キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシング返済後にまた借入。返済額が残高に反映されるのはいつ?

お金を借りて、その額を返済したとしたら、利用可能額は返済した分だけ元に戻り、再度お金が借りられるようになります。しかし、返済した分の額はいつ元に戻るのかわからないとケースがあるものです。

そこで今回は、返済後にまたキャッシングをするとしたら、利用可能額がいつになれば反映されるのかについて探ってみたいと思います。

ここは知っておこう!確認をするのに数日から1週間程度かかる

返済が完了してからは、金融機関が確認をしなければなりませんので、その分時間がかかります。では、その期間について見ていきましょう。

<h3入金してから数日間はかかる点を覚えておくのが大事>

キャッシングの利用可能枠は、借りた額の分のみ減り返済したならその分は元に戻る仕組みです。

ただ、利用可能枠が元に戻るのはキャッシング会社が返済の確認ができてからとなりますので、入金が済んでから数日間はかかってしまいます。口座振替で返済したとしても、金融機関より支払いが完了したという通知が届いてから利用可能枠に反映されるので、金融機関次第では1週間ほど要する可能性もあるのです。

返済後すぐに借りたくても1週間は様子を見るようにしよう!

キャッシング会社の休日を挟むのなら、翌営業日にならなければ事務処理手続きも行えないため、平日であれば2日で終わる処理も4日や5日かかることもあります。返済が終わった後にすぐまたお金を借りたいという方も多いでしょう。

しかし、1週間ほどは様子をみなければいけません。それでもなお利用可能枠に反映されないのであれば、システムトラブルも考えられるのでキャッシング会社に確認するのが得策です。

返済の時に明細を発行してしっかりと保管をしておけば、振り込み証明も簡単にできます。それに、銀行のATMから入金したなら、預金通帳に記入されますし証明となります。

どうなるの?ネットバンキングやカード利用停止時について

ネットバンキングを利用した場合やカードが利用停止になってしまっている場合について、いつ利用可能枠が反映となるのかを探っていきます。

ネットバンキングならその日のうちに反映されるから早い!

銀行カードローンなら、それぞれの銀行のネットバンキングを利用することにより、短時間で全ての手続きが行われます。

ネットバンキングはネット上において銀行取引を行うサービスであり、残高確認や入出金、振り込み依頼といった手続きも行うことができます。パソコンのみではなく、携帯電話もしくはスマホから利用可能となっているネットバンキングも増加傾向にあり、効率的に手続きができるようになってきているのです。

キャッシングの返済に関しても、大体はその日のうちに反映されるので、スピードを重視している方にも適しています。ネットバンキングだとメンテナンス時以外はいつでも利用できるので、営業時間は気にする必要がない点も大変に便利です。

利用停止は解除になるまで数日かかるから知っておこう!

キャッシュカードが利用停止になってしまう場合もあるかもしれません。

その場合にも利用停止が解かれるまで数日かかります。

遅延の場合では、キャッシング会社が返済を確認してから利用停止解除となるのです。とは言え、遅延を何度もしているなら利用している側の資質に難があると判断され、すぐには解除してもらえない可能性もあります。

それに、強制解約となる場合や利用可能枠を減らされてしまうことも考えられますので、注意しましょう。もし強制解約となったなら、新たに借りられなくなり返済のみとなり、完済したと同時に契約も終わります。

事情による遅延やきちんと返済意思があるなら、自分から業者に連絡をするのが賢明です。

【関連記事】

キャッシングの延滞に注意!6つのデメリットとたった1つの対策法

知ってた?その都度入金するのと口座引き落としでは事情が異なる

返済の仕方にはそのたびに入金する手段と口座引き落としをする方法とがありますが、利用可能枠の反映には違いがあります。それはどういった点なのでしょうか。

口座引き落としではリアルタイムで情報が更新されない!

口座引き落としだと1週間ほどかかると先述していますが、その事情についてさらに仕組み等をご紹介いたします。キャッシングの返済を終えた後に再度借り入れをする場合には、利用可能枠に余裕のある必要があります。

30万円の利用可能枠があり10万円を借りている状態なら、後20万円借りられるということになります。こうした情報についてはキャッシング業者と直に取引をしているのなら、すぐに反映されるものですが、口座引き落としであれば事情が異なる点は把握しておく必要があるのです。

リアルタイムで情報が更新されないので、1週間ほどは反映されないということです。

それまでは、返済の引き落としがされても利用可能枠が増えません。もし利用限度枠の一杯まで使っている場合には、返済後にすぐ借りられない可能性があるため、気を付けましょう。

返済のデータが反映となるスピードが異なる!

なぜ口座引き落としで返済したにも関わらずすぐに融資枠が増加しないのかと言うと、それは『返済された』というデータが反映されるスピードが違うからです。

また、キャッシング業者に直に返済ができるATM返済では、その時点で業者に情報が伝わるために処理もすぐに行われ限度枠も増加します。銀行振り込みなどでは、入金に時間がかかり時間外では翌日となる可能性が高いのです。

それに、キャッシング業者の中には直接銀行と契約しておらず、代行会社に口座引き落としの仲介を依頼しているところもあり、1週間程度かかってしまう理由となっています。

利用可能額の反映に気を付けて上手に借り入れをしよう!

入金してから利用可能枠が反映されるまでは、数日間は余裕を見る必要があります。返済後すぐにお金を借りたいという方も、1週間はかかると把握しておきましょう。振り込みだと、代行業者に引き落としの仲介を依頼していることがあるからです。

また、振り込んだデータがすぐに反映されないという点も、1週間かかる理由です。ただ、ネットバンキングを利用して返済した場合には、すぐに利用可能枠が反映される可能性があります。

</h3入金してから数日間はかかる点を覚えておくのが大事>

閉じる
閉じる