キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシング審査の甘い即日融資業者は闇金かも!安全な業者見極め方

キャッシングやカードローンについてネットで調べると、たくさんの情報を得ることができます。その中には「キャッシング即日」や「キャッシングの審査が甘い」などといった安易な情報もたくさんありますが、気を付けなければいけないことは「その情報は本当に正しい情報なのか」をご自身でしっかり判断して、見極めることです。

そもそも審査の甘いキャッシング業者など存在しない

ネットで「審査の甘いキャッシング業者」を検索した結果、得られた情報を鵜呑みにするのは大変危険です。闇金の可能性もあるので、十分な注意が必要です。

まず、キャッシングの審査が甘く、安全に即日融資をしてくれる銀行や消費者金融会社はないと思った方がいいでしょう。

銀行や正規の消費者金融会社は、返済能力がない方への融資はしません。

審査に通る可能性を高くするのが先決

ネットで、キャッシング審査が甘い金融機関を調べる時間があるのなら、それ以前にやることがあります。

それは「審査を通過させる可能性を高くする」ということです。

はじめに、キャッシングやカードローンの審査では「信用」が一番大切です。つまり「この人はしっかりと全額返済してくれる」と思ってもらえることが重要になってきます。

キャッシング審査に通る可能性を大きくするためにしておくこと

銀行や消費者金融会社では、申し込み者の「信用情報」という個人情報を信用情報機関から得ることができ、共有することができます。

そのため、過去に、3ヵ月以上の長期滞納や自己破産などの金融事故を起こしたり、信用を得られない人と判断されたりした場合は、融資を受けることができないか、かなり難しくなってきます。まずは、滞納しているものがないかどうかをしっかりチェックしてください。

もしあるとすれば、早急に支払うことを優先しましょう。キャッシングやカードローンに申し込むのはそれが済んでからです。

【おすすめの記事】

キャッシングを利用すると信用情報にはどんな影響があるの?

携帯電話やスマホ料金も注意する

携帯電話やスマホを分割で購入した場合、本体の代金が通信量に上乗せされて請求されることが多いかもしれません。その際に携帯電話やスマホの通信料が引き落とされなかった場合、本体のローンを延滞したということになってしまいます。

3ヵ月以上の長期延滞は金融事故と扱われてしまう可能性が高いので、月々の引き落としに関しても注意が必要です。

いくつものキャッシング審査に申し込まない

いくつものキャッシングやカードローン審査に申し込んでいる場合、審査する側からしてみれば、「この人は本当に返済してくれるのだろうか」、「返済能力があるのだろうか」と疑われてもおかしくありません。

お金が必要で焦る気持ちもあるかと思いますが、そのあたりは冷静に判断して下さい。信用されることが、何よりも先決です。

クレジットカードを整理する

クレジットカードを何枚も持っている場合は、優先順位をつけて枚数を整理しましょう。

クレジットカードにはキャッシング枠というものがあり、50万円程度であれば、簡単に借り入れをすることができてしまいます。当然何枚も持っていれば、それだけ借りることができてしまいます。

キャッシング枠のあるクレジットカードを持っているだけで、審査に通らないということではありませんが、そのようなカードをたくさんもっているとすれば、多額の借入金があるかもしれないと判断される可能性は十分にあります。

ウソの申告は絶対にしない

キャッシングやカードローンの審査に申し込む際に、絶対やってはいけないことは、「ウソの申告をしない」ということです。

信用情報は共有されていますし、当たり前の話ですが、ウソがばれたときに、一気に信用を失います。審査を何とか通過させようとする気持ちは良いですが、後に面倒なことになるだけです。そのあたりのリスクはしっかり考えましょう。

借入額も最低限に抑える

借入額を最低限に抑えることも大切となってきます。審査というのは、申し込み者を総合的に判断しますが、貸したお金を回収することができなくなるという事態を避けるためには、借入額が低い方がより安全となります。

総量規制という制度も頭に入れておく

貸金業法に「総量規制」というものがあります。

総量規制というのは、個人の借入額に関する規制です。個人の借入額は、原則として年収の1/3までと定められています。例えば、年収300万円の人では、100万円を超える借り入れはできないということになります。これは、支払能力を超えた借り入れから、消費者を守るためにあります。

総量規制は、消費者金融会社が対象となります。

年収300万円のサラリーマンが、消費者金融Aで60万円を借り、別の消費者金融Bから40万円を借りているとします。その場合、すでに個人の借り入れ限度額の100万円に到達するため、他に融資を申し込んでも、審査で落とされてしまう可能性が大きいということになります。

ですから、他からの借金はできるだけ減らしておくことが審査を通過する上で、とても大切になってきます。

借り入れ診断を活用してから申し込む

銀行や消費者金融会社のサイトにアクセスすると、借り入れのシュミレーション診断ができます。正確に情報を打ち込んで、借り入れができそうであれば申し込んでみるというのも選択肢のひとつとなります。

無収入の専業主婦でもキャッシングサービスを利用できる

基本的に無収入である専業主婦の場合のキャッシングはどのようにすればよいのでしょうか。専業主婦の返済能力は限りなくゼロに等しいため、借り入れは難しいのではないか?と思うのは当然かもしれません。

実際に、専業主婦が消費者金融会社から融資をしてもらおうと申し込んでも、ほぼ無理と言っても良いでしょう。

なぜなら先程述べたように、総量規制という制度があるからです。専業主婦の年収はゼロですので、どんな数字を掛けてもゼロになります。

1/3を掛けたところでゼロになりますので、融資は難しいということです。

中規模、小規模の消費者金融会社でも、返済能力がない人への融資はありません。

ネットで調べてみると、「専業主婦でも融資OKで審査も甘い」といったようなサイトも見付かるかもしれませんが、最初に述べたように、審査が甘いようなところはありません。

専業主婦であっても、急な出費はありますから、そんなときこそ冷静な判断をすることです。

銀行は総量規制の対象外

専業主婦であっても、融資を受けることは可能です。

実は、銀行は総量規制の対象外であるため、年収がゼロであっても、借り入れをすることができる可能性があるのです。

専業主婦が銀行からキャッシングやカードローンの審査を受けることのできる条件は、20歳以上で、配偶者に安定した収入があることです。

配偶者が正社員である必要はありません。安定して給料がもらえていればOKです。

申込書や提出書類に不備がないように気を付けて申し込めば、三菱東京UFJ銀行や、みずほ銀行などの知名度の高い銀行からサービスを受けられる可能性があります。専業主婦でも生活の幅は広げることができます。

銀行や消費者金融会社のカードローンでの金利は、およそ3%~18%といったところで、決して低くはありません。そのため、短期的な借り入れであれば、キャッシングやカードローンを活用することも選択肢ではありますが、長期間にわたって利用するのであれば、金利がかかることも頭に入れておく必要があります。

審査に通ってからがスタートです

何度も繰り返しになりますが、一番大切なことは、信用です。審査に通ったら終わりではありません。必ず期日までに返済をすることです。

計画的な返済が、キャッシングやカードローン審査に大きな影響を及ぼします。このことは忘れないようにしましょう。

キャッシングやカードローンの利用は、借金をするということになりますが、決して悪いものではありません。ただし、それに依存してしまうことはよくありません。

返済計画をしっかりと立てて、生活の幅が広がるような借り入れをしてください。

閉じる
閉じる