キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

即日キャッシングのメリットと注意点。こんなに簡単で大丈夫?

急遽お金が必要になったとき、あなたはどうしますか?家族や友人からお金を借りる人もいれば、キャッシングを利用する人もいるでしょう。

大手消費者金融のほとんどが即日融資を可能としています。クレジットカードのキャッシング枠でもすぐにお金を借りることができます。

一方で、銀行が提供するカードローンは2018年1月以降審査が厳しくなり、即日での借入が難しい状況となってしまいました。

すぐお金を借りたい人にとっては大手消費者金融やクレジットカードを利用する方がメリットが高いでしょう。しかしその反面デメリットもあります。それぞれのキャッシングのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

キャッシングって何?クレジットカード・消費者金融・銀行の違い

まず根本的なところからで、キャッシングについておさらいしていきましょう。キャッシングとはお金を借りることで、家族や友人からお金を借りることも広義ではキャッシングとなります。

一般的に「キャッシング」として扱われているのは金融機関からお金を借りることで、以下の3点を指すことが多いです。

  • クレジットカードのキャッシング機能
  • 消費者金融からの借入
  • 銀行からの借入

クレジットカードのキャッシング機能はショッピング機能とは別物です。

ショッピング機能は購入した商品の支払いを一旦カード会社に預け、後日まとめて支払いをすることです。一方キャッシング機能は商品の購入は関係無しにカード会社からお金を借りることです。お金という現物を受け取るか受け取らないかの違いと考えていいでしょう。

キャッシング枠はカード発行時に機能を付与するかどうか選択することができます。普段ショッピングでしかカードを利用していないという人でも、キャッシング機能が付与されたカードであればいつでもキャッシングを利用することができます。

キャッシング機能を付けていなかった人はキャッシング枠の追加を申請して審査に通過すれば、クレジットカードでキャッシング機能も利用することができるようになります。

消費者金融、銀行からの借入は、よくテレビのCMや看板などで目にする個人向けのカードローンを指すことが多いです。最近ではクレジットカード会社もショッピング機能のない、キャッシング専用のカードを発行するところもあるようなので、カードローンは消費者金融、銀行からの借入に留まらないようです。

以上3点のキャッシングに共通するのは借りた金額分だけ利息が発生するということです。利息とは金融機関がお金を貸すときに発生する手数料のようなもので、年利が何%かによって金額が異なってきます。

利息は「利用残高(円)×年利(%)÷365(日)×利用日数(日)」で計算できるので覚えておくといいでしょう。

即日キャッシングするなら…各キャッシングのメリット・デメリット

さて。それでは即日キャッシングのメリット・デメリットについて見ていきましょう。お金を借りたいと思ったその日中にお金を借りることができるのは、即日融資が可能な消費者金融と、キャッシング機能が付与されているクレジットカードのみです。

銀行のカードローンは、2018年1月以降審査が厳しくなり、即日での審査回答が困難となったため、即日キャッシングはできません。

では各キャッシングのメリット・デメリットについて、即日キャッシングという点に着目して簡単にまとめていきます。

クレジットカードのキャッシング機能

クレジットカードのキャッシング機能のメリットは下記の通りです。

  • あらかじめキャッシング機能を付与していたら申込みなしで借入できる

クレジットカードのメリットはなんといっても申込みなしですぐ借入ができることでしょう。ただしこれは、カード発行時(もしくは別のタイミングで)キャッシング機能を付与させていた場合の話です。

即日キャッシングで一番ネックになるのは審査にかかる時間です。新たに金融機関とキャッシングの契約をする場合、申込みから審査まで時間がかかりますし、必要書類の準備やカードの発行なども行わなければなりません。お金を借りるまでの工数がかかってしまうのです。

その点、元々キャッシング機能を付与していたクレジットカードであれば、キャッシングの契約は既に済んでいる状態なので申込みも審査も必要ありません。お金が必要だと思ったタイミングでお金を借りることができるのです。

一方でデメリットもあります。デメリットは以下の2点です。

  • あらかじめキャッシング機能を付与していなかったら即日キャッシングはできない
  • 返済が一括払いのことが多い

1点目については既におわかりかと思います。あらかじめキャッシング機能を付与させていれば即日で借入ができますが、キャッシング機能が付与されていない場合は新たに申込み・審査をする必要があります。

なかには即日審査・即日カード発行を可能としているクレジットカード会社もありますが、数は限られてしまうので注意するようにしましょう。

また、クレジットカードによるキャッシングの場合、返済方法が翌月一括払いのところが多いです。こちらも会社によっては分割払い(リボルビング払い)が可能なところもありますが、その場合金利が高く設定されているケースが多いので、気をつけてください。

消費者金融からの借入

続いて消費者金融から借入する場合のメリットとデメリットについてまとめていきます。まずメリットについてです。

  • 最短30分で審査が完了する
  • WEBから申込めば申込み~借入まで家でできる
  • 無人契約機を使えば土日祝日や夜間でも契約・借入できる

会社によって詳細は異なるので一概には言えませんが、大手の消費者金融は上記3点に当てはまると言えるでしょう。中小の消費者金融でも対応しているところもあります。

多くの消費者金融が審査にスコアリングを用い、システムを使って返済能力の有無を判断するようになったため、審査時間の短縮化に繋がりました。

とは言っても不審な点や疑問点があれば担当者が一からチェックを行っていて、審査が甘くなったわけではないので、その点は覚えておいてください。

WEB申込みに対応していて、銀行口座への振込みにも対応している会社であれば、家から出ることなく申込みから借入まで完了させることができます。銀行の営業時間が限られているため申込時間に気をつける必要がありますが、最悪の場合、平日14時までに申込めばその日中にお金を振込んでもらうことが可能です。

無人契約機での契約も営業時間に気をつける必要がありますが、営業時間内であれば即日でカードが発行でき、ATMからお金を引き出すことができます。夜22時まで営業している契約機が多いので、日中行けない人は無人契約機を利用するといいでしょう。

土日祝日の契約の場合は在籍確認の問題がありますが、オペレーターに事前に相談すれば土日祝日でも契約まで完了させることができる場合があるので、平日行けないという人も無人契約機であれば即日でキャッシングできる可能性があります。

対して消費者金融からの借入に際するデメリットは以下の通りです。

  • 金利が高い
  • 便利すぎて借り癖がついてしまう
  • 「消費者金融」に対して悪いイメージを持っている人が多い

消費者金融の金利は銀行のカードローンに比べて高く設定されていることが多いです。もちろん法定内の金利設定ですが、中小の消費者金融は特にギリギリの設定利率にしているところが多いので、利用予定の会社の金利はいくらに設定されているのか注意するようにしましょう。

借り癖がついてしまうというのは個人差はありますが、利便性を一度体感してしまうとキャッシングに対するハードルが低くなるのは確かです。お金がちょっとピンチだけどなんとかやりくりすれば大丈夫そう、という場合でも、手軽にお金を借りられるなら、とついキャッシングを利用してしまう人もいます。

ほんの少しだけ、という気持ちが多重債務の引き金になることはめずらしくありません。本当にキャッシングしなければ乗り切れないのか、一度立ち止まって振り返る習慣をつけるようにしましょう。

3点目の悪いイメージというのは個人の感覚なので、どうしようもないというのが正直なところです。おそらく「消費者金融=ヤミ金」というイメージを持っている人がまだいるため、消費者金融に対して悪いイメージを持っている人が多いのでしょう。

よく名前を目にする消費者金融はすべて正規の登録業者です。中小のあまり名前を聞いたことがない消費者金融でも、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」に登録されている業者であれば政府が認めた正規の登録業者なので、安心して利用してください。

契約書類やキャッシングカードの郵送はしていない会社や、カードの発行もなく、借入も返済もすべてネット上で完結させることができる会社もあるので、こっそりキャッシングを利用したい方はこのような会社を選ぶようにするといいでしょう。

【関連記事】

キャッシング審査の甘い即日融資業者は闇金かも!安全な業者見極め方

銀行からの借入

最後に銀行カードローンのメリット・デメリットについてですが、既にお伝えしたように銀行は即日キャッシングに対応していません。そのためデメリットは下記の通りです。

  • 審査完了までに時間がかかる(即日審査に対応していない)

以前までは銀行でも即日審査に対応していましたが、2018年1月から銀行カードローンの審査が厳格化し、審査完了までに時間がかかるようになりました。早くても審査結果の連絡が来るのは翌日というところがほとんどのようです。

これは審査の際、警察庁の反社会勢力データベースを参照することが全銀行に義務づけられたからです。以前、誤って反社会勢力に融資を行っていた銀行があったことが判明し、再発を防止するためにデータベースとの照らし合わせが義務化されました。

この照らし合わせ作業に少なくとも1日はかかるため、即日での審査回答が不可能となってしまったのです。

銀行カードローンで即日キャッシングできないことが判明したため、即日キャッシングにおける銀行カードローンのメリットはありません。即日融資を希望する人は、クレジットカードのキャッシング機能を利用するか、即日融資対応可能な消費者金融を利用するようにしましょう。

即日キャッシングにおけるメリット、という見方を外して考えれば、銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低めなのが特徴です。融資までに少し時間がかかっても構わないという人は、銀行のカードローンを利用するといいでしょう。

【まとめ】即日キャッシングはメリットもあればデメリットもある

クレジットカードのキャッシング機能、消費者金融からの借入、銀行からの借入の3パターンのメリット・デメリットについてまとめてみました。

あくまでこのメリット・デメリットは、「即日キャッシングをするなら」という観点に基づいたものであることをご了承ください。

銀行カードローンは即日キャッシングはできませんが、消費者金融よりも低い金利でお金を借りることができます。また、社会的な信用度も高いため、消費者金融よりも利用しやすいと言えるでしょう。

各キャッシングのメリット・デメリットを見比べ、どれが一番自分に合っているのか探してみてください。

閉じる
閉じる