キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシングの一括返済は可能?利息を極力払いたくない人へ

住宅ローンやマイカーローンなど、銀行などの金融機関でお金を借りたいと考えたときに不安に思うのが返済事情だと思います。

一般的にお金を借りることを、ローンやキャッシングといいますが気軽な言葉で表現できるがゆえに、そのあとの返済計画をよく考えることをしないまま、お金を借りてしまうひとが多いのも事実です。

返済計画を上手に立てられるか不安、でもキャッシングしなければならないという状況になってしまったらどうすれば良いかを知りたいと思いませんか?

キャッシング初心者だけどしなければならない…!というアナタにおすすめしたい事前に知っておいたほうがいい一括返済の方法やキャッシングするときの注意点などご紹介します。

キャッシングの初心者は知っておこう!一括も可能な返済方法

キャッシングの返済といえば、毎月こつこつと借りたお金を返していくというイメージがあるひとも多いでしょう。

しかし、返済の仕方というのはひとつだけではありません。

自分に合ったものを選ぶのがコツ!さまざまな入口がある一括返済

いくつかある返済方法の中でも返済計画の負担が少なくて済むのは、借りたお金を一括で返済してしまう方法です。

キャッシングの世界ではそれを「一括返済」といいます。

金融機関でキャッシングをしたときに一括で返済できる方法は、金融機関の店舗窓口、ATMインターネットなどです。

これらの返済方法は、返済したあともキャッシングを利用する予定があるかそうでないかで、どれを選ぶべきかというのが変わってきますので、注意してください。

似て非なる言葉のキャッシングの一括返済と一括完済に注意しよう

一括返済という言葉のほかにも、キャッシングには「一括完済」というものがあります。このふたつの言葉はよく似ていますが、意味合いはまったく違うものです。

一括返済も一括完済も、どちらも文字通り一括でお金を返すことです。しかし、その意味はかなり違うので注意するべきだと思います。

一括返済と一括完済の違いを以下にまとめましたので、参考にしてください。

一括返済とは… 借りたお金を返済するときに何回かの金額を一度に返済すること。
一括完済とは… 借りたお金を一度に全額返済すること。

この一括返済でコツコツと返していくべき金額を少し減らすか、一括完済でいっぺんに借りたお金を返してしまうかで返済計画が決まります。

金利を気にするなら一括完済がおすすめです。そしてボーナスなどでいつもより多くの収入を得られたときには一括返済するというのが一般的です。

一括で返済するのに適している方法はコレ!キャッシング返済方法2選

この記事を読もうと思った多くのキャッシング初心者のひとは借りたお金を一括で返済しようと考えているひとだと思うのでキャッシングをした場合には、基本的に一括完済の方法が当てはまります。

もちろん一括で完済するのも、金融機関の店舗窓口やインターネットで返済可能になっています。

  • 金融機関の店舗窓口
  • インターネット

これらふたつの返済方法が一括で返済するのに最適な理由をご説明します。

一括で完全にキャッシングを返済したいなら返済確実な店舗窓口を

借りたお金を一括で返して金利の負担が大きくならないようなキャッシングをしたいと考えているのなら金融機関の店舗窓口で全額を返済するという方法が適しています。

返済しなければならない金額と金利分のお金を用意出来次第、キャッシングした金融機関の窓口に出向きましょう。

早ければ早いほど金利の負担が軽くなるので、決められた返済日まで待つ必要はありません。

また、キャッシングをしてから一定の期間は金利が発生しないなどの特別なキャンペーンをしている金融機関もありますので、そういったものを上手に利用するのも良いでしょう。

金融機関の店舗窓口で返済するときには、事前に全額返済の連絡をする必要はないですが、心配な場合は金融機関に問い合わせてみることをおすすめします。

また返済のための手数料などが掛からないのも魅力のひとつです。

金融機関の口座があればもっと便利!インターネットで返済も可能

もうひとつは、インターネットを利用する方法があります。

利用しようと考えている金融機関のホームページに行き、キャッシングのページにネット完済が出来るという旨が記載してあれば、インターネットで返済することが可能です。

店舗の窓口を利用するのと同じく、手数料は掛かりません。

しかし、インターネットで一括に返済する場合には、その金融機関で指定されているところの口座を持っている必要があります。銀行でローンを使う場合には、その銀行の口座を開設する必要があるので、口座を作るための手続きが必要です。

【銀行口座を作るために必要なもの】
口座に入金するためのお金(1000円くらい)・身分証明書・印鑑(シャチハタは不可)

店舗の窓口に直接行って返済したいけれど、営業時間内に足を運ぶことが難しいというひとには、ネット環境さえあれば返済が可能なので便利な方法といえるでしょう。

  • キャッシングの一括で返済する方法を選ぶなら店舗窓口とインターネット
  • インターネットで返済する場合は口座が必要
  • 窓口もインターネットも手数料はナシ

また、いつも自分が利用している銀行のキャッシングを選ぶことで窓口でもインターネットという場になっても、どちらも使いやすいということが重要だと思います。

【関連記事】

web完結なら申込から返済までスムーズ!必要なのはスマホだけ?

普段はコツコツ返してるけど時には一括で返済したいというひとはコレ

コツコツと毎月、決まった日にちに返済する方法を選ぶひとは借りた金額が一度に返済するのが難しい場合ですよね。

収入が増えたときに数か月分をいっぺんに返済したいというひとは、一括返済を利用しましょう。

一括返済に便利なのはATMを使う方法です。

  • ATMの利便性
  • 一括で完済するときにはATMは使えるか

ATMを使うときに見ていきたいのは上記の2点です。

時間に融通がきくATMは一括で返済したいときにも非常に便利

金融機関に設置している専用ATMを使えば、店舗窓口が閉まっていたとしても返済可能です。

また他の店舗などでもキャッシングをしている金融機関と提携していればATMで返済することが出来ます。

仕事の関係で金融機関の営業時間内に窓口に来ることが難しいひとは、ATMの利用が最適だと思います。

また金利を気にするというひとも、金利は一日一日と増えていきますので、一日でも早く返済をするほうが良いでしょう。給与でボーナスが入った場合にいち早く返済したいと考えるひとに向いています。

【キャッシングひとくちメモ】
どのキャッシングも、返済が遅くなると遅延損害金というものが発生します。遅延損害金は20.0%にもなるところもあるので出来るだけ返済の期日は守ったほうがよいでしょう。

窓口が開いていないことで、タイミングを逃して返済が遅れたということを防ぐためにもATMの利用を検討するのは必要なことだと思います。

便利だけど出来ないこともあるキャッシングのATM利用の注意点

金融機関が営業していないときに窓口に行くことが出来ない、近くに金融機関がないときにはコンビニも使えて、さまざまな状況に対応することが可能なATMですが、もちろん注意点もあります。

ATMは硬貨を投入できない場合が多いので、1000円以下の金額分は支払いが出来ません。全額支払ってしまいたいと考えるひとには向きません。

お釣りが発生した場合は、窓口で返金してもらう必要があります。

また、ATMを利用するには少なからず手数料も掛かります。一回の手数料は大きな金額ではありませんが、回数を重ねると手数料の総額も多額なものになるので、お金に困ってキャッシングを使っているひとには厳しい出費になるでしょう。

そしてキャッシングを完済して、利用を解約したいという場合にもATMだと返済額の残高がある状態になってしまうので、解約することが出来ないということも覚えておくと良いですね。
  • ATMは店舗が近くにないひとや営業時間に行けないというひとに便利
  • ただしATMで借りたお金の完済をすることは出来ない
  • ATMの利用には手数料が掛かってしまう

大切なのは返済が可能かどうか!キャッシングで考えるべきこととは

お金を借りることを意味するキャッシング。言葉自体は手軽に使えるものですが、返済をするという義務と負担は、どのローンとも差はありません。

一括で返済が出来るというシステムを上手に活用したキャッシングを

キャッシングで借りたお金を返済していくときに、一括で返済することや一括で完済してしまうことは金利が発生する負担を軽くすることに繋がります。

一括で返せない額を借りる場合には、毎月、コツコツと返していくしかありませんが、一括返済や一括完済などを上手に利用して、なるべく金利の発生を抑えることが重要です。

また、どうしてもキャッシングしなければならないときは返済計画を立てることが確実に出来る借入金額に留めておくことが大切です。

閉じる
閉じる