キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

利息の安いキャッシングを選ぶ極意。返済で困らないために

もしあなたが消費者金融や銀行からお金を借りようとしたら、そこには必ず利息が発生します。業者はタダではお金を貸してくれません。金額や日数に応じて、借りたお金の「使用料」を払わなくてはいけないのです。

この使用料は業者によって異なります。利息率や利率、年利といった形で表記されることが多いですが、業者ごとに指定されているこの利息率を基に、借入金額と日数から使用料=利息を計算するためです。

利息率が低い方が利息は安くなります。返済金額を抑えるには、利息が安いキャッシングを利用するのが一番効果的でしょう。

そこでこの記事では、利息が安いキャッシングを選ぶポイントについてご紹介したいと思います。

利息を抑えたいなら利息が安いキャッシングを選ぶべし

利息とは、簡単に言ってしまえば借りたお金の「使用料」のことです。

会議室やホールなどの施設を借りるとき、施設を利用する使用料を払います。それと同じで、お金を借りるときにはそのお金の使用料を払わなくてはいけないのです。それが利息です。

この利息は、借りる金額や日数によって変動します。また、業者が設定している利息率によっても変動します。少しでも安くお金を借りたいと思う方がほとんどかと思いますが、そのためにはこの利息を抑える必要があるのです。

利息を抑える一番簡単な方法は、利息率が低いキャッシングを利用することです。

同じ金額を同じ日数借りた場合、利息率が低いキャッシングの方が利息は安くなり、返済額も少なくなります。利息率を比較して、より利率が低い業者やプランを選ぶのがいいでしょう。

ちなみに、利息率には上限があるのをご存知ですか? 利息制限法という法律で、借りる金額に応じた利息率の上限が定められているのです。

国で決められている法律のため、この上限よりも高い利率でキャッシングを行っている業者は違法となります。

間違って違法業者を利用しないためにも、基礎知識として、利息制限法で定められた上限率について覚えておくようにしましょう。

【利息制限法】
借入金額が…
・10万円未満の場合:上限率20.0%
・10万円以上100万円未満の場合:上限率18.0%
・100万円以上の場合:上限率15.0%

利息が安いキャッシングを選ぶ4つのポイント

一般的に、消費者金融の利息率は高くて、銀行の利息率は低いと言われています。業者やローンのプランによって違いはありますが、平均すると消費者金融の利息率は18.0%~20.0%、銀行の利息率は15.0%~17.0%のようです。

ただしこれはあくまでも平均値の話です。実際にプラン内容を比較してみると、消費者金融の方が利息を安く抑えられるというケースもあります。

どういったポイントに注目して業者やプランを選べばいいのか、詳しくご紹介していきます。

ポイント①:利息率を比較するときは上限金利で比較する

キャッシングのホームページなどを確認すると、「金利(年利)18.0%~20.0%」といったように、利息率に幅をもたせて記載されていることが多いと思います。これは利息率は審査によって決定されることを示していて、金利が18.0%になることもあれば、上限の20.0%になることもあるという意味になります。

最低金利が記載されてはいますが、その金利が適用されることはあまりありません。よほど信用情報の評価が高くない限り、上限金利が適用されることが多いのが実態のようです。

そのため、利息率を比較するときは上限金利がいくらになっているか確認するようにしましょう。

「金利10.0%~18.0%」と「金利13.0%~15.0%」の二つを比較したとき、前者の方が利息率が低いように感じられるかもしれません。しかし上限金利を見比べると、前者は最大18.0%の金利が適用される可能性があるのに対して、後者は高くても15.0%までの金利しか適用されません。

最低金利が低く書かれているとどうしてもそちらの方がお得に感じますが、上限がいくらに設定されているのか注意して比較するようにしましょう。

ポイント②:ATM利用手数料がいくらかかるか確認する

キャッシングを利用するとき、借入時や返済時にATMを利用する人が多いかと思います。ここで盲点になりがちなのが、ATMの利用手数料です。

自社ATMがある業者もあれば、自社ATMはなく、コンビニなどの提携ATMでしか借入や返済をできない業者もあります。自社ATMがあっても、家の近くに設置されておらず、利用しにくいという場合もあるかもしれません。

消費者金融の場合、大抵は自社ATMの手数料は無料です。提携ATMも無料で利用できるケースもありますが、手数料がかかってしまうことが多いです。銀行の場合は自行ATMの利用手数料は無料としているところがほとんどです。提携ATMの手数料も無料としている銀行が多いですが、有料の場合もあるので注意が必要です。

手数料は1件あたり数百円という金額ではありますが、塵も積もれば山となる。毎回手数料を払っていたら利息よりも手数料の方が高くついてしまいます。無料で利用できるなら利用しない手はありません。

手数料が無料な自社ATMや提携ATMはあるのか。あった場合、利用するにあたっての利便性は高いかを比較してみるといいでしょう。

ポイント③:返済最低金額がいくらからになっているかに注目する

利息が安いキャッシングを利用できても、完済までに時間がかかってしまうとその分利息が発生し、返済額が膨らむことになってしまいます。そのため、二社以上のプランを比較するときには返済方法にも注目するようにしましょう。

利息は一日単位で発生するため、一日でも早く返済を終えることが利息を安く抑えるポイントとなります。

一回の返済最低金額が高く設定されている方が元金の減りが早くなるため、完済まで時間をかけずに済み、利息による返済額の増加を抑えることができます。

また、できるだけ繰り上げ返済をして返済を早く終わらせることもポイントです。まとめて返済できるようであれば積極的に返済を早めていけるようにしましょう。

ただし、無理な返済は禁物です。無理にまとめて返済をした結果、翌月の返済に困り、返済が遅れてしまったら遅延損害金が発生してしまいます。

また、返済のための借入は多重債務に陥る切欠ともなるので、絶対に行わないでください。

今後の収入予定や出費予定をよく確認し、無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

ポイント④:無金利サービスが利用できるかチェックする

業者によっては「30日間金利0円サービス」など、無金利サービスを提供しているところがあります。これは定められた期間内の借入であれば利息が発生しないというサービスです。30日間と期間が定められていたら、30日間のうちに返済を終わらせれば無利息でお金を借りることができるのです。

この期間は業者によって様々です。また、利用条件があり、初回契約時のみ有効としているところが多いため、以前に利用したことがある業者では無金利サービスを受けられない可能性が高いです。

それでも、無金利でお金を借りることができるならそれが利息を抑える一番の方法となるので、一度無金利サービスを提供している業者を調べてみるといいでしょう。

【おすすめの記事】

無利息でキャッシングできる!利息0サービスにデメリットはないの?

【まとめ】利息が安いキャッシングを選ぶためには…

利息が安いキャッシングを選ぶ4つのポイントについてご紹介してきました。改めて簡単にまとめてみます。

  • 利息率は上限金利で比較して安いところを選ぶ
  • ATM利用手数料が無料のところを選ぶ
  • 最低返済金額が高く、早く返済を終わらせられるところを選ぶ
  • 無金利サービスを利用できるところを選ぶ

以上4点を参考にして、利用方法や返済方法など、自分に合った業者やプランを探してみてください。

閉じる
閉じる