら、借入希望額を低めにしておきましょう。

特に初めての借入の場合は、返済実績がないため審査も慎重に行われます。

利息も高めに設定されることが多いので、滞りなく返済するためにも、最初はあまり多額の借入を希望しないほうがいいでしょう。webの簡易審査であらかじめ、借入可能な金額の目安をつかんでおきましょう。

また、いきなり何社にも審査を申し込むのもやめましょう。キャッシングは申込み状況から信用情報に反映されます。最初から複数の業社に申し込むと、何のために借りるのか怪しまれる原因になります。

どんなに多くても2社くらいにとどめましょう。

借入可能額は人によってそれぞれ違います。主婦や派遣社員、フリーターでも定期的収入があれば、ほとんどの場合借入は可能です。しかし、仮審査と本審査でずれがあれば借りられなくなる可能性もありますし、借りられても利息が高くなってしまうこともあります。

仮審査だからといって、気をぬくことなく情報は極力正確に記入するようにしましょう。

閉じる
閉じる