キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

明日までにお金を用意したい…24時間キャッシングの便利な活用法!

キャッシングはインターネットでの申込みが主流になっていますが、土日や深夜、会社が営業していない時間に借りる時はどうなるのでしょうか?

キャッシングは金融機関や信販会社、消費者金融など、多くの所で可能です。土日や深夜にすぐにお金を借りたい!という時は「消費者金融」をおすすめします。

なぜなら、銀行や信販会社は営業時間が短く、土日は休業日なので、すぐに借りたい、という人には不向きだからです。

今回は消費者金融のキャッシングをメインに疑問を解消していきたいと思います。

キャッシングは24時間いつでも利用可能?

新規で借入れをする場合、24時間いつでもお金が借りられるかどうかは、明確に言うと「NO」です。

新規で借入れをするには、まずご自身の収入、借入れ状況などの審査があり、その審査に通らないと融資をしてもらえません。この審査には、最短でも30分は必要とします。

飲食店でもラストオーダーの時間が決まっているように、その日のうちに借入れをするには、借入先の営業終了時間の、最低でも1時間前までには申込みをする必要があります。

このラストオーダーの時間までに申し込みをできるかどうかがカギになります。

キャッシングの申込み方法は、店頭、自動契約機、電話、郵送などがありますが、現在はインターネットからの申込みが主流です。

インターネットの申込みの利点は、審査項目は質問に沿ってチェックするだけ、通常提出が必要な本人確認書類や収入証明などは、写真に撮って送信するだけという所です。もちろんスマートフォンからの申込みも可能です。

早ければ30分ほどで審査が終了します。その後の来店も不要です。

契約完了後はどのようにお金を受け取るのでしょうか。主に2つの方法があります。

①振込みキャッシング

指定口座に振り込んでもらうキャッシング方法です。

契約した消費者金融の会員サイトなどから振込みの依頼ができます。銀行の営業時間の兼ね合いがあるため、即日振り込んでもらうには、14時頃までに申し込みをした方が確実です。

かなり限定されてしまいますが、ご自身の指定した金融機関の口座が消費者金融と提携していれば、深夜でもすぐに振り込んでもらうこともできます。

例えばプロミスですと「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」と提携しているので、この口座を持っていれば深夜でも手数料をかけずにすぐに借入れができます。

このサービスは最短10秒で振込まれるという、スピード対応が特徴です。

②ローンカード受け取り後、ATMで借入れ

契約後、自動契約機でローンカードを受け取ることができます。ただしローンカードが受け取れるのは、自動契約機営業中に限るので注意が必要です。

カードを受け取ったらそのまま自動契約機か、コンビニなどのATMで借入れができます。

大手消費者金融の自動契約機の営業時間は下記になります。

営業時間終了までに契約を済ませ、ローンカードを受け取りましょう。

大手消費者金融 自動契約機の営業時間

アイフル 8時~22時
アコム 8時~22時
SMBCモビット 8時~21時
プロミス 9時~22時(一部店舗21時まで)

深夜・土日の利用方法は?

深夜時間帯や土日では、借入れできないのでは?と思う人もいらっしゃると思います。

まず、深夜時間帯に借りたい時は、ローンカードがないと借入れができません。反対に言いますと、カードさえあればコンビニのATMなどで24時間借入れができます。

キャッシングの申込みだけならインターネットから24時間できますが、遅い時間だとその日のうちに審査ができないので、借入れができるのは早くても翌日以降になります。

ローンカードを作る為には、消費者金融の営業時間中に申込みをしておく必要があります。カードは郵送も可能ですが、自動契約機で受け取ることができます。

自動契約機は営業時間が決まっているので、インターネットで契約を済ませておくと、スムーズに借入れができるでしょう。

消費者金融では土日も自動契約機が営業していて審査も可能ですので、土日にどうしてもお金が必要という時は消費者金融を利用しましょう。

ただし、土日は勤務先がお休みの方は在籍確認が取れない為、借入限度額が下げての融資になる場合があります。在籍確認が取れたら限度額も上がります。

また、アコムやプロミスでは、提携先の金融機関の口座であれば24時間直接融資金を振り込んでくれる、振込みキャッシングのサービスがあります。

初めての申込みの注意点

初めて申し込みをする際の注意点ですが、やはり申込みのタイミングです。

急な入用はどうしようもないのですが、何日か余裕ができるなら、銀行カードローンの方が消費者金融に比べ、基本的に低金利なので、利息も安く済むのでおすすめです。

しかし、すぐ返せるような少ない金額でしたら、消費者金融で借りる方がいいかもしれません。

なぜなら、消費者金融のサービスで、新規申し込みの方は30日間利息がかからない、というサービスがあるからです。金利は銀行よりも少し高い設定ですが、借りやすさから言っても消費者金融の方が便利です。

外したいタイミングとしては、22時以降の深夜時間帯です。消費者金融の営業時間は遅くても22時までです。

この時間までに契約ができなければ、翌日の営業日、開店時間から順次審査となります。

即日融資希望であれば、営業終了時間の一時間前までにはなんとしても申し込みをしましょう。

その際契約に必要な書類がいくつかあります。

・本人確認書類(免許証・パスポートなど)

・収入証明(源泉徴収票・給与明細など)

こちらを用意しておきましょう。

借入れが少額の場合は、収入証明が不要な会社もあります。事前に確認してみて下さい。

借入れの経験がある人は、土日や深夜の利用方法や、手数料についても心得ていると思いますが、初めて利用する人は細かいところまではわからないと思います。

おすすめなのは自動契約機を探して、オペレーターと対面で契約をする方法です。

わからないことは教えてもらえますし、その場でカード発行・借入れが出来るので面倒がありません。

【関連記事】

即日融資キャッシングのメリット・デメリット。初めてのご利用前に

ハードルは比較的低い!必要な金額のキャッシングを

今回の記事のポイントをまとめると下記になります。

①土日祝の申込みでも借入れは可能。

②全日、夜間に借りるなら消費者金融。営業終了は21時~22時のところが多いので注意。

③ローンカードがある、24時間振込みキャッシング可能な口座を持っている場合は、深夜でも借入れ可能。

選択肢はありますので、審査に通過できれば、夜間の急な借入れも難しくはないようです。

状況に合わせ、無理のないキャッシングをしましょう。

閉じる
閉じる