キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシングの金利を最高金利で比較。借入先を安易に決めないで!

キャッシングをするなら、やはり金利が低い業者を選びたいと思う方が多いのではないでしょうか。しかし、業者にも色々あり銀行もありますし消費者金融でもお金が借りられるのです。その中から業者を選ぶとしても、一体どこが低金利なのかというのが分からない場合があるでしょう。

そこで今回は、低金利の業者を選ぶ際のポイントや、どの業者の金利が低いのかなどについて探ってみたいと思います。

どこにある?金利を比較する際のポイントについて

キャッシングを利用する前に金利を比較するのは有益なことですが、一体どういった点がポイントとなるのでしょうか。

キャッシング金利の比較なら最高金利に注目しよう!

キャッシングの金利を比較するなら、最高金利に注目をするのが大事です。

最高金利は、例えば『4.5%~18%』の18%の方が該当します。金利や限度額は審査により決まるものであり、通常は高い限度額が設定されると金利は低くなるものです。とは言え、初めから数百万円といった高い限度額が設定されることはあまりありません。

多くが初めのうちは限度額が100万円以下となるものですが、その際には最高金利かそれに近い金利が設定されるのです。

よって、金利を比較するなら最高金利の方をチェックするのが適しています。

なぜ適するの?最高金利をチェックする理由の詳細を知ろう

例えば、ローン会社Aが3%から18%と言う金利で、ローン会社Bは金利が10%から15%の場合は、ローン会社Aの方がぱっと見た分では低く見えるかもしれませんが、ローン会社Bの方が最高金利が低いため、ローン会社Bを選択するのが賢いのです。

とは言え、数百万円以上という高額融資を受ける場合には、選び方が異なる点を知っておきましょう。そこで、以下では100万円以下の融資に関してご紹介していきます。

どっちが低いの?銀行カードローンと消費者金融の金利とは

お金を借りるなら銀行のカードローンや消費者金融を利用する手段がありますが、どちらの方が金利は低いのでしょうか。

消費者金融よりも銀行のカードローンの方か金利は低い!

各業者の金利を見てみると、例えば銀行のりそなクイックカードローンは10万円から200万円の限度額で、金利が9.0%から12.475%であり、消費者金融のプロミスなら1万円から500万円が限度額となっていて、4.5%から17.8%と言う金利です。

これは一部ではありますが、業者の金利を見れば消費者金融よりも銀行のカードローンの方が低金利となっているのがわかります。

それだけ審査は厳しくなるのですが、審査に通過できるだろうと考えられるなら、銀行のカードローンにアタックしてみるのも一案です。

借り入れ額が30万円未満なら利息差はあまりない!

銀行のカードローンの方が低金利であると前述しましたが、キャッシングの総額が少額である場合は銀行のカードローンも消費者金融も大体利息が同じとなっています。

ただ、大方の人は借り入れ額が30万円未満と考えられますので、利息差はさほど気にしなくても問題はありません。

キャッシングにおいては、金利よりも早く返済をすることが重要であるという決まりのようなものが存在します。早く返済ができれば、金利が少し高かったとしても大丈夫であるということなのです。

比べてみよう!限度額ごとの金利の違いはどこにあるのか

金利は、融資限度額によって変わってくるものです。ここで限度額ごとの金利の違いについて探ってみたいと思います。

信販系の三井住友カードゴールドローンは金利が低い!

限度額が10万円なら、三井住友カードゴールドローンは9.8%、イオン銀行カードローンが13.8%です。最低限度額が高い業者は除いて調べてみると、限度額が10万円の場合で最も金利が低いのは三井住友カードゴールドローンです。

信販のカードローンであり、金利が低いと評判になっているのです。

それに、遅延がなく返済ができていると、翌年より0.3%利率を引き下げてくれるサービスもあるのが見逃せません。

50万円なら借り換え用の東京スター銀行のりかえローンが低金利

50万円の限度額であれば、東京スター銀行のりかえローンが9.8%、三井住友カードゴールドローンも9.8%、りそなプレミアムカードローンだと12.5%となっています。東京スター銀行のりかえローンと三井住友カードゴールドローンが特に低くなっているのです。

東京スター銀行ののりかえローンは30万円からの借り入れが可能です。

また、借り換え専用のローンとなっていますので、初めてローンを利用される方は申込めないため注意しましょう。

それに、年収200万円以上の方でなければ申込めませんし、条件が厳しく該当しないなら三井住友カードゴールドローン等の低金利ローンを利用するのが賢明です。

100万円では専業主婦も申し込めるイオン銀行カードローンが低い

100万円ならイオン銀行カードローンが8.8%、りそなプレミアムカードローンだと11.5%です。100万円になってくるとイオン銀行カードローンが特に低金利になっているのです。このローンは、100万円を超えると途端に利率が下がるのを特徴としています。

それに、専業主婦でも申し込めることもあって、大型スーパーに関係するカードローンならではであると考えられます。ご紹介してきた限度額ごとの金利に消費者金融が含まれないのは、大体の消費者金融では限度額ごとの金利を公表していないという点が挙げられます。
【関連記事】

キャッシングは金利を比較して賢く利用するのがカギ!

金利を比較するなら、最高金利をチェックするのがポイントです。最高金利は、限度額が高く設定されるとそれだけ低くなるのが特徴です。また、30万円未満であれば金利にさほど差はありません。

それに、消費者金融に比べて銀行カードローンの方が金利が低いのも知っておきましょう。

閉じる
閉じる