キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシング利用が各種ローン審査に与える影響とは

住宅や車、奨学金などローンには様々な種類があり、サービスも充実しています。借り方や返済の仕方も、数ある中から自分の状況に合った選択できるという時代です。「キャッシング」や「カードローン」も急な出費などの時に、一時的にお金を借りて使えるといったツールです。

カードローンと返済の仕方に若干の違いがあるキャッシングとカードローンですが、各種ローン審査に影響が出てくるのかが心配な方もいるかと思います。ここでは、キャッシングやカードローンの利用がローン審査に影響が出てくる理由をまとめました。

キャッシングやカードローンの利用が審査に影響があるのか

金融機関はまず、お金を融資できるかできないかを判断するために、信用情報機関の「信用情報」というものを材料に使います。信用情報というのは、融資先の人の氏名や住所から、キャッシングやカードローン使用実績もしっかりチェックされます。

借金をしたことがない人が有利なのか

それでは、一度も借金をしたことがない人はローン審査に通過しやすくて、一度でも借金をしてしまったら、審査の際に不利になってしまうのでしょうか。実は、意外かもしれませんが、そんなことはないのです。

まず金融機関が最も重要視していることは、「この人は貸したお金を返してくれるのか」なのです。

今まで一度も借金をしたことがないからといって、絶対にお金を返すことができる人かどうかはわかりませんよね?

それよりも、借金はしたことがあるけれども確実に返済してきたという「返済実績」という目に見える実績は大きく評価の対象となってくるのです。

ですので、借金をしたことがあるからといって、一概にローン審査に不利になるとは言えないのです。さらに、総量規制という消費者を借り過ぎから守る法律によって、それほど多くの借り入れができなくなっていることも大きな要因となります。

単にキャッシングやカードローンを利用したことがあるというだけで、ローン審査に影響があるとは言えなくなるのです。

ローン審査にマイナスとなるケース

ただし、先程も述べたように「実績」という目に見える結果が評価になりますので、逆にローン審査が不利になる可能性も大きく含んでいます。以下にあてはまることがあれば、ローン審査に不利になることや、全く相手にされなくなる場合があります。

    • 他社・他行からいくら借り入れがあるか
    • 返済の際に延滞がないか
    自己破産や債務整理、長期延滞などの金融事故がないかどうか

なぜ審査にマイナスとなってしまうのか

他者や他行からの借り入れ金額は返済比率に大きく関わってくるため、数値が大きければ大きいほど、返済能力に疑問が出てきます。また、金融機関への審査を短期間で何回も行っている場合もローン審査に不利に働く場合がありますので、そのあたりはスリムにしておきたいところです。

さらに携帯電話やスマホも分割で購入した場合も「ローン」にあてはまります。

使用料にプラスの形で請求がくるため、落とし穴になっていますが、携帯・スマホ使用料の2~3ヶ月の未納も金融ブラックとして信用情報としてシェアされます。

自己破産などは、もちろん金融ブラックとして登録され、信用がない状態です。金融情報機関によって異なりますが、5年~10年は信用情報機関に情報が残ります。その期間は全く相手にしてもらえないのが現実です。

【おすすめの記事】

ブラックでは即日キャッシングは難しい…厳しい審査の現状

ローン審査の前に準備しておくこと

ここまで、キャッシングやカードローンの使用だけでローン審査に影響があるとはいえないけれど、信用に値しない情報が記録されていると、ローン審査に影響を及ぼす場合がる事を伝えました。ここからは、住宅ローンと自動車ローンなどの審査前にやっておきたいことを書いておきます。

ローン審査で重要な返済比率ってナンダ?

ローンを組む際に重要となってくるのが「返済比率」です。計算方法は「年間合計返済額÷年収」です。つまり、返済能力を数値化したものといえます。

例えば、年収が300万だと仮定して、年間合計返済額が150万のAさんと、年間合計返済額が90万のBさんの返済比率をみていくと、Aさんの返済比率は0.5(50%)となり、Bさんは0.3(30%)となります。これだけをみると、Bさんの方が返済比率は良好と判断されます。

返済比率の割合はどのくらいがいいか?という疑問ですが、これは金融機関が総合的に判断するため、一概にはいえないところですが、25%~35%くらいに抑えておくと無難かもしれません。

実はキャッシングやカードローンの借入額も、この年間合計返済額に含まれます。利用額や年収にもよりますが、借り入れ中は返済比率が高くなってきます。

年収を上げることも大切ですが、年間の返済額を減らすことが何より大切です。

ですからローンを組む前には、完済しておくか、借入額を少額にしておくといった工夫も大切になってきます。返済比率のコントロールは、間違いなくローン審査を通過するための大きなポイントとなってきます。

信用情報を開示してもらうこともできる

どうしても自分の信用情報が心配であれば、クレジットインフォメーションセンター(CIC)など信用情報機関に情報を開示してもらうこともできます。

どんなことが記録されているのかを知っておく

キャッシングやカードローンなど、ローンの支払いが3ヶ月未納の場合は、個人情報に「異動」という記録がつきます。この「異動」が記録されている場合、まずほとんど審査が通らないとされていますので、ローンを組む際にはそこまで待たなくてはなりません。

異動までいかなくても「滞納」の記録がついてしまっただけで、金融機関にとってはマイナスイメージとなります。情報を開示してもらう際、個人個人でどういうことが不安材料となっているかは異なりますから、自分の知りたい情報に合った信用情報会社を調べたうえで情報開示をしてもらってください。

また、アクセス回数も記録されますので、あまりにも頻繁にアクセスした場合は「どうして?」ということになりかねませんから、どうしてもの場合は一度だけにしましょう。

意外なところに落とし穴?減らすも大切、整理も大切

クレジットカードの整理も、審査を通過するための準備としてやっておきたいことです。クレジットカードには、申し込みすればキャッシング枠という枠が付いてきます。キャッシング枠があれば、ATMから一定額まで簡単に借り入れを行うことができます。

キャッシング枠とクレカ払いも注意が必要

キャッシング枠も借り入れと判断されてしまう可能性もあり、実は厄介なのです。

例えばキャッシング枠が10万円のクレジットカードを5枚持っていれば、50万円は簡単に借りることができてしまうわけです。

やはり融資は信用ですから、キャッシング枠のあるクレジットカードを持っただけで、審査にマイナスになるとは考えにくいかもしれません。

しかし、あまりにも多くのキャッシング枠付きクレジットカードを持っていれば、多額の借入額があるのではないかという疑問を持たれても仕方ありません。

ですので、ローン審査の前には使わないクレジットカードは解約しておくと有利かもしれません。意外と知られていないため、これが落とし穴となってローン審査に通らなかったということがないように、小さなマイナス材料もしっかり片付けておかなければなりません。

クレジットでサービスや物を購入する際も、口座引き落とし日までに充分な金額を入れておかないと、引き落としがされません。情報上は「未納」になってしまいますので、お買いものでさえもローン審査の前は気を付けなければならないのです。

不安材料を減らしていく努力は絶対に必要

キャッシングやカードローンの利用だけで、各種ローン審査に不利になってしまうということはありませんが、利用の仕方次第では、信用を大きく得たり、逆に大きく信頼を失ってしまったりということもあると分かっていただけたかと思います。

また、意外と落とし穴になっている携帯電話・スマホ料金、クレジットカードの支払いの延滞も審査にマイナスとなることもあります。

ローン審査を受ける前にはマイナス要因を摘み取っていくために、キャッシングやカードローンの利用の際には、審査前にしっかりと完済しておく、支払期日までにコツコツと決まった金額を返済していくことが大切です。

また、クレジットカードの整理や今現在の返済額を知り、返済比率を下げる努力も重要になってきます。信用があれば、ローン審査を不安がる必要もありませんが、怠った考えはきっぱりと捨てましょう。

閉じる
閉じる