キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシングできる人とできない人がいる!その違いの理由とは

お金に困った時に頼りたいのが、キャッシングです。消費者金融や銀行に個人の小口融資を申し込むことになるのですが、当然審査があります。審査に通る通らないは、その人個人の問題です。

しかしそれ以前に、キャッシングに申し込みできる人とできない人がいます。と言うのは、申し込み条件があるからです。

申し込みできないとなると、その人はかなり困ったことになるのですが、どういった人が申し込みの段階でキャッシングできないのでしょうか。その理由も含めて調べてみたいと思います。

キャッシングやカードローンは審査の前に申し込みできない人もいる!

キャッシングは、お金に困った人にとってはいざという時に助かる金融商品です。ただ、お金を借りる以前に審査があるのは多くの人が知っており、何かと話題になります。

審査に落ちると当然お金を借りることができなくなるので、なんとかして審査に通ろうと頑張ったり、なんとかして審査が甘いと言われる消費者金融を探したり、いろいろな努力をしている人は後を絶ちません。

しかし、実際にはそれ以前に申し込み条件があり、これをクリヤしないと申し込みしても意味がなくなってしまいます。

  • 年齢が20歳以上
  • 安定して継続した収入がある
  • 会社の条件を満たしている  など

厳しいところでは、例えば銀行カードローンなどでは、年収の条件を持っているところもありますが、消費者金融を中心に大よそこのような内容が条件にあります。

年齢や安定した収入は融資後の返済を考えると大切な条件!

もちろんこの条件を満たしてなくても申し込みだけならばできるかもしれませんが、審査以前にお断りの連絡が入るのは目に見えているでしょう。そもそも条件としてあるのは、何故かを考えるとわかるかと思います。

消費者金融にしても銀行にしても、融資をしたら返してもらうのは当たり前なのですが、その返済ができるかどうかが重要です。

特に消費者金融の場合は、返済に伴う利息が会社の利益になるので、返済がなければ会社は倒産してしまいます。

だからこそ、返済に不安はないのかを審査するのですが、条件がそろっていない人はまず返済が難しいことはわかると思います。

年齢については、人によって考えが違うかもしれませんが、今の社会ではこの20歳は一つの目安と言えます。

無職は申し込み自体が難しい!その理由はやはり収入に問題があるから

キャッシングやカードローンの条件を見ればわかるように、収入がない場合は、融資はまず無理です。

ということは、無職の場合、収入がないので申し込みしてもダメでしょう。申し込みしても審査に落ちるのは目に見えています。その情報も信用情報に記録されます。(厳密に言えば、審査に落ちたと言う記録ではないのですが。)

無職ならばまずは働く!それがダメなら公的支援を考えるのがいい

無職ならばまずは働くことから始めるのが、やはり順当ではないかと思います。まずはアルバイトでも構わないと思います。それが続けば、キャッシングの申し込みも可能となってきます。(アルバイトを始めたばかりなど、働いた実績がなければキャッシングは当然審査に落ちますが。)

しかし、世の中にはいろいろな人がいます。例えば、病気の為に働けない人もいます。家族の介護をしなくてはいけないので働けないなどの理由を持っている人もいるかもしれません。

そんな時は、迷わず役所や福祉事務所などを訪れ、公的支援を申し出るのが大切だと思います。黒太文字

専業主婦や学生は?収入があれば少なくてもキャッシングは可能だが…

無職と同じく、よく話題にのぼるのが専業主婦や学生です。専業主婦だとやはり無職になります。

学生の場合は、アルバイトをしていることが多いのですが、大学や専門学校に通いながらなので、収入額として見ると、あまり多いとは言えないかもしれません。となると、やはり返済が難しいと判断されるのでしょうか。

専業主婦は消費者金融では借りられないが銀行カードローンならば可能

専業主婦の場合も、やはり収入がないので無職と同じ扱いと言えます。

その為、消費者金融からの借り入れはできません。

できるとしたら、総量規制の例外としての「配偶者貸付」になります。しかし、これは配偶者の同意が必要になります。配偶者に秘密で借りたいと思っている主婦が多い為、まずこの方法での借り入れは難しいと言えます。

それ以前に、消費者金融の場合、専業主婦の申し込みを受けているところはほとんどありません。

申し込みを検討するならば、銀行カードローンの方が可能性はあります。当然審査は受けなければいけないのですが、消費者金融と違って、銀行は法律の縛りがありません。銀行の方としても、専業主婦でも借り入れ可能を謳っていることは多くあります。

学生のアルバイト収入は続けば大丈夫?ただし融資額は小額の可能性が

学生と言っても、一般的に高校生以下はキャッシングの対象にはなりません。と言うよりも、多くは年齢として20歳以上が条件になっている為、高校を卒業してもすぐは無理でしょう。

そして、キャッシングに申し込むには安定した収入が必要ということで、アルバイトではどうだろうか、と心配になる人は多くいます。

学生でも20歳を超えていて、アルバイトでも構わないので継続して収入があれば、審査に通る可能性はあります。

逆にアルバイトを始めたばかりだと、収入に安定性を見られないので、審査に通るのは難しくなります。アルバイトと言えども、ある程度続けている方が、審査には有利です。

自営業はキャッシングできるが審査は厳しい?気をつけることは

自営業と言っても、従業員が多く手広く事業を起こしている人もいれば、家族経営で頑張っている人もいます。ピンからキリまでと言えるかもしれません。

そんな自営業ですが、キャッシングを検討する場合、なかなか難しい立ち位置と言えます。と言うのは、自営業の場合、会社規模のよっては毎月の利益、いわゆる収入が安定していると言えない可能性もあると判断されます。それどころか、キャッシングに申し込みするのは、事業の資金繰りが苦しいのではないかと推測されてしまうからです。

基本的には多くの場合、キャッシングの使途理由は自由と言っても事業性での使用は認めていない商品が多くあります。もちろん、自営業だってショッピングや旅行などにキャッシングを利用していけない訳ではありません。

しかし、自営業の人が審査に通ったとしてもその融資額を事業性に使っていないとは証明しにくく、実は経営状態が良くないのを誤魔化している場合が全くないわけではないからです。

その為、自営業の場合は、審査が厳しく見られる可能性が大いにあります。

自営業は審査には不利!審査に通る為に注意することは?

審査に厳し目に見られるとはいえ、自営業の人がキャッシングに申し込みをしていけないわけではありません。もちろん、キャッシングに申し込みをし、融資をしてもらうのは自由です。ただ、一般的な状況として不利なだけです。

ならばどうすればいいのか、何に注意をすれば融資がスムーズに行くのでしょうか。

  • 利用目的をはっきりさせておく
  • 必要書類を前もって用意しておく
  • 嘘の申告はしない       など
自営業者だと、どうしても安定した収入があるかどうかを厳しく見られます。また、収入を証明する為の書類提出を求められることも少なくありません。他にも、事業性資金にするつもりがないことをしっかりと言えるよう、融資額の使い道をはっきりしておく方がいいです。

出来るだけスムーズに審査が進むよう、出来る準備はしておく方が、負担が少なく済みます。

できることはやっておく方が安心ですが、それでも自営業者として不安ならば、事業性での使用を認めるキャッシングもあるので、そちらを利用するのも有りだと思います。

キャッシングのできない理由をしっかりと受け止めて自分を振り返ろう

世の中にはいろいろな職業、職種、生活状況の人がいます。それが、キャッシングを申し込むのに適しているかどうかは難しく、なんとも言えない部分があります。とはいえ、無職ならばともかく、少しでも働いて収入があるのならば、遠慮はいりません。

もちろん、自分の状況をしっかりと理解したうえで、真摯に真面目に、いかにお金が必要か、いかにお金をきちんと返済していけるのかを伝えれば、審査通過への道は開けていくはずです。

学生生活をどうお過ごしですか?学業やサークル活動、...

専業主婦の方にとって、お金のやりくりは大切な仕事の...

フリーランスや個人事業を営んでいる方が、事業を開始...

12
閉じる
閉じる