キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

電話連絡なしでキャッシングしたい!会社や家族にバレないために

キャッシングの審査でどうしても避けることのできないのが、在籍確認。身分証明書も収入証明書もきちんと提出したのに、わざわざ職場に電話してくる必要があるの?勤め先にキャッシングしていることを知られたくないのに…。

その心配は、よくわかります。しかし、キャッシングの電話連絡は金融業者の利益確保以外にも大事な役割を果たしているのです。それに、電話連絡があったからといって、キャッシングが周囲にばれるということも、まずありません。

電話連絡の実体がどんなものかを診ていきましょう。

キャッシングの電話連絡。何を聞かれるのか不安

キャッシングには、ほぼ必ず電話での在籍確認あります。特に銀行系列の消費者金融はないところを探すほうが難しいほどです。やましいことがないとはいえ、電話連絡がくるというのはいい気持ではありません。キャッシングが同僚に知られる不安もあります。

しかし、最近の金融業者もそこはきちんと考えています。そもそも、金融業者から積極的にお客の個人的事情を話すなんてことは、まずありえません。とくに金融業は借入の事実を周囲に漏らすことは固く禁じられているのです。

電話も自分が金融業者だと名乗ることはありません。電話内容もあっさりしたものです。勤め先で提出書類とおりの勤め先にいるとわかればそこで在籍確認は終了です。

もし本人が電話に出られなくても、『〇〇は席をはずしております』など、本人がそこに本当に勤めていることがわかるような返答があれば確認は終わります。

必要以上に神経質になる必要はありません。

電話連絡で犯罪を防いだ例もある!

電話連絡は貸倒れリスクを減らすためではりますが、それ以外に詐欺などの犯罪を未然にふせぐという目的もあります。

たとえば、借手が第三者の身分証明書を不正に入手、コピーして借りようとしたケースでは、在籍確認の電話をしたことで、身分証明書を悪用された人にキャッシングの申込みをした事実がないと判明し、不正な借り入れを阻止することができました。

金融業者と関係のない第三者の不利益を防ぐことができるのです。

事情を話せば電話連絡なしでも借りられることがある!

しかし、電話連絡ができなければ貸さない!というほど金融業者側もかたくなではないようです。職場の環境によっては電話連絡がくるのは、どうしてもまずい、ということはよくある話です。

絶対に電話連絡をして欲しくない場合、相談窓口などにその旨をきちんと話せば、電話以外の在籍確認で審査が通ることもめずらしくないのです。

また、土日祝日に申し込んだ場合、ほとんどの会社は休みですから、確認ができません。どうしても急いで借りたい!という人は電話連絡を省略してもらえることもあるようです。

土日の借入は、ケースバイケースということが多いので、一度相談してみたほうがいいでしょう。

また、大手とは違う独自のノウハウで営業している中小の消費者金融も借手の事情次第では電話連絡なしで貸してくれることもあるようです。この場合は事情を根掘り葉掘り聞かれるので、一分一秒でも早く借りたい!という人には不向きです。

また、借入が小額であれば、電話連絡はしないという方針をとっている金融業者もあるようです。まずは電話連絡が前提となっている場合でも一度、かけあってみましょう。

こんな場合は電話連絡が避けられない!対処方はある?

でも、借手の条件によってはどうしても電話連絡が避けられないこともあります。

収入が不安定なな人は、電話連絡なしではまず借りることができません。ほかにも、別の金融業者の借入れを長期に渡って滞納していたなど、金融事故の事実が信用情報に載っている場合も電話連絡は避けられないようです。

借入の金額が大きい場合も、電話連絡は入ります。金融業社だと名乗ることはなくても、やはり勤め先に電話がくるのは不安です。同僚や上司に妙なかんぐりを受けることになる可能性はゼロではありません。

この場合は自ら電話がかかってくるということを伝えておくほうがいいでしょう。しかし、キャッシングをするということを言う必要はありません。

クレジットカードを作る』『車のローンの審査を受ける』などと言っておけば、大丈夫でしょう。

過去にクレジットカードの支払いや携帯電話代を長期に渡って滞納した、任意整理を受けたことがあるなど、信用情報に金融事故の履歴がなければ審査は通ります。電話連絡は1分もかからないくらいの短いものです。あまり重く考えないようにしましょう。

【おすすめの記事】

キャッシングを利用すると信用情報にはどんな影響があるの?

閉じる
閉じる