キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

銀行のキャッシング審査に受かる為に知っておきたい2つの特徴

銀行のキャッシングは、大変多くの方が利用しています。日常生活やクレジットカードの補填、趣味やレジャー、そして教育や養育費など、生活の一部として無くてはならいサービスだと言えます。

多くの方が活用しているキャッシングですが、いざ借りようと思うと、不安や心配を抱いてしまうものです。「どんな事を審査するんだろう?」「自分は審査に通るのだろうか?」「落ちたらどうしよう」など、銀行の審査と言うだけで構えてしまっているかもしれません。

そこで銀行のキャッシング審査について、詳しくお話ししていきたいと思います。

キャッシングに不利な人、不可な人を見てみる

キャッシングを考えると、様々な要望や疑問を持つと思います。「低金利で借りたい」「返済方法はどうすれば良いのか?」「どれぐらい借りられるだろうか?」「どういった手順で申込めば良いのか?」など、多岐にわたると思います。

同じように、銀行もあなた自身の事を知りたいと感じています。

特にキャッシングのリスクを無くしたい、貸したらちゃんと返って来るだろうかと不安を持っている訳です。

キャッシングの審査とは、それらを回避する為に存在しています。そこで審査におけるリスクとはどんなもので、どういった人が落ちるのかを見ていきたいと思います。

銀行がリスクを感じる、8つのチェックポイント

銀行はリスクを回避する為に、以下の8つのポイントを見ています。

  • 返済を何度も遅延している人
  • 複数の借入がある人
  • 雇用期間が極端に短い人
  • 銀行の審査基準から外れている雇用形態の人
  • 同時に申込みをしている人
  • 年収が100万以下の人
  • 債務事故を起こしている人
  • スーパーホワイトの人

それでは、1つずつ見ていきましょう。返済日を忘れたり、諸事情で支払えなかったりした場合、例え理由があったとしても銀行側としては困る行為です。こういった人へのキャッシングは、当然避けたいと考えるでしょう。

複数の借入がある人は、返済を複数抱えていますので、新たなキャッシングをしても良いか銀行側としても悩むところです。ここは年収との兼ね合いもありますが、4社5社と複数からの借入がある場合は、敬遠される傾向にあるようです。

雇用期間が短かったり、雇用形態が投資家、水商売、完全歩合制など収入の不安定な人は、返済する事が滞る可能性を考慮され、敬遠される傾向にあるみたいです。

たまにされる方がいますが、心配だからと同時に複数の銀行のキャッシング審査を受ける事は、避けた方が良いと思います。

あまり良い印象を銀行側が持たないようです。

リスクを避ける為でしょうが、年収が100万以下だと30万以上のキャッシングは敬遠される傾向にあるようです。この場合、限度額を下げて申請すれば審査も通りやすくなると思います。

債務事故と言われる、長期延滞や債務整理、自己破産をされている場合は、厳しい結果になる事が多いようです。

スーパーホワイトとは、信用情報機関と呼ばれる債務状況を管理している機関に、情報が載っていない人の事を言います。今やクレジットカードや車のローンなど多くの方がキャッシングを利用し、信用情報機関に個人情報が登録されています。

その為、お金を借りた事がない事は悪い事ではないのですが、全くない事が逆に不審を抱かせる結果になってしまう事もあります。これで落とされる訳ではありませんが、こういった部分も銀行はチェックしているのです。

【関連記事】

キャッシングを利用すると信用情報にはどんな影響があるの?

審査に落ちる人から見える、2つの特徴

結局のところ、銀行が審査で見る点は2つにまとめる事が出来ます。

1.お金を返せない人
2.お金を返さない人

お金を返せない人とは、収入が少なかったり、生活での支出が多すぎて返済に支障がでる可能性がある人の事です。お金を返さない人とは、収入や生活収支は問題ないのに、忘れていたり、返す意思が希薄で返済を遅延してしまう人の事です。

銀行はこの2つの特徴を持った人を審査で確認し、危険と判断した場合は落とすと言う流れのようです。

銀行がキャッシングしている人は、普通の人です

これまでの話や世間での話を総合すると、結局収入の少ない人やキャッシングに遅延や延滞がある人は、審査に通らないと感じてしまうかもしれません。しかし、これからお話しする2つの体験談を読んで頂ければ、その見方が少し変わると思います。

2人の体験談から、銀行が重要視している事が見えてくる

上記2つの特徴を参考にしながら、読んで下さい。

<1人目>
年収が600万の男性のお話しです。この方は住宅ローンや車のローンはありませんでしたが、キャッシングを1社からしていました。過去にも複数の会社から借入がありましたが、それらは既に完済していました。このような状態なので、本人は新たな銀行のキャッシングに全く不安を感じていませんでした。

しかし今回は見送らせて欲しいと、銀行から通知を受ける結果となり、かなり驚いた様子でした。どうやら過去のキャッシングの際、返済の遅延をかなり繰り返したようで、それが銀行にとってマイナス材料となり見送る結果となったようです。

生活で極端な出費もなかったので、返済の遅れが原因だと本人も感じているようでした。返済の遅延が多過ぎると、例え収入があったとしても審査に落とされる可能性がある訳ですね。

<2人目>
次は専業主婦の方です。専業主婦なので収入はありません。しかし、車の事故でどうしてもお金が必要になり、銀行を頼ったようです。結果ですが、30万のキャッシングを受けられました。

この方は以前キャッシングの経験があったようですが、その時は延滞などもなく完済されたようです。これが銀行にとっては良い判断材料となったのでしょう。銀行のキャッシングは本人の収入だけではなく、総合的な審査を踏まえて貸してくれるようです。

銀行の審査では「お金を返せる能力」と、返済日をしっかり守ったという実績、つまり「信用度」などが影響すると言えます。

それらを総合的に銀行は判断している訳です。そして体験談からも言えますが、銀行の審査に通る人は年収が高いなどの特別な人ではなく、しっかり返すいわゆるまじめな人、普通の人だと言う事もできると思います。

銀行の審査については、5つを押さえておけば大丈夫!

結局審査とは何をしているのか?何を見ているのか?審査の流れと内容を詳しく見ていきましょう。

実際の流れと必要書類を見てみましょう

審査の流れは、3つのステップに分ける事が出来ます。

申込 PCやスマホなど、WEBや銀行の店頭で行えます
審査 銀行によって審査基準があり、提出書類や信用情報機関などから判断されます
融資 専用のカードを郵送もしくは店頭で受け取り、融資開始となります

必要書類の提出は申込時に行って下さい。基本的には、本人確認書類(免許証、マイナンバーカード等)と収入証明(直近の給与明細等)の2つを用意しておくと良いでしょう。

借りる額によっては、収入証明が要らない事もありますので、それについては銀行へ確認してみて下さい。

5つの審査項目で、キャッシングは判断されます

銀行の審査項目は、大きく5つのカテゴリーに分ける事ができます。

  • 年収
  • 雇用形態(付随して、勤務先、職種、勤続年数)
  • 持家か賃貸、そして家族構成
  • 債務状況
  • 債務履歴

銀行は安定的な収入を求めています。年収も必要ですが、勤務先の規模や公務員などの職種、勤続年数が多い方が「安定的な収入」と言う点で、重要な判断基準になります。また賃貸より実家暮らし、家族を持っているより独身の方が、自由に使えるお金があるとして返済能力が高いと判断される傾向にあるようです。

※銀行は専業主婦の方にもキャッシングしますが、その場合は世帯収入を基準にしていますので、配偶者の方に安定的な収入があれば本人に収入が無くても審査は通ります。

その場合、金額によっては収入証明も不要の場合があります。銀行は債務状況と債務履歴を見る事で、その人が借りたお金をちゃんと返す意思がある人かどうかを見ます。

債務状況とは、現段階で他社から借入があるか?ローンがあるか?またそれらの返済残高がいくらあるのか、などの事です。これらが多ければ、返済能力が低下すると判断されます。

債務履歴とは、過去と現在に返済の遅延や債務事故などをしたかどうかが分かる情報の事で、これが問題なければ返済をしっかりする人だと判断される訳です。

債務状況と履歴は、信用情報機関に管理されていますので、銀行はキャッシング審査の折に必ず確認します。繰り返しますが銀行が確認しているのは、お金を返せるか?返す意思がある人か?を見ています。

言い換えれば、「返済能力」と「信用」を審査で確認していると言える訳です。

今からでもできる、借りる為の3つの対応策

お金が自由に使えて、ATMなどで24時間利用が出来るのが銀行キャッシングです。これまでのお話しで、審査についてはご理解頂けたと思います。最後は、審査を受ける前に知っておいた方が良い3つの事を、お話しします。

申込む前に、出来る事だけでもしておきましょう

実際問題、キャッシングの審査に不安を持つ方は多いですが、申込んでみるとスンナリ通る方は多いです。知らないからこそ、不安が煽られている事もある訳です。ただこれから話す3つを知っておけば、より審査に通りやすくなると思います。

1.限度額を適正にする
2.雇用期間を十分条件にする
3.遅延があれば時期をズラす

借入が複数あったり、収入に不安があるなら、限度額を低く設定しましょう。銀行は総量規制外の為、年収の3分の1の縛りはありませんが、年収の3分の1以下を限度額の目安にすると良いと思います。

雇用期間については、半年以上は必要な傾向にあります。1年以上あれば問題ないと思いますので、不安があればキャッシングの時期を少し伸ばしてみては如何でしょうか。

もし返済の遅延がどうしても気になるのでしたら、2年待ちましょう。事故情報は5年~10年残りますが、返済の履歴については直近の2年間を保存しているだけなので、2年経てば上書きされます。

ただ延滞などは2、3回していたとしても審査は通ったりしますので、過度に構えなくても問題はないと思います。

閉じる
閉じる