キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

無職だとキャッシングできない理由。可能なケースはどんな場合?

最近のキャッシング事情は、正社員じゃなくてもバイトやパートでも利用が可能です。職業の違いもあまり影響しませんし、安定的に就業していれば利用できます。ですが、無職の場合はキャッシングすることができません。しかしながら、なぜか借入できる条件もあるのです。今回は、無職だとキャッシングできない理由と、無職でも条件によって借入できる理由を詳しくご紹介します。

無職がキャッシングできない理由は、ハッキリしている

無職の人とは、収入が全くない人のことを指します。収入が無い人が借入しても返済できる能力はありません。

返済能力のない人に貸付する業者はいません。

これがキャッシングできない理由です。

ちまたで、「無職でもキャッシングできる!」という甘い言葉を目にする機会も少なくありませんが、通常では無職の人がお金を借入できる訳がありませんから、甘い言葉に騙されないようにしましょう。

フリーターとアルバイトは同じではない!

正社員に関わらず、パート、アルバイトであってもキャッシングを利用することができますが、フリーターの人はどうでしょうか?フリーターは概ねアルバイトで生計を立てている人が多いと思いますが、日雇いの様な働き方の場合は、キャッシングを利用するのは難しいと思います。

同じ職場で長くアルバイトで働いている人は安定的に収入を得ています。日雇い派遣の様な働き方でフリーターとして働いている人も、アルバイトなのですが、収入はその日によって変動があり、安定していませんから、キャッシングができないのです。

アルバイトをするなら、安定した収入が得られるように、一か所で定期的に就業した方が有利です。

総量規制の施行で、無職の人の借り入れできる余地は無くなった!

総量規制という言葉を知っていますか?個人の借入れ総額が年収の3分の1を超えない様に制限し管理されることを言います。

個人の借入れの状況は、信用情報機関に厳密に管理されており、借入に関する情報の全てが登録されています。

貸金業者は新規貸付の申込みを受けた場合、申込者が年収3分の1を超えていないか、キャッシング可能な人であるかどうかを調査します。これは義務づけられており、罰則もありますから、キッチリ調べられることになります。

貸付窓口が厳しくなった今、無職の人の借入れできる余地は全く無くなったのです。

信用情報機関では借入れ状況が丸見え!

信用情報機関は3つあります。JICCC(株式会社日本信用情報機構)は主に消費者金融と信販会社、CIC(割賦販売法、貸金業法指定信用情報機関)はクレジットカード会社と信販会社、JBA(全国銀行協会)は銀行及び銀行系カード会社が会員となって個人の情報を登録しています。

それぞれの信用情報機関は、お互い情報を共有していますので、黙っていても、どこから借入して残高がいくら残っているのかという事は丸見えなのです。

ウソをついて申請しても、貸金業者には全部お見通しです。

延滞、債務整理などのマイナス情報は残る!

登録された、申込み日時、借入日時などの情報は1カ月程度で更新されますが、借入で重大な事項となる「延滞」や「債務整理」、「多重申込」については、下記の表の通り長い期間登録される事になります。この情報が残っているうちは、借入申込は通りません。

延滞情報 5年
債務整理 5年
多重申込 6か月

銀行ローンは、総量規制の対象外!無職はどうなる?

年収3分の1までの借入れでなければならない総量規制の対象は、貸金業者や、信販会社、カード会社のキャッシング部分についてのみです。銀行からの借入れは総量規制の対象外となります。

総量規制の対象外という事で、簡単にお金を借入できると思うのはよろしくありませんが、年収が無くても借入できる可能性を秘めている事に気づきましたか?

専業主婦(夫)という名の無職は、キャッシング可能!

銀行ローンであれば、専業主婦はキャッシングできる可能性があります。
何で主婦だけキャッシングできるの!?と怒れる人もいると思いますが、専業主夫もまず大丈夫でしょう。

専業主婦(夫)の場合の条件は、「配偶者に安定した収入があること」になります。

安定収入が配偶者によって保証されれば、貸付可能という訳です。この場合の借入者は専業主婦(夫)本人になります。また、配偶者に知られず借入できますから、プライバシーも保たれながらキャッシングすることが可能です。

専業主婦(夫)の借入れ限度額は、固定されていることが多く、30万程度になるのが一般的です。

年金受給者のキャッシングは可能である

年金受給者は2ヶ月に1回、定期的にお金を受取れ、まるで給料みたいなイメージではあるものの、収入とは認められない為、総量規制の下にある、貸金業者からの借入れはできません。

しかし、違う側面からみると、年金とは国から支給されるお金であり、安定的に受給できることは明確です。

その点を踏まえて、銀行ローンであれば年金受給者でもキャッシングが可能ということになります。

実際に、大手銀行から中小の地元の銀行でも、年金受給者のローンを受けているところは多数あります。ただし、年齢制限があり、65歳~69歳ぐらいが限度となります。

キャッシングしたいなら、まずは無職から抜け出すこと

専業主婦(夫)や年金受給者が無職の場合は、銀行ローンであればキャッシングできる可能性があることがご理解頂けたと思います。

当たり前の話になりますが、無職でキャッシングは上記の例外を除きできません。完全に無職でキャッシングできる会社を探している人より、フリーターで探している人の方が多いと思います。近年は働き方が多様化して、正社員以外にパート、アルバイトでもキャッシングしやすい時代になりました。

その代わり「安定した収入があるか」、つまり定期的に就業しているかを重要視されています。日雇いバイトは働きたい時に働いて、お金を稼げるので人気がありますが、キャッシングやローンを組もうと思うなら一つの勤め先で就業するアルバイトをお勧めします。まずは、フリーターという無職から抜け出しましょう。

誠実に働いた証は給与明細である

キャッシングの時にとても大切になるのが、給与明細や源泉徴収票です。必ず提出する資料になりますから、日頃から丁寧に保管しておきましょう。給与明細や源泉徴収票は、貴方が誠実に働いた証明書となり、次のキャッシングに役立ちます。

閉じる
閉じる