キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシングは郵送なしが安心。家族にバレずにお金を借りる

家族に内緒でキャッシングを利用したいとき、どうすればバレずにいられるのでしょうか。在籍確認でバレてしまうんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、在籍確認でキャッシング利用がバレることはまずありません。キャッシング審査の在籍確認だとわからないように注意を払って連絡をしてくれるからです。

バレる瞬間というのはもっと思いがけないものです。郵便物を置きっ放しにしていたらそれを見られてしまった、というような不注意が原因のことがほとんどです。

ではどうすればバレずにすむのか。郵送なしのキャッシングを申込めばいいのか。他にも注意点はあるのか。家族に内緒でキャッシングするポイントをご紹介します。

キャッシング利用がバレないためには郵送なしにする

キャッシング利用が家族にバレる一番の原因は、郵送物と言っても過言ではないでしょう。郵送物として金融機関から送られてくる主なものは以下の通りです。

  • 申込み書の控え
  • ローン契約書類
  • ローン利用ガイド
  • キャッシングカード
  • ダイレクトメール

これらが送られてくる場合、封筒に消費者金融の名前などが書かれていることはありません。パッと見て、キャッシング関連の書類だとわからないように配慮して送ってくれているからです。そのため、家族が郵送物を受け取ったとしても、まずバレることはありません。

しかしリスクはあります。家族が封筒を開けてしまった場合、中身を見たらキャッシングの案内だとすぐバレてしまうでしょう。また、うっかり書類を共有スペースに置きっ放しにしてしまったら、書類を見られてキャッシングを利用していることがバレてしまいます。

そんなリスクをなくすためには、郵送物がない方法でキャッシングを申込むことがベストです。WEB申込みが普及したいま、申込み書の控えやローン契約書類など、郵送しない会社が増えてきています。

申込み書の控え、ローン契約書類、ローン利用ガイドは、WEBから申込めば郵送なしになるところが多いです。紙の削減を目的として、書類を郵送する代わりに電子データをメールで送付するのが主流となってきているためです。

家族バレを防ぐためには、申込みはWEBから行い、各種書類を電子データで送ってくれるキャッシングを選ぶようにするといいでしょう。

次に注意したいのはキャッシングカードの受け取り方法についてです。キャッシングカードは電子データ化できないので、メールで送ってもらうことはできません。

そのため、キャッシングカードは自動契約機で自分で発行するか、店頭に自分で取りに行くようにしましょう。

カードを利用する場合、必ずどこかで発行をしなければなりません。それを受け取る方法を郵送にしなければバレるリスクは減るので、自分で発行するか、自分で取りに行くのが安全です。

さらに安全な方法として、キャッシングカードを利用しないという方法があります。カードを発行せず、銀行振込みのみでのキャッシングに対応している会社もあるので、こちらを利用してみるのもいいでしょう。財布に入ったカードを見られてバレるという心配もなくなるのでオススメです。

最後に気をつけたいのは金融機関からのダイレクトメールです。優良顧客の場合、融資額を増額しませんか、といったような内容のダイレクトメールが届くことがありますが、これを家族に見られてしまったら一発でキャッシング利用がバレてしまいます。

申込み時にダイレクトメールの送付を希望しない旨を伝えれば対応してくれるので、家族バレを防ぎたい人は必ずダイレクトメールの送付を断るようにしましょう。

注意!返済督促ハガキは必ず郵送で届く

ローン契約書やキャッシングカード、ダイレクトメールなどが郵送されないように細心の注意を払っていても、ローン返済の督促ハガキは必ず郵送で届いてしまいます。

返済が遅れている場合、電話しても状況が改善されない場合はハガキで返済の督促をされます。会社によっては電話はせずに、すぐ督促ハガキを送るところもあるようです。

せっかく郵送物がないようにいろいろ手を回していても、督促ハガキが来てしまったらいままでの努力はすべて水の泡です。

督促ハガキでキャッシング利用がバレる、ということがないように、返済はしっかり期日内に行うようにしましょう。

【関連記事】

キャッシングの延滞に注意!6つのデメリットとたった1つの対策法

郵送物以外でキャッシングがバレる可能性も!?

郵送物からキャッシングの利用がバレることが多いのでその回避方法についてご紹介してきましたが、郵送物以外からもキャッシングの利用がバレてしまう可能性はあります。

まず一つ目の可能性として挙げられるのが、銀行の通帳を見られてしまうことです。キャッシングカードを発行せず、銀行振込みのみで融資を受ける方法をご紹介しましたが、通帳を見られてしまった場合、家族にキャッシングの利用がバレてしまう可能性があります。

銀行振込みの場合、振り込み元の会社名が通帳に記載されることになります。消費者金融などの会社名がそのまま記載されることはありませんが、見たことのない会社からまとまったお金が振込まれていたら、疑問を持たれる可能性が高いです。

そのため、銀行振込みにしているからといって油断せず、通帳の中身を見られることがないようにしましょう。ネットバンキングの場合でも、家族で共通のユーザーIDを利用していたら利用明細を見られてしまうので注意してください。

二つ目に注意したいのが、キャッシングカードでATMからお金を引き出したときの利用明細です。財布に入れていたらまだ見つかる可能性は低いですが、ついポケットに入れてしまい、そのままにしていたら、何かの拍子にポケットから利用明細が出てきてしまいます。

キャッシングの利用履歴はネットで確認もできるので、ATMの利用明細は確認したらその場ですぐ処分することをオススメします。

キャッシングの利用がバレてしまう最後の可能性として挙げられるのは、パソコンの利用履歴を見られてしまうことです。家族で共用で使用しているパソコンからキャッシングを申込んだ場合、閲覧履歴などは削除しておくようにしましょう。履歴から消費者金融のHPが出てきたらバレてしまう可能性が高いです。

WEBでキャッシングを申込むなら、共用のパソコンを使わずに自分のスマホやタブレットを利用するといいでしょう。どうしてもパソコンで申込みたい場合は、閲覧履歴の削除を忘れないように気をつけてください。

家族に内緒でキャッシングするには…一番の対応策は「油断しない」

キャッシングの利用がバレる一番の原因は郵送物です。そのため、郵送物が届かないように申込みを行うのがベストと言えるでしょう。

それでも、ATMの利用明細をポケットに入れっぱなしにしていたり、キャッシングカードを置きっぱなしにしてしまうなど、ほんの些細な不注意からキャッシング利用がバレてしまうこともあります。

家族に内緒でキャッシングする一番の対応策は油断しないことです。バレずにキャッシングをしたいなら、細心の注意を払ってキャッシングを利用するようにしましょう。

閉じる
閉じる