キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

ブラックでもキャッシングしたい…借りれる業者をお探しの方へ

ブラックの方でも、借りられるようなキャッシングを探されている方もおられるかと思います。

しかし、ブラックの方が借りられるようなキャッシングは、ないと言って良いでしょう。

もしもブラックの方でも借りられるキャッシングがあった場合、その会社は闇金融の可能性がありますので、そこで借りることはおすすめできません。

今回の記事では、なぜブラックでは借りられないのか?ということと、ブラックでも借りる方法はないのか?ということについて、紹介していきましょう。

そもそもブラックはどうしてお金を借りられないのか?

そもそも、ブラックの方はどうしてお金を借りることができないのか、ご存知でしょうか。

「この金融機関はダメでも、あの金融機関なら貸してくれるかもしれない…」と何カ所もの金融機関に、キャッシングを申し込んだ方もおられるでしょう。

しかし、申し込む方が確実にブラックの場合、どこへ申し込んでもおそらく借りられるところはないでしょう。

ブラックの方を含めローンを組んだりお金を借りる方が、どこでいくら借りてどれくらい滞納している、などの情報は「個人信用情報」と呼ばれますが…

実は、この個人信用情報は金融機関側のネットワークにより広く共有されているため、ブラックになってしまうとどこへ申し込んでも借りることはできません。

これは、キャッシングを行っているほとんどの金融機関が、「CRIN(Credit Information Network)」という金融機関間のネットワークを持っているためです。

このネットワークは、「この顧客はいくら借りている」「いくら滞納している」「いくら返済が終わっている」などのお金に関する情報と、個人の住所や職場などの個人情報も、合わせて共有しています。

詳しく紹介しますと、共有されている情報には主に、以下のようなものが挙げられます。

  • 住所
  • 氏名
  • 年齢
  • 家族構成
  • 職業/職場
  • ローンなどの契約内容(契約日、契約額、請求額、入金額、残高など)
  • キャッシングやローンの毎月の支払い状況
金融機関が、なぜこのような情報を共有しているかというと、お金を借りる方がお金を借りすぎないように注意するためと、またそのような方を増やさないように、という理由があります。

ちなみに、この情報を登録されてしまうことを拒否できるのか?というと、答えは「NO」です。

キャッシングの申し込みをしたり、ローンを組んだり、また、気付きにくいところでは携帯電話の本体代金を分割払いにする時など、お金を借りる手続きをする時には、個人情報の登録は必須になっています。

「金融機関側から何の説明も受けていない!」という方は、キャッシングをする際の同意書や説明書などを隅々まで確認して見てみましょう。記載があるかと思います。

以上のような金融機関側の事情があるため、ブラックの方はどこへ申し込んでも、お金を借りることはできないのです。

しかしながら、インターネットなどで「ブラックの方でも審査甘い」「ブラックでもすぐ融資可能」などの広告を見たんだけど…?という方もおられるかもしれませんね。

これからちょっと、その広告の金融機関についても紹介しておきましょう。

【関連記事】

キャッシングを利用すると信用情報にはどんな影響があるの?

甘い言葉に乗るな、それは闇金融の可能性大!

改めて、インターネット上などや路上の電柱などでも「今すぐ融資可能」という張り紙や「ブラックでもすぐお金借りられる」などの広告を目にすることがあります。

「なんだ借りられるじゃん!」と思うかもしれませんが、このような金融機関でお金を借りてはいけません。このような金融機関は、闇金融の可能性があるからです。

闇金融の何が一番怖いか?というと、貸金業法を守らない可能性があるという点でしょう。

現在、お金を借りる方は貸金業法という法律で守られており、これによって、時には希望額のお金を借りられないこともありますが、同時に借りる方の身の安全を守っているのです。

貸金業法を守らない闇金融から借入をした場合、法外な利息で返済を迫られることもあるでしょう。

また、返済が滞ると昔の映画で見るような、怖い取り立て屋に返済のために追い回される可能性もあります。

まとめると、闇金融でお金を借りた場合、以下のような恐ろしい目にあってしまうかもしれません。

  • 法外な利息(年率29%以上)での返済を迫られる
  • 借り主の保険金を返済にあてるために自殺を迫られる
  • 連日脅しに近い執拗な取り立てをされる

ブラックの方にでも貸してくれるような、闇金融では決してお金を借りないようにしましょう。

ブラックでもお金を借りられるようになるには完済し待つのみ

それでは、ブラックの方は一生お金を借りることはできないのでしょうか。いいえ、そういうわけではありません。

ブラックの方が金融機関からお金を借りる一つの方法、それは、返済を完全に終わらせて「待つこと」です。

実は、個人信用情報に載ったブラック情報は、きちんと完済すれば、時間が経つと消去されます。

なので、ブラック情報が消えるまで待つこと、それがブラックの方がお金を借りられる、ただ一つの方法です。

その他、事故記録が消える頃、収入がちゃんと毎月得られるような生活を送っていることも大切なポイントです。

事故記録が消えても、収入がない場合は「返済能力がない」と、みなされるためキャッシングの審査に通りません。

ちなみにブラック情報は、どれくらいの期間で消去されるのでしょうか。…それは事故記録の度合いにもよりますが、だいたい以下のような期間が必要になります。

61日から90日以上の返済の遅延、滞納をした場合 5年間
債務整理、任意整理をした場合 5年間
自己破産をした場合 5年〜10年間

概ね以上のような期間は、キャッシングの申し込みをせずに待つことが必要になります。以下にポイントをまとめてみましょう。

  • きちんと全額完済した後、事故記録が消えるまで待てばキャッシング可能になる
  • 毎月安定した収入を得られる生活をしていることが必須である

個人信用情報のブラック情報がなくなるまで待って借りよう!

ブラックでも借りられるキャッシングがあるのか?について紹介してきましたが、いかがでしたか?

ブラックでも借りられるようなキャッシングは、ありません。ブラックになってしまった場合は、キャッシングは諦めましょう。

その他「申し込みブラック」という状態があります。これは、ブラックの方や、そうでない方でもあり得ますが、同時に何カ所もの金融機関にキャッシング申し込みをした場合に起こりえます。

同時に何カ所もの金融機関に申し込みを行うと、申し込みを行ったことが金融機関間のネットワークでバレてしまいます。

そのため、「この人はこんなにたくさん申し込んでいる、よほどお金に困っているに違いない…お金をかしても返してくれるかわからないぞ」とあやしまれ、審査に落とされてしまいます。

具体的に申し込み箇所数を挙げると、一ヶ月に3社以上申し込みを行うと、申し込みブラックになってしまうことが多いのですが…

もしそうなってしまった場合、多数の金融機関に同時に申し込んだ、というブラック情報は6ヶ月間保存されています。

ですので、6ヶ月間は申し込みをしないで、保存されているブラック情報が消えるのを待ってから申し込みを行いましょう。

というわけで、事故記録が消えるまで待った後、キャッシングの申し込みを行う場合は、一カ所だけ申し込み、そこがダメだったら次、というような申し込み方をするのがオススメです。

最後にポイントをまとめておきましょう。

  • ブラックの方が借りられるキャッシングはない
  • ブラックの方がキャッシングするにはまず全額完済すること
  • 完済できたら一定期間は何も申し込まず待つこと
  • 毎月安定した収入を得られる職に就くこと
  • 申し込みブラックにならないために申し込みは月に2カ所まで
  • 申し込みは同時に何カ所も申し込まない一カ所ずつ行うこと

注意しておきたいのは、完済せずにただ待っているただけでは、事故記録は消えませんし、返済額が膨らむ一方です。

借りたお金の返済を第一に考え、なるべく早く完済できるように、頑張りましょう!

閉じる
閉じる