キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

今日中にキャッシングしたいアナタへ、たった1時間の借入術

今日中にどうしてもお金が必要になってしまったアナタ!でも給料日前で貯金が無い、かといって家族や友人に借りるのも気が引けますよね。ことわざで「金の切れ目が縁の切れ目」とはよく言いますが、人とのつながりは何よりも大切です。

そんな時に役に立つのが、CMでもおなじみのキャッシングです。以前と比べると格段に利用しやすくなっていますが、まだ馴染みのない方も多いでしょう。

実は最短で1時間もあれば、お金を借りられる可能性があります。「知っておいて損はしない」そんなキャッシングのノウハウを、大きく4つの項目に分けてお教えします。

どっちが最適!?即日対応が可能なカードローンを見極めよう

まず初めに、利用するカードローンの「種類」というものを理解する必要があります。ここで取り上げるのは、「消費者金融系」と「銀行系」の2種類です。それぞれの特徴や、メリットデメリットについて説明していきます。

重要な基礎知識!消費者金融系と銀行系の違い

一言にカードローンと言っても、この違いを理解している方は多くありません。見たり聞いたりしたことのある商品名をピックアップするので、確認してみましょう。

消費者金融系 アイフル・アコム・プロミスなど
銀行系 三井住友銀行カードローン・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」など

この大きく分けて2種類のカードローンの違いは、「総量規制」の対象か否かです。そして審査の基準や金利の違いなども、異なっていると言えるでしょう。

総量規制とは:
個人が借り入れることのできる総額が
年収の3分の1までと定められていること。

消費者金融系は貸金業法において、この「総量規制」の対象になります。一方銀行系は総量規制対象外となり、年収などの影響を受けないため「収入の無い方」でも融資を受けられる可能性があります。

審査スピードや金利の違いは?見極めるためのポイント

各社それぞれの審査基準があり、その内容は一般公開されることはありません。しかし基本的には、「消費者金融系」の方が「審査スピードが早い」と言えるでしょう。では金利についてはどうでしょうか?比べてみましょう。

アイフル 年利4.5%~18.0%
アコム 年利3.0%~18.0%
プロミス 年利4.5%~17.8%
三井住友銀行カードローン 年利4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年利1.8%~14.6%

表ではどの商品も年利にかなりの差がありますが、これは借入金額によって変動します。

少額であれば表の右側に近い高い金利、借入金額が大きくなるにつれて金利が低くなります。

少額の借入の場合「アイフル・アコム・プロミス」などの消費者金融系カードローンの方が、金利が高くなっていることがご理解いただけると思います。

  • 消費者金融系の方がキャッシングまでのスピードが早い
  • 少額の借入の場合、銀行系の方が金利が低い

金利が0円!?消費者金融系カードローンの無利息期間を活用しよう

消費者金融系の方が、「キャッシングまでのスピードが早いが金利が高め」と説明しました。しかし多くの商品には、「無利息期間」というものがあります。この無利息期間をうまく活用できれば、金利のデメリットも無くなるのでしっかりと確認しましょう。

無利息期間はアナタの味方!各社が無利息で融資する理由

日常生活を送っていれば、「初回無料!」などのサービスを受けることがあると思います。これは新規顧客を獲得するための、「企業戦略」とも言えます。カードローンについても同じように「無利息期間」を設けて、キャッシングを身近に感じてもらえるようサービスを提供しています。

「タダより高いものはない」とはよく言いますが、このサービスは顧客獲得に向けて行われているものです。確認しておく必要があるのは、「正確な無利息期間」です。

【関連記事】

無利息でキャッシングできる!利息0サービスにデメリットはないの?

30日間はいつからいつまで?無利息期間を過ぎた場合

多くの消費者金融系カードローンでは、「30日間無利息」というものがあります。

これは「初回の契約から30日間」にのみ適用されるものなので、2回目以降のキャッシングに「30日間の無利息期間」はありません。

また借入した金額の全額を、無利息期間で完済できない可能性もあると思います。この場合は残っている借入金額に応じて、無利息期間終了時から通常金利が発生します。

つまり金利が高くとも決して損をするという訳ではなく、むしろ無利息期間を活用することでオトクにキャッシングを受けられるということになります。

あらかじめ準備しておくものは?スムーズな借入までの道しるべ

即日でキャッシングを完了させるためには、消費者金融系のカードローンをオススメします。ではどういった点に注意していけばいいでしょうか?状況別に対応が変わってきますので、ポイントをおさえていきましょう。

口座振込で申し込むには?即日には制限時間あり!?

申し込みからお金を借りるまでの時間は、最短であれば1時間で完了できる場合があります。しかし銀行振込で入金を希望する場合は、14時までに振込の依頼まで完了する必要があるので早めに手続きをしていきましょう。

14時を過ぎた場合、銀行振込の選択肢は無くなります。しかし駅の近くにある、無人契約機などでお金を借りることができます。申し込みを決めたタイミングが12時を過ぎていた場合は、無人契約機でのキャッシングをオススメします。こちらの場合、多くは22時まで利用可能です。

収入証明書類は必要!?申込に必要なもの

キャッシングを利用したことの無い方は、収入証明書が必要だと思うかもしれません。しかし借入希望額が高額(50万円~)でなければ、不要な場合もあります。確実に必要なものは、顔写真つきの本人確認書類(主に運転免許証など)です。

本人確認書類記載の住所が現住所と異なる場合、別途健康保険証や公共料金の領収書が必要になるので準備しておきましょう。

申込から借入までの手順は?便利な無人契約機

初めての方は戸惑うことも多いと思いますが、各地にある無人契約機は非常に便利です。最寄りの無人契約機をあらかじめリサーチし、ネットで申し込みをしておきましょう。14時までに振込依頼が可能であれば問題ないですが、多くの場合即日で借りるには無人契約機の利用が不可欠です。手順は以下の通りです。

  • リサーチした場所に対応する商品の申し込みを完了させる
  • 本人確認書類を持参し、無人契約機に行く
  • 現地で書類のスキャンなどを行い、審査を受ける
  • 審査完了後その場でカード発行、現金を引き出す
書類の確認・審査・カードの発行・現金の引き出しまで、その場で完了するので非常に便利です。

借りてからの心配事は?返済はコンビニでも可能な時代

ここまでは、借りるまでの手順や注意点を説明してきました。しかし実際に借りてからのことは、まだ想像しづらいと思います。初めてのキャッシングに対しての不安を、最後に解消しておきましょう。

ブラックリストは存在する!?金融機関の信用情報とは

ブラックリストに載った」といったことを聞きますよね?実際にブラックリストとは、どういったものなのでしょうか。結論から言いますと、そんなものは存在しません。

しかし「個人の信用情報」が、金融機関で共有されていることは事実です。

将来、マイホームを夢見ている方もおられるでしょう。住宅ローンを組む際に、その「信用情報」の確認が行われます。ご自身の「信用情報」を傷つけないための注意点として、共有される情報の理解をしておきましょう。

  • クレジットカード引き落とし時の残高不足
  • ローン返済全般の延滞
  • 繰り返しの現金借入

上記の「ローン返済全般の延滞」については言語道断だと思いますが、意外にも「本体を分割払いにしている携帯電話料金の支払い遅延」も含まれています。機種変更自体は無料で、2年契約(月×24回払い)というよくあるパターンです。実はこの時点で「ローンを組んでいる」、となっているので注意しましょう。

また毎回期日通りに完済していても、「繰り返しの借入」には十分に注意しましょう。しっかりと返済すれば大きな影響はありませんが、「何度もお金を借りる人」という情報が残るのは良くありませんよね。

コンビニがあれば何でもできる!?返済はサクッと完了

では実際に返済はどうすればいいのでしょうか?ネットでの銀行振込や、各店舗のATMへ足を運ぶのが主流でしょう。さらにコンビニのATMで、何かのついでに返済することも可能です。

コンビニの場合、消費者金融系カードローンは手数料が必要なことが多いので注意しましょう。

銀行系カードローンの場合、提携しているコンビニでは手数用無料で対応できることもあります。余裕を持って返済することが大切ですが、コンビニでも返済できることを覚えておいて損はないでしょう。

まとめ!ポイントをもう一度おさらいしましょう

  • 即日で対応しやすいのは消費者金融系
  • 初回利用であれば、無利息期間を活用しオトクに!
  • 少額の借入に収入証明書類は原則不要!
  • 繰り返しの借入には注意

現在ではかなり身近なところで、キャッシングを利用できます。即日対応のノウハウを、安全に賢く利用して急場を凌いでいきましょう!

余談ですが、筆者は友人に1万円を貸したことがあります。その翌月、しっかりと1万円を返してくれました。さらに勝手に千円上乗せしてくれましたが、これだと年利120%です。そんなことせずに、消費者金融をシンプルに活用しましょう。

閉じる
閉じる