キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

審査通りやすいキャッシングが本当にあるのか?徹底調査!

急にまとまった資金が必要になった場合、簡単に審査通過できるキャッシングがあれば便利です。しかし、本当に審査通りやすいキャッシングってあるのか気になりますよね。近頃スピードキャッシングが人気で即日融資を受けられる機会が増えました。これって、審査が通りやすくなったからスピードキャッシング可能なのでしょうか?そんなに簡単にキャッシングできるものなのか、徹底的に調査してみました。

スピードキャッシングと、審査が通りやすいのは無関係!

近頃のキャッシングは、即日融資可能の貸金業者が多いですよね。早い貸金業者であれば、申込みから30分~1時間程度で、融資まで完了してしまいます。

考え違いしてはいけないのは、審査時間が短いという事と、審査が通りやすいこととは関係ないという事です。

むしろ、審査が早いという事は、貸金業者が少しでも審査内容に「問題あるかな~」って、判断に迷う時に、即日で落とされてしまう可能性も高くなると言えます。逆に、「少しお時間下さい」という様な対応の場合、即日融資はできないけれど、詳しく調べた結果次第で貸付できる可能性があると考えられます。

審査通りやすいキャッシングは、まず無いと認識しよう

利用者のニーズに応えて、大手企業を中心に即日融資のサービスを行うところは増加しています。しかし、即日融資とは、最短時間を指しているだけであって、誰でも即日融資できる訳ではありません。

即日融資を受けられる人は限られていて、安定した収入がある事が必須事項になります。その上で、今まで一度も貸金業者やクレジットカードのキャッシングを利用した事が無い人や、現在まったくキャッシングを利用していない人などです。これらの人は、明らかにブラックでないと判断つきやすく、審査の通過も早いと考えられます。

現在他社で利用中の場合ですと、どれだけ貸付できるかを、厳密に調査する必要がある為、翌日以降の審査結果待ちになることも多くあります。

融資を受ける人の現況は、どこの貸金業者であっても細かくチェックされますので、審査に通りやすいキャッシングなどは、皆無だという事を認識しましょう。

キャッシングできる限度額は、年収でキッチリ決まっている

総量規制という言葉を聞いたことがありますか?平成22年に施行された、年収に応じて貸付額を規制する法律です。

総量規制とは、
貸金業者(カード会社のショッピングクレジットも含む)での貸付けについて、借入者(個人)の借入総額が年収の3分の1を超えてはいけないというものです。借り過ぎ、貸し過ぎを抑制する制度になります。

複数の会社でキャッシングをしている人も、全ての借入れを把握された上で、年収の3分の1を超えない範囲での借入しかできない様になっています。

【おすすめの記事】

即日キャッシングは総量規制の対象?借入限度額の決まり方

自分の借入状況はがっちり把握されている

自分の借入に関する情報は、信用情報機関によって一定期間、登録されています。信用情報に登録されるおもな内容は、以下の通りです。

  • 借入申込を行った情報
  • 借入金額、返済額、残高金額
  • 事故情報(自己破産、債務整理など)

貸金業者やカード会社は信用情報機関に加入し、利用者の情報を定期的に登録する義務があります。また、こちらの情報を利用して、他社での借入済金額などを把握した上で、年収の3分の1を超えない様に融資を行う事も義務になります。

違反すると、処罰の対象になりますから、正規の貸金業者であれば、限度を超えての貸付を行う会社はありません。

審査に落ちた理由に注目してみよう

審査に落ちた理由を考えてみましょう。自分の借入金額が年収の3分の1を超えている場合は、限度額オーバーが原因でしょう。この場合、返済が進んで限度額以内で借入の余地ができれば、再度申請すれば借入できる可能性はあります。

同じタイミングで複数社に借入を申し込むのもNGです。貸付申込の履歴も信用情報機関に登録されます。

急いでいる時に、手当たり次第に申込みをすると、複数社の履歴が信用情報に掲載される事になり、「資金繰りに困っているのかもしれない」という判断を受ける可能性が高く、審査通過ができない場合があります。

手当たり次第の申込みはしない様にするのが賢明です。貸付申込の履歴は6カ月程度で抹消されますので、しばらく時間が経ってから、再度申込みすれば、借入できる可能性はあります。

絶対やってはいけない、返済遅延!

審査を通りやすくしたいのなら、絶対にやってはいけないのが、「返済遅延」です。自己破産や、債務整理は論外ですが、返済の遅延もNGです。ついうっかり忘れもあるでしょうが、自分が今後もキャッシングと上手く付き合っていこうと思うのなら、返済遅延は1度たりとも無いことが大切です。

貸金の信用は1回の遅延で、大幅にダウンします。

自分が今後の生活に不利になる状況にならない様に、計画的に借りて計画的に返済する事は当たり前の事であり、この積み重ねが信用になります。

貸金業者にとって優良顧客とは、遅延なく返済してくれる約束を守れる人の事です。

遅延がありながらもなんとか返済して利用している人は、決して優良顧客ではありません。

携帯電話料金の未払いも、キャッシング審査に影響します

毎月の携帯電話料金の支払いが滞っている場合も、キャッシング審査通過に影響があります。携帯電話料金の中には、携帯本体の料金も含まれていることが多く、携帯本体を割賦で支払っている人が滞納をしていると、信用情報に掲載される事になります。

ナゼだ?と思う方もいると思いますが、携帯本体を分割払いで支払う事は、ローン契約にあたります。記憶にないなんて言う人もいるかもしれませんが、申込みの際に、同意書(信用情報に関する)に、必ず署名しています。一括払いでない限り、ローン契約をしているのです。

キャッシュバックや、携帯本体分の料金を通話料に充当する仕組みなどで、「実質ゼロ円」などとCMされていますが、「実質ゼロ円」は「携帯本体ローンがゼロ円」ではありません。

キャッシングを利用しようと考えている人は、携帯電話の支払い延滞をしない様にしましょう。

税金や公共料金の未払いも、先々影響がある!

貸金業者に借入申込をする場合に、税金や公共料金の未払いがあったとしても、実際はバレることなく借入できる可能性があります。これは、貸金業者のチェックするポイントが、安定収入(源泉徴収票などのチェック)、信用情報機関での信用情報のみだからです。

税金の未納は貸金業者には影響が無くても、銀行などで高額の借入申込をした時に影響があります。

納税証明書で、収入金額も、税金未納も丸裸!

銀行のフリーローン程度であれば、納税証明書の提出を求められることは少ないのですが、住宅ローンやマイカーローンの場合は提出する事になります。

税金の未納の実態は、市役所や税務署で発行される納税証明書で分かります。納税証明書には、収入金額も表記されていますから、収入の状況も分かります。

審査の通りやすい環境を作るのは自分次第!

今回は審査の通りやすいキャッシングについて考えてみましたが、実際は審査の甘い貸金業者は存在しないということがお分かり頂けたと思います。

審査を通りやすくするのは、自分のキャッシングライフが、健全であることです。返済の遅延が無いようにすることや、借り過ぎにならない程度に余裕をもったキャッシングを心掛けるなど、ごく当たり前のことを継続するだけです。

審査の通りやすいキャッシングを実現するには、自分のキャッシングライフを見直すことが近道と言えます。

閉じる
閉じる