キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

専業主婦でも借りられるキャッシング活用法。急な出費も安心!

「冠婚葬祭が続いてピンチ!」「新学期ってお金がかかる…」など予想外の出費があった時、「ちょっとだけでいいからお金を借りたい!」と思ったことはありませんか?

カードローンやキャッシングと聞くと、「借金の一種でなんだか怖い…」という印象を持っている方も多いと思いますが、実はしっかり計画を立てて利用すれば安心して利用できるものなんです。

そして商品によっては専業主婦で自身の収入がない人でも利用することができます。
今回はそんなキャッシングやカードローンについて、申込の流れや利用の際のポイントなどをご紹介していきます。

そもそもカードローンとは?

カードローン、言葉は聞いたことがあるけれど、実際どんなものなのか詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?
まずはカードローンがどのようなものなのかについて説明していきます。

キャッシングとカードローンの違い

まず、キャッシングとカードローンの違いについてです。これらは主に、貸し付けを受ける際に利用するカードと返済方法に大きな違いがあります。

カードローン キャッシング
利用カード ローンカード クレジットカード
返済方法 ある程度自由に選べる 主に口座引き落とし
返済日 繰り上げ返済可能 繰り上げ返済に関わらず月々の返済

まず貸付を受ける際に利用するカードですが、キャッシングの場合はキャッシング機能付きのクレジットカードを持っていれば、キャッシング利用可能額を0円にしていない限りすぐに利用することができます。

カードローンでは、専用のローンカードが必要となるため新たに申込をし、カードを手に入れる必要があります。

次に返済に関してです。
キャッシングでは返済方法が口座引き落としであることが一般的ですが、カードローンではATMからの返済や店頭での返済、WEB決済、口座振替など様々な返済方法から自由に選択することができます。

また、返済日についてもキャッシングなら繰り上げ返済を行っても貸付残高がある限り、月々の決まった引き落としが行われます。カードローンであれば、借入日や返済日から一定期間(1か月程度のことが多い)の間に次の返済を行う、というケースが多くなっています。

【関連記事】

web完結なら申込から返済までスムーズ!必要なのはスマホだけ?

キャッシングとカードローンのメリット・デメリット

両者を比較すると、キャッシングはキャッシング機能付きのクレジットカードを持っていればすぐに使える手軽さ、カードローンは多彩な返済方法と融通の利く返済日程といった点にそれぞれのメリットが感じられます。

また、両者に共通するメリットとして「必要な時に素早く借りられる」という点、デメリットとしては、「金利の高さ」が挙げられます。

この金利ですが、カードローン、キャッシングともに計算方法は同じで次の式によって算出されます。

金利の計算式

元金×金利÷365日×借入日数=利息

カードローンやキャッシングの金利が高い理由には、

・保証人などが不要で貸付を受けられる
・貸付の限度額が比較的少額である

といったことが挙げられます。

長期的な返済を検討している場合には、より金利の安い商品を探すということも一つの手です。カードローンやキャッシングでは商品による金利の差が意外と大きいため、自分に合ったものを利用することがおすすめです。

最近では、専業主婦や女性向けのカードローンなども増えてきているようです。

専業主婦でもOK!申込から返済までの流れ

専業主婦で収入がなければカードローンを利用することはできない、と考えてしまいがちですが、実は専業主婦の方でも利用することができるカードローンもあります。

専業主婦でも借りられるカードローンとそうでないものにはどういった違いがあるのか、みていきましょう。

私は借りられる?収入のない場合のキャッシング

基本的に働いていない無収入の人はカードローンなどの貸付を受けることができません。
これは「総量規制」という、収入に対して貸し付けを受けることのできる限度額を制限するという法律が存在するためです。

総量規制

賃金業法により、個人の貸付総額が年収等の3分の1までに規制されている。

しかし、カードローンやキャッシングは働いていない専業主婦でも借りられることができます。

専業主婦がカードローンで貸付を受けるには、銀行系のカードローンを利用するということがポイントとなります。
これは、銀行の商品には賃金業法ではなく銀行法という別の法律による規制がなされており、総量規制が適用されていないためです。

銀行以外では、信用金庫、信用組合、労働金庫といった金融機関のカードローンも利用することができます。

クレジットカード会社系や消費者金融系のカードローンでは、専業主婦が貸付を受けたい場合に夫の収入を証明すれば借りられる可能性もあります。

これでバッチリ!申込から返済までの流れ

いざ、カードローンに申し込む際には、どのような流れで進めたらよいのでしょうか。
次に、申込から返済までの大まかな流れをご紹介します。

インターネットなどから申込

審査

本人確認書類を用意、無人契約機などで契約

無人契約機でカードを受取り、貸付を受ける

おおよそこのような流れで進んでいきます。
早いところでは申込から数時間ほどで貸付を受けられるところもあるようです。

また、早くお金を借りたいからと言って「審査なし」といった謳い文句を掲げている会社には注意しましょう。
これは貸付を受けるためには必ず審査が必要であり、審査不要を謳っている会社は闇金や悪質業者である可能性が高いためです。

返済に関しては貸付を受けた後、期日までに選択した方法にて返済を行います。返済が滞ってしまうと、自分の信用情報に傷がつくだけではなく家族にカードローンの利用がバレてしまうリスクも一気に高まります。

カードローンの申し込みをする前に、しっかりと返済計画を立ててから利用するようにしましょう。

自分の利用しやすい返済方法を選択しておくこともひとつのポイントです。

お金は借りたいけど、利用がバレるのは避けたい!

いざ、お金を借りたい!と思っても家族にバレてしまうことは避けたい、という方も多いのではないでしょうか?

カードローンは、申込の際や使い方に気を付けていれば周囲の方にバレずに利用することもできます。

次は、周囲の方に内緒でカードローンを活用するためのポイントなどを紹介していきます。

家族にバレずにカードローンの利用は可能?

結論からお話しすると、家族に内緒でカードローンの申込から返済までを行うことは可能です。

しかし、家族にバレるのを防ぐためにはいくつかの気を付けなければならないポイントがあります。
具体的にどういったことに注意すべきなのか、チェックしていきましょう。

これだけは気を付けたい!家族にバレないために

家族に内緒でカードローンを利用する際に、特に気を付ける必要があるのが郵便物です。
カードローンを利用する際に届く可能性のある郵便物は、主に次の3つとなります。

① 契約書類・ローンカード
② 利用明細書
③ 支払の督促状

契約書類とローンカードについては、WEB完結型の申込方法や自動契約機でのカード受け取りを利用することによって、自宅への郵送を避けることができます。
また、利用明細についても郵送の有無などを契約時にきちんと確認し、可能であればWEBでの交付に切り替えるといった手続きを行っておきましょう。

このように、契約書類・ローンカードや利用明細といった書類は利用する方法や簡単な手続きによって、郵送を避けることができます。

しかし、③支払いの督促状については支払いを遅延してしまった場合、避けることができません。さらに返済の遅延に対しては電話での督促や、状況に応じては自宅訪問などが行われる場合もあるため、一気にカードローンの利用がバレてしまうリスクとなります。

次の項ではカードローンを利用する際に一番大事となる「返済計画」について説明していきます。

ご利用は計画的に!返済計画はしっかり立てよう

カードローンなどで貸付を受ける場合に一番重要なのは、返済計画をきちんと立てて利用することです。

ドラマのような激しい取り立てが行われることはありませんが、もし返済が滞ってしまえば、家族にバレてしまうリスクが高まるうえに、信用情報に登録されてしまうためその後の利用やクレジットカードの作成などが難しくなってしまいます。

最後に返済計画についてと、万が一返済を遅延してしまった場合の対処法についてみていきましょう。

カードローンを申し込む前に!返済計画を考える

カードローンやキャッシングでお金を借りる際に、最も重要なのが返済計画です。
最近ではカードローン会社のホームページなどで、借りたい金額や返済にかける期間などをもとに返済シミュレーションをすることもできます。

また、返済計画を立てる際にはできるだけ短い期間での返済を検討するようにしましょう。

たしかに月々の返済額が少なければ毎月の負担は少額で済みますが、返済が長期化することによって必要以上に金利が付き、最終的に支払う金額が膨れ上がってしまう可能性があるためです。

月々の返済金額を考える際には、次のような「返済比率」なども参考にするとよいでしょう。

返済比率

返済比率=(月々の返済額)×12÷(年収)×100

この返済比率は年収から、収入に対してバランスのよい月々の返済金額を算出する方法です。一般的に、月々に支払わなくてはならない固定支出の返済比率は35%程度までが収支バランスが取れている、と考えられています。

カードローン以外のローンや家賃などの割合を考慮すると、この35%のうちカードローンの返済に充てることができるのは5%~10%程度であることが現実的なようです。

万が一返済を延滞してしまったら…?

ここまで返済計画について説明してきましたが、万が一返済を遅延してしまうとどうなるのでしょうか?

返済が遅延するとまずは電話や書面での督促が行われます。
これらが行われてしまうと家族などにカードローンを利用していること、しかも返済を遅延してしまっていることが一発でバレてしまうリスクが、非常に高くなってしまいます。

電話や書面での督促でも返済状況が改善されない場合には、カードローン会社の社員による自宅訪問が行われます。
この場合、訪問方法などが法律で規制されているため、ドラマのような激しい取り立てが行われるようなことはありません。

もし、返済が遅延する可能性が生じた場合には返済日より前に、カードローン会社に相談しておくこともひとつの手になります。
事前に返済遅延の相談をすることによって、特に消費者金融系のカードローンでは返済日やその月の返済金額などに融通を効かせてくれる場合もあるようです。

カードローン会社に返済遅延の相談をする際には、次の3点を伝えるようにしましょう。
・返済が遅れそうな理由
・現在、返済可能な金額
・返済可能な日

いくら返済に融通を効かせてくれる可能性があるとはいえ、基本は無理のない返済計画を立て早めに返済を完了することです。

これらの対処法は、万が一の場合に備えて覚えておくとよいでしょう。

計画的な利用で、もっとやりくり上手になろう!

いかがでしたでしょうか?
しっかり返済計画を立てて利用すれば、カードローンは専業主婦でも安心してお金を借りることができます。

自分や家庭の状況に合わせて、計画的に利用していきましょう!

閉じる
閉じる