キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

電話連絡なしでキャッシングするには業者選びが大切!利用前の心得

なんとなく外聞が悪くて、キャッシングしてることを秘密にしたい人、多いのではないでしょうか。周りにバレずにキャッシングできる方法があれば安心ですよね。

キャッシングがバレるのはほんのちょっとしたタイミングです。電話がかかってきたり、郵便物が届いたり、キャッシングカードを見られたり、ATMの利用明細書がみつかってしまったり…。

周りに内緒でキャッシングしたい人が一番心配なのは、在籍確認などの電話からバレないか、ということだと思います。電話なしで申込めるキャッシングがあれば、それが一番ですよね。

電話なしのキャッシングはあるのか。電話があってもバレずに利用できるのか。そんなお悩みを解決します。

一番不安な在籍確認…キャッシング審査に在籍確認は必須事項

キャッシング審査に必ず付きものなのが在籍確認です。申込者が申告した会社に本当に勤めているか(在籍しているか)確認するのが在籍確認で、その確認方法は主に電話連絡で行われます。

キャッシング会社から職場に直接電話で連絡が入るため、そこからバレてしまうのではないかと不安に思っている方が多いようですが、ここでバレることはまずないので安心してください。

というのも、キャッシング会社も申込者が周りに内緒でキャッシングしたいという事情を理解しているからです。

キャッシング会社は利用者の多くが内緒でキャッシングを申込んでいる、という実態を把握しています。そのため、自分たちの動向でキャッシング利用がバレることがないよう常に気を遣っています。郵送物を送るとき、差出人に会社名を記載しないのはそれが理由です。

同様に、在籍確認の電話連絡時にも注意を払ってくれています。電話でオペレーターが会社名を名乗ることはなく、必ず個人の名前で電話をかけています。会社名を聞かれた場合でも、キャッシング会社だとわからないように上手く対応してくれます。

電話がかかってきたとき不在にしていて、電話を取り次いだ人にキャッシング関連のなにかを伝えられたらどうしよう、と不安な方もいるかもしれませんが、それも心配ありません。

キャッシングに申込んだという情報は申込者のプライバシーな情報です。それを第三者に伝えることはプライバシー保護法に反することなので、キャッシング会社が電話の取り次ぎ者に申込み内容を伝えることはあり得ません。安心してください。

ずっと不在にしていたら何回も電話がかかってきて不審がられるのでは…という心配もあるかもしれませんが、こちらも心配不要です。オペレーターはあなた(申込者)がその会社に在籍していると確認できれば良いのです。

つまり、本人と直接話ができなくても、取り次ぎ者からあなたがその会社に在籍しているという情報を得られればそれで充分なのです。

どういうことかと言うと、あなたが不在にしているとき電話がかかってきても、「○○はただいま席を外しております」と伝えてもらえれば、それで在籍確認ができたということになるのです。

もしもあなたがその会社に勤めていない場合、「○○という者はおりません」と返されるはずです。そうではなく、「○○は席を外しております(不在にしています)」と返されたということは、取り次ぎ者の同僚に○○さんがいるということになり、その会社に在籍しているという証拠になります。

オペレーターは在籍している確認さえ取れれば良いので、その後キャッシング会社から電話がかかってくることはありません。これだけで在籍確認は完了となるのです。

在籍確認の電話は第三者とのやり取りが発生することが多いです。そのため、キャッシング会社は特に気を遣って在籍確認を行っています。キャッシング会社側の落ち度でバレるということはまずないので安心してください。

もしかしたら、勘が良い人が電話を取り次いだら何か感じることはあるかもしれません。その場合はクレジットカードに申込んだと言っておけば問題ないでしょう。

クレジットカードの審査でも同様の在籍確認の電話連絡があります。多くの人がクレジットカードを持っている世の中なので、変にごまかすよりは不自然になりにくいと思います。

在籍確認は電話だけじゃない?電話なしでもキャッシング申込はできる

在籍確認の電話でキャッシングがバレることはないとお伝えしましたが、それでも不安な方はいらっしゃいますよね。少し触れたように、もしかしたら勘の良い人は普通の電話じゃないな、と不審に感じてしまうかもしれません。

となると、やはり一番安心なのは電話連絡なしでキャッシングの利用ができるところでしょう。そんなところあるの?と思うかもしれませんが、探せば実はあるんです。

キャッシングの審査において在籍確認は必ず行われることなので、この工程を飛ばすことはできません。けれど、在籍確認が電話である必要はありません。

既にお伝えしたように、在籍確認は申込者が申告した会社に本当に在籍しているのかを確認する作業です。これまで一般的に行われていたのが電話での在籍確認だったため、電話連絡が主流となっていますが、他の方法で在籍の証明ができれば確認方法は電話でなくても構わないのです。

そこで導入され始めてきているのが書類による在籍確認です。社員証や、勤務先が記載されている健康保険証、給与明細など、その会社の社員だと証明できる書類を提出し、それをもって在籍確認としているのです。

インターネットが普及し、キャッシングの申込みもWEB申込みが一般的になってきた現在、書類の提出は以前よりもずっと簡単になってきています。必要書類を携帯のカメラで撮り、メールやWEB、アプリを経由してその写真を送れば提出完了となります。担当者も提出された画像を見れば良いのですぐ確認することができます。

外部からの取り次ぎを一切行っていない会社など、現実的に電話連絡での在籍確認が難しい人もいます。そのような人に向けて、書類による在籍確認対応は段々と広まり始めているようです。

まだ対応していない会社もあるようなので、電話連絡での在籍確認が難しい人、電話なしでキャッシングを申込みたい人は、一度キャッシング会社に相談してみるといいでしょう。電話連絡以外の代替案を提案してくれると思うので、その方法で在籍確認をしてもらってください。

【おすすめの記事】

会社連絡なしで周囲の人に借入がバレないキャッシング、教えます!

まずは相談!必要に応じて電話連絡なしでキャッシングを利用しよう

周りに内緒でキャッシングするために、電話連絡なしでのキャッシング申込みについてご紹介しました。在籍確認の電話連絡でキャッシング利用がバレることはありませんが、それでも心配だという人は、キャッシング会社に相談して、電話連絡なしで在籍確認できるようにするといいでしょう。

まれに、在籍確認不要と掲げているキャッシングがありますが、高確率でヤミ金融なので絶対に利用しないでください。

在籍確認はキャッシングの審査には必ず付きものです。電話連絡なしで在籍確認をすることはありますが、在籍確認自体がないということはあり得ません。間違ってヤミ金を利用しないように注意してください。

閉じる
閉じる