キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシングを利用すると信用情報にはどんな影響があるの?

急な出費があったり手持ちの現金がちょっと足りない時に便利なのがキャッシング。

しかし、「キャッシングを利用すると信用情報に傷が付いてローンが組めなくなる」という話を聞いたことはありませんか?

もし本当だとしたら、キャッシングに対して抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょう。

不安を解消するために、キャッシングの利用と信用情報の関係について詳しく解説します。

そもそも信用情報ってどんな情報?

社会人の多くが一度は聞いたことがあると思われる言葉、信用情報。

傷が付く・付かないの前に、まずは信用情報の中身について説明します。

お金に関するやり取りを記録したもの

信用情報とは、簡単にいうとクレジットカードやローンの利用実績のことです。

現金を使わずに買い物をしたり金融機関でお金を借りることを信用取引といい、この際に信用情報が必要となります。

カード会社や金融機関が顧客の信用力(期日までに支払いができるかどうか)を判断するための非常に重要な情報なのです。

記録されている情報

信用情報には氏名・生年月日・住所・勤務先といった基本的な個人情報から、契約内容や返済状況まで詳細に記録されています。

簡単にですが、具体的な内容を以下にまとめてみました。

契約内容に関する情報

  • 契約の種類
  • 契約日
  • 利用金額

返済状況に関する情報

  • 入金日
  • 入金予定日
  • 残高
  • 完済日
  • 延滞の有無

取引事実に関する情報

  • 債務整理
  • 強制解約
  • 代位弁済

電話帳掲載情報や顧客が申告したコメントが記録されることもあります。

信用情報を管理する機関

信用情報はJICC・CIC・全国銀行個人信用情報センターで管理されており、カード会社や金融機関はこの3つのうちのいずれかに加盟しています。

クレジットカードやローンの申込があると、信用情報機関を通じて顧客の信用情報を確認し、借入や返済などの状況を申告します。

また、事故情報(延滞や債務整理など)・カードや本人確認書類の紛失や盗難に関する情報・顧客からの申告情報は3つの機関で共有されています。

各機関が保有している信用情報を共有することで、多重債務や過剰融資の発生防止に役立てています。

要注意!審査に影響する事故情報とは

信用情報の中身についてはこれまでの説明でお分かり頂けたかと思います。

ここから先は審査に影響を与える事故情報について説明します。

延滞をした場合

事故情報で最も多いのが延滞です。

遅延とほぼ同じ意味で使われますが、一般的には61日以上または3ヶ月以上支払いが遅れることを指します。

短期間の遅延を複数回繰り返している場合も事故情報として記録されてしまうので注意が必要です。

債務整理をした場合

債務整理とは、借金の減額や免除を合法的に行うための手続きのことです。

任意整理・特定調停・個人(民事)再生・自己破産の4種類があり、借金の状況によってその人に合う方法は異なります。

借金が残っている状態での過払い金請求は債務整理として扱われますが、完済後に手続きすれば事故情報にはなりません。

【おすすめの記事】

ブラックでは即日キャッシングは難しい…厳しい審査の現状

強制解約になった場合

延滞が続いたり不正利用が発覚すると強制解約になります。

複数のカードやローンを利用していて1つの会社の支払いが遅れている・転職して収入が大幅に下がった場合も、信用力が悪化したと判断されて強制解約になることがあります。

返済能力の有無を把握するために信用力は定期的にチェックされていると思ってください。

代位弁済をした場合

保証会社が債務者の代わりに借金を返済することを代位弁済といいます。

ただし、返済してもらったらそれで終わりではありません。

返済先が保証会社に変わるだけで、借金がチャラになるわけではないのです。

事故情報の登録期間

信用情報機関によって扱いが異なるものもありますが、事故情報の登録期間は概ね以下のとおりです。

延滞 債務整理 強制解約 代位弁済
1年~5年 5年~10年 5年 5年

登録が抹消されるまでの期間は「借金を完済した日」から数えます。

つまり、上記の期間を過ぎていたとしても、借金が残っている限り事故情報は登録されたままとなります。

正しく使えば問題なし!

最後におさらいとまとめをします。

信用情報は信用取引の際に必要な情報で、申込・契約・返済といったお金に関するやり取りが記録されています。

キャッシングを利用しただけで信用情報に傷が付くことはまずありません。

延滞・債務整理・強制解約・代位弁済の経験がある場合は事故情報として記録され、完済後に一定期間が経過するまでは審査に通りにくくなります。

返済日をうっかり忘れてしまうのは誰にでも起こり得ることですが、それでも支払いはなるべく遅れないように心がけましょう。

きちんと返済を続けていれば信用力を上げることができるので、借金は必ずしも悪いことではないのです。

閉じる
閉じる