キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

学生でも借りられる即日キャッシングおすすめ4選

学生生活をどうお過ごしですか?学業やサークル活動、趣味や遊びに就職活動と、先立つものが多いだろうと思います。また、食費やスマホの代金など生活必需品にも何かとお金は掛かります。

仕送りやバイトで賄っていると思いますが、どうしても緊急で「今」必要という事もあるでしょう。そこで今回は、そんな時に役立つキャッシングのお話しをしたいと思います。突然の出来事にも即日に対応できる便利な活用法も併せてお伝えします。

キャッシングって、なんだか怖い!みんな使っているの?

本音を言うと、キャッシングする事に少なからず抵抗があるのでは無いでしょか?確かに、お金を借りる事を恥ずかしいと思う方もいるようですし、キャッシングの審査って何をするんだろうと不安を持つ方や、TVやインターネットで金銭トラブルなど見ると心配にもなるでしょう。

しかし、キャッシングは多くの方に利用され今では生活の一部となっています。例えば携帯電話の割賦契約や車のマイカーローンなどは、社会人だけではなく学生さんも活用している身近な一例です。

急な出費で即日キャッシングしたいなんて事は、社会人よりむしろお金の少ない学生の方が思う事でしょうね。

でも、学生って借りられるの?

ですが、いざキャッシングしようとすると「学生に借りられるのかな?」と疑問を持たれるかもしれません。周りの友人や知人が使っていればそんな不安もないでしょうが、先ほども述べたように恥ずかしさなども相まって、普通は知らない事の方が多いと思います。

ただ、学生の為のクレジットカードや学生ローン、消費者金融や銀行系のカードローンなどで、実際に借りている学生は意外に多いのです。

できれば即日借りて、自由に使いたい!

「他人が借りている=自分が借りれる」訳ではないですが、学生でもキャッシングは出来ます。ただいくつか条件がありますので、それをこれからお話ししていきます。

知っておきたい基礎知識!なぜ学生でも借りられるのか?

それでは基礎知識として、キャッシングの大まかな分類と決まり事をお話ししていきたいと思います。お金を貸すと言う事業が、世間に浸透している事と共に、しっかりしたルールがある事を理解して下さい。

大きく分ければ5つある、学生が活用できるキャッシング

学生が出来るキャッシングには親権者の同意が必要なものと、必要ないものとに分かれますが、それを前提として大雑把ですが5つに分ける事ができます。

    • <同意が必要なし>
    • 学生専用クレジットカードのリボ払い、キャッシング枠
    • 消費者金融系キャッシング
    • 銀行系カードローン
    • 学生ローン

<同意が必要>

  • その他の融資(車・奨学金など)

学生ローンは審査や金利の面で、消費者金融系や銀行系のキャッシングは多額に借りられる面で、それぞれ選ばれています。

即日キャッシング出来るのは、消費者金融系と学生ローンの2つになりますので、おすすめです。

クレジットカードや銀行系のカードローンは、その日からのキャッシングが難しく、数日から1、2週間掛かる事もあります。

学生は未成年?審査って何?キャッシング制度を守る3つのルール

次はキャッシングの基本的な法律と制度について見ていきましょう。

1.総量規制
原則として、借入総額が年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

貸金業法では、原則収入のある人に対してのみ、貸付する事が出来るとなっています。故に収入の無い人にはキャッシングする事が出来ないのですが、裏を返せば「収入が有れば」学生でも借りられる事を意味しています。

2.民法
<民法第4条>

年齢二十歳をもって、成年とする。

<第5条(未成年者の法律行為)>
1 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。

2 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。

分かりにくく書かれていますが、19歳以下は未成年となり、契約を結ぶなら原則として保護者の同意がいりますよという事です。そして同意なく、未成年が独りで行った契約は取り消す事ができるのです。その為、未成年との契約をする事を業者は、かなり慎重になります。

民法では未成年は社会的経験が少ないため、十分な判断ができないとして法律で保護すべきと考えています。キャッシング業者もその背景から、20歳以上である成年でなければ、キャッシング契約を結ぶ事は原則行わない傾向にあります。

逆に、20歳以上なら学生でも契約OKとなる訳です。

世間で学生がキャッシングしている背景には、このような決まり事があります。ただ未成年に単独で契約を迫る業者はその時点で法を破ろうとしています。その後の契約を順守するとは到底考えられないので、そのような話には十分気を付けて下さい。

3.信用情報機関

総量規制の実施に伴い、指定信用情報機関制度の導入がされました。総量規制とは、消費者がお金を借り過ぎないようにする事を目的としています。その為、借りたいと言ってきた人がその段階で借り過ぎていないか債務状況を、キャッシング業者は確認しなくてはなりません。

それを閲覧出来るのが、信用情報機関となります。

キャッシングの審査って何をするんだろうと不安に思う学生の方もいるでしょうが、要はお金を借り過ぎないように事前のチェックを行っているだけです。

チェック項目は「返済能力」と「信用」についてです。返済能力は返済できる収入が有るのか判断し、年収などをチェエクします。信用とは返済日の約束をしっかり守ってくれるか判断する為の、債務履歴のチェックとなります。

一般的に学生の方は、キャッシングを初めてする方が多いので信用情報機関に債務履歴が載っていない事もあります。この状態を「スーパーホワイト」と言います。これは業者にとって信用に値する情報なので、審査に過剰な不安を持たなくても大丈夫です。

【関連記事】

キャッシングを利用すると信用情報にはどんな影響があるの?

どうやって借りるの?

これまで、どういったキャッシングがあって、即日借りるならどれにすれば良いのかお伝えし、そして学生でも借りられる制度部分について見てきました。次はもう少し具体的に、どのように借りるのかについてお話ししていきます。

申込んでから借りるまでの流れ

①業者を決める 自分に合ったキャッシング業者を選びます
②申込みをする WEB・電話・店舗で必要書類を提出します
③審査を受ける 返済能力と信用をチェックし判断されます
④契約と借入れ 契約内容の説明後、サービスの開始です

まずは自分に合ったキャッシング業者を選びます。多めに借りたい、毎月の支払いは安く抑えたいなど、自分の状況を考慮した会社を選んで下さい。即日欲しい場合は、消費者金融系と学生ローンとなります。

申込は、WEB上で行うか、お店で直接行えます。必要な書類は消費者金融は本人確認書類と収入証明となります。学生ローンは、学生証と本人確認書類、そして収入証明となります。

※本人確認書類は免許証・パスポートなどです。収入証明は直近2カ月分用意しましょう。

審査

審査は先程もお話ししましたが、返済能力と信用を見ています。どれぐらい貸すかは、どれぐらい稼いでいるかによります。これは総量規制との兼ね合いもあります。また審査と言う点では、学生にとって一人暮らしか実家暮らしは重要なポイントになります。

実家とは違い、生活費、光熱費などが掛かってきますので、当然返済に影響する事が考えられます。また仕送りがあるかないかで、印象が違ったりします。

主に収入面で判断されますが、支出面も見られますので見直してみて下さい。

借りる~返済まで

実際に借りる場合、カードか振込による入出金になります。その際、時間に注意して下さい。

カードの場合はATMにて遅い時間でも借入や返済が出来ますが、振込の場合は銀行の営業時間を考慮しなければいけません。

振込で借りる場合は、振り込まれる時間を考慮し午前中には連絡しておいた方が良いでしょう。返済の時も、余裕を持って返済日の13時ごろまでにする方が良いと思います。

即日お金が必要となると、カードが便利です。キャッシングのカードは消費者金融系のほとんどが発行しています。また学生ローンの中にもカード利用できるものがありますので、時間を踏まえるならカードでの利用をおすすめします。

即日借りるなら、消費者金融系か学生ローン

では次に、学生の方がどういった理由でキャッシングしているのか見てみましょう。また、実際に消費者金融と学生ローンのどちらを借りるべきか悩まないように、2つを比較してみましょう。

学生が借りる主な理由

  • 卒業旅行
  • 就職活動
  • 資格の為の教材代と試験代
  • 急な飲み会・コンパ
  • 免許
  • サークルの活動費
  • 生活費

社会人のキャッシング理由の上位は、生活費やクレジットカードへの補填や事故や病気などの費用となっていますので、学生のキャッシングは社会人の方とは違い、イベント事で必要になるケースが多い傾向にあるようです。

ただ学生の方は社会人と違い収入が低い為、イベント事が重なったりすると突然お金が必要になり、まとまった額を即日キャッシングする事もあるようです。

どちらを借りるべきか?

基本的には、どちらを選んでも問題はありません。借りられる額や審査に特別な違いはないので、利便性や自分の都合に合わせて選んで頂ければ問題ありません。

消費者金融 学生ローン
限度額 ~500万 ~50万
カード 有り 無し(有る場合もある)
金利 ~18% ~16.8%
審査 フリーターとして見る 学生として見る

※一般的な比較です。金額や金利は会社によって違います。

審査についてですが、学生ローンは学生の為のローンなので配慮はあると思いますが、それで審査に通りやすいとはならないでしょう。審査はあくまでも、それぞれの会社の基準をクリアするかどうかで決まるものと考えておいて下さい。

お金を借りる上での注意点と、おすすめ4選

それでは、おすすめのキャッシングをお話ししていきたいと思いますが、その前にキャッシングをする上で是非覚えておいて欲しい、心構えをお話ししていきます。

キャッシングをするなら、3つの注意点を守る

1.ヤミ金はダメ

貸金業者の中には法律などを無視して、お金を貸し付ける業者がいます。「審査なし」「即日融資」「収入証明はいりません」などの言葉で勧誘し、実際に借りたくなってしまうかもしれません。

しかしこういった場合、金銭トラブルに巻き込まれてしまう事が多々あります。気を付けましょう。

※金融庁のホームページで無登録業者(ヤミ金)を簡単にチェックできます。

2.延滞はダメ

計画的に使うと便利なキャッシングも、延滞すると今後の人生に悪影響を残します。学業やサークルなどお金が掛かる事も多いでしょうが、収支のバランスを考慮して計画的に利用して下さい。

また返済日を、つい忘れてしまう事もあると思います。しかし、延滞した記録はある程度の期間、信用情報機関に残り社会人となってから影響するかもしれませんので、十分気を付けて下さい。

3.借り癖はダメ

キャッシングによってお金に余裕が出来てしまい、つい欲しい物を買い過ぎてしまう何て事もあるかもしれません。しかし、借りたお金は返さなくてはいけません。

例えキャッシングする事が自由だとしても、必要な時にしか使わないと肝に銘じておいて下さい。無計画に借りてしまうと、稼ぐ事よりも借りる事が当たり前になり、大きな金銭トラブルへと発展していきます。気を付けて下さい。

おすすめ!消費者金融と学生ローン4選

それでは最後に、おすすめをご紹介します。学生でも即時キャッシング出来るものを集めましたので、参考にして下さい。

プロミス

申込方法 無人契約機・WEB(WEB申込の場合、カードは郵送か無人機での受取の2つを選べます)
審査・所要時間 45分~1時間
必要書類 本人確認書類(免許証など)、収入証明2ヶ月分
借入・返済方法 カードならATM24時間利用可能・振込なら14時までに手続き

無人契約機の営業時間は22時までです。どうしてもその日の借入をご検討の場合は、手続きの時間を考慮して無人契約機に入るタイムリミットをお考え下さい。

アイフル

申込方法 無人契約機・WEB(WEB申込の場合、カードは郵送か無人機での受取の2つを選べます)
審査・所要時間 40分~50分
必要書類 本人確認書類(免許証など)、収入証明(原則50万以上の借入、他の業者からの借入れの合計額が100万以上の場合は必要となります)
借入・返済方法 カードならATM24時間利用可能・振込なら14時までに手続き

無人契約機の営業時間は22時までですが、審査に時間が掛かったり、必要な書類を急遽別途で用意したりなどあるかもしれませんので、余裕を持ってお申込み下さい。

インターネットで申込んだ後フリーダイヤルにお電話を掛けると、審査時間が短縮されるサービスもございますので併せてご利用下さい。

アコム

申込方法 無人契約機・WEB(WEB申込の場合、カードは郵送か無人機での受取の2つを選べます)
審査・所要時間 45分程
必要書類 本人確認書類(免許証など)、収入証明2ヶ月分
借入・返済方法 カードならATM24時間利用可能・振込なら14時までに手続き

無人契約機の営業時間は22時までです。また本人確認書類や収入証明になる書類などは複数ありますので、一度ホームページでご確認下さい。

学生ローン カレッヂ

申込方法 WEB・店頭
審査・所要時間 1時間程
必要書類 学生証・本人確認書類、収入証明、キャッシュカード
借入・返済方法 カードならATM24時間利用可能・振込なら14時までに手続き

学生ローンの中では珍しく、カードが使用可能となっています。全国のセブンイレブンにてATMでの利用が可能となっています。

閉じる
閉じる