キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

クレカのキャッシングと消費者金融、すぐに借りたい時はどっち?

お金が必要になり借りるとなると、消費者金融から借りる方法がありますが、それ以外にもクレジットカードのキャッシング枠を利用する手段もあります。

しかし、これらはどういった違いがあるのか分からないという方もいらっしゃると思います。そこで今回は、キャッシング枠と消費者金融の違いについて探っていきましょう。

どうなっている?キャッシング枠と消費者金融の限度額の違いとは

まず、キャッシング枠と消費者金融の限度額での違いについて見ていきましょう。さて、どの様な違いがあるのでしょうか。

キャッシング枠も消費者金融も限度額は最初のうちは少額!

消費者金融の借入限度額は、多くが500万円から800万円となっていますが、最初からそれほどの額を借りられるわけではなく、まずは数十万くらいの限度額となります。それから、半年程度利用を続けて返済実績を作ると額は上がっていくのです。

クレジットカードのキャッシング枠の場合も、初めのうちは10万もしくは20万円ほどとなっていて、利用の実績があるなら50万までであればある程度簡単に額が上がるでしょう。

50万円を超える額への増額は、書類を提出することとなり審査についても厳しくなる点は、覚えておくのもポイントです。

キャッシング枠も消費者金融も上限金利は18%

消費者金融でもクレジットカードのキャッシング枠であっても、どちらも総量規制の対象となるのは同様です。よって、年収の1/3までしか借りられずに、50万円以上を借りるとするなら収入証明書を提出しなければいけません。

また金利に関しては、消費者金融は借入額により違いはあるものの、数十万円までの借入なら多くが年利18%に設定されていて、カードのキャッシング金利と差はさほどないのです。

利息制限法により、1万円から100万円までは上限金利が18%までと定められているため、多くの消費者金融もしくは信販会社では18%という上限金利になっています。

借入の点でもそれぞれに個性があるから比べてみよう!

いよいよ借りる段階となった時にはキャッシング枠と消費者金融ではどういった違いがあるのでしょうか。その違いについて見ていきたいと思います。

キャッシング枠が既に付いているなら直ぐに借りられる!

キャッシング枠の付いているクレジットカードをお持ちであれば、直ぐにでもATMで借入が可能です。

ただ、これからキャッシング枠を付けるなら、審査をする必要があるので数日から数週間程度かかってしまう業者が多いです。大手消費者金融なら、一部業者を除き最短だと即日で融資をしてもらえます。

とは言え、来店が必要となる業者もありますし、申し込み時間に制限がある場合もあるため、申し込みをするなら、業者のホームページを前もってチェックするのが賢明です。

消費者金融ではインターネットバンキングに対応している業者もある!

キャッシング枠を利用して借りるなら、会員ページもしくは電話で振り込みを依頼すると、クレジットカードの引き落とし口座に入金されます。

またはATMを利用しても借りられます。返済は口座振替が主ですが、ATMや銀行振り込みに対応している業者もあります。提携ATMと銀行振り込み以外の手段であれば、手数料もかかりません。

消費者金融での借入は、会員ページや電話で振り込みを依頼すると指定した口座に入金される方法か、自社もしくは提携のATMを利用するというものがあります。返済は、口座振替やATM,銀行振り込み、インターネットバンキング、インターネット返済など多岐にわたる手段があります。

インターネットバンキングやインターネット返済については、対応していない業者もあるため、あらかじめ確認しておくのが大事です。

【関連記事】

ネットキャッシングが人気の理由!24時間どこでも借入可能

知りたい!キャッシング枠と消費者金融は審査にどんな違いがあるのか

クレジットカードをこれから持つ場合と、消費者金融でお金を借りるなら審査を受ける必要があります。では、その審査にはどういった違いがあるのでしょうか。

おおまかな審査の流れはクレカも消費者金融も同じ!

キャッシング枠を付けてクレジットカードを作る際にも、消費者金融でも審査の流れに大差はありません。

クレジットカードの場合には、仮審査がなくすぐに本審査が行われるという点が、違います。また、クレジットカードを申し込んだ場合には、申込み者の勤務先や勤続年数が重視されます。

どういった働き方なのか、収入は安定しているのかを確認しショッピング枠やキャッシング枠での利用額をきちんと返済できるのかを見るのです。

消費者金融のカードを多数所持なら総量規制に注意!

クレジットカードと消費者金融のカードのどちらを先に所持するかに関しては、クレジットカードの審査を先に受けている方の方が多いと推測されます。しかし、貸金業法により総量規制があるため、消費者金融のカードを何枚も持っていて、後になりクレジットカードの審査を受けるとなると、限度額がいっぱいになってしまい否決となってしまう可能性もあります。

やはり、総量規制には気を付けるのが大事だということです。

それぞれの違いを把握して賢くお金を借りるのがベスト!

クレカのキャッシング枠も消費者金融でも最初のうちは借りられる額が少額となっているのが特徴です。クレカの場合は、50万円以上借りるなら新たに書類を提出する必要があります。

クレカはキャッシング枠が既についているなら、直ぐに借りられますし、消費者金融ではインターネットバンキングなどが利用できるケースもあります。

閉じる
閉じる