キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

即日キャッシングは総量規制の対象?借入限度額の決まり方

買い物をしていて会計にいったら肝心の財布の中にお金がなかった、なんてことはよくあることですよね。

そんなときは自分の持っている金融機関の口座からお金を下ろせば済む話ですが、毎回都合よく口座からお金を下ろせるとは限りません。

キャッシュカードを持っていなかったらお金は下ろせませんし、口座にお金がないということもあるでしょう。

口座にお金がない場合はやるべきではありませんが、例えば今すぐお金が必要だけどどうしても買い物をしなければならないという状況になったときには、即日キャッシングという方法があります。

しかし、キャッシングには総量規制というものがあるのを知っていますか?

知らないひと必見!キャッシングに大きく関わってくる総量規制とは?

キャッシングやカードローンという言葉に馴染みがあるというひとでも「総量規制」という言葉に馴染みがあるというひとは少ないと思います。

では、「総量規制」とはなんなのでしょうか。

  • 総量規制とはどういったものなのか

ここの項目では、あまり聞くことの少ない総量規制というものについて説明したいと思います。

キャッシング商品を扱う会社が営業するために守らなければいけない

銀行のカードローンなどでお金を借りることができるキャッシングにも、さまざまな決まりごとがあります。

その決まりごとのひとつである「総量規制」は「収入と借入のバランスをみて、借り入れることのできる金額に規制があること」をいいます。

キャッシングを利用するひとの収入に関わってくる制度ではありますが、主にキャッシング商品を扱っている業者が守らなければならない決まりです。

総量規制を守らないとキャッシング業者は営業ができないことになってしまうので、キャッシングにおいて総量規制は絶対的な存在であると言ってもいいでしょう。

【総量規制とは~その1~】

  • 「資金業法」で決められている規制のこと
  • 貸金業を営んでいる企業は総量規制を守らないと営業ができない

収入分を超えないための制度である総量規制は利用者を守るための規制

そして総量規制は貸金業法で決められた制度で「収入の三分の一以上の金額を貸し付けてはいけない」という決まりです。

キャッシング業者が守らなければならない決まりとはいえ収入の三分の一以上は借りることができないという規制なので、利用者側にもあると安心する制度ですね。

【総量規制とは~その2~】

  • 「貸金業者は利用者に年収の三分の一以上を貸付してはいけない」という決まり
  • キャッシング利用者の借り過ぎを防ぐ意味もある

こんな点に注目してほしい!総量規制をデメリットに感じるひとへ

総量規制があることによって借り過ぎを防ぐことになるのでキャッシング利用者にはあったほうが安心できる制度ですが、この規制があることでキャッシングができないひとがいます。

それは専業主婦や主夫のひとです。

総量規制は「収入の三分の一以上の貸し付けをしてはいけない」という制度なので、一定の収入が定期的に見込めるひとを対象としています。

つまり、収入自体がない専業主婦のひとや主夫はキャッシングができないということになるのです。

無理な借り入れを未然に防止できる総量規制はメリットと捉えよう

収入がないというひとこそお金を借りたいと思う機会が多くなるものですよね。

しかし、収入がないのに借りたお金を返済するときにどうやって返せばいいか決めているひとはいないと思います。

つまり、返すあてもないままお金を借りてしまうという状態を、総量規制があるために避けることができるのです。

一見するとデメリットとも思えることも、結果を見れば実はメリットであると言えますね。

どういう仕組みなの?総量規制で弾かれてしまう主婦の契約について

では、即日キャッシングのことをいろいろ調べていると見かけることがある主婦でも借りることができると言われているカードローンはどういった仕組みなのでしょうか。

総量規制対象外のカードローンがあるのかというと、そういうわけではありません。

専業主婦や主夫でも借りることが可能なカードローンというのは配偶者の収入を考慮することで契約できるカードローンになっています。

配偶者に安定した収入がある 専業主婦(主夫)でも借りることが可能
配偶者に安定した収入がない 専業主婦(主夫)は借り入れ不可

それもやはり総量規制の対象となるので、配偶者の収入の三分の一以上のキャッシングはできません。

総量規制と即日キャッシングって同時に成立可能なのかという疑問

申し込んだその日にローンカードが受け取れるというのが最大の特徴である即日キャッシング。口座にお金がなくても、まるで口座からお金を出しているような感覚に陥ってしまうのが、少し不安ですよね。

消費者金融でも銀行のカードローンでも、自動契約機を設置しているところが増えていて即日キャッシングも実現できるようになりました。

カードローンが実現している即日キャッシングの契約はどうやるのか

主に個人向けのカードローンが申し込んだその日のうちのキャッシングを可能にしています。そしてもちろんほかのローンと同じように申し込みのときには必要書類などを提出します。

本人確認書類となる運転免許証やパスポート、収入証明書の源泉徴収票などを用意しましょう。

指定された銀行の口座などをすでに持っていると申し込みがスムーズに進んでいくので事前に指定の口座になっている金融機関がどこであるかを調べておくと良いかもしれません。

即日キャッシングの手軽さに甘えてしまいそうなときも有効な総量規制

この即日キャッシングも当然、総量規制の対象内にあるものなので収入が少なかったりすれば契約できないという可能性もあります。

また、それなりに収入があり繰り返しキャッシングしてしまいそうになっても、借り入れが収入の三分の一に達することがあれば総量規制でキャッシングはできなくなります。

そして別のカードローンをすでに利用していて、改めて即日キャッシングができるものを契約しようとしても総量規制が掛かって契約不成立になってしまうこともあると覚えておきましょう。

同じお金を借りることでも変わってくる!総量規制の対象になるもの

その場でお金を借りる即日キャッシングと総量規制は切り離せない関係ですが、そのなかでも総量規制の対象になるキャッシングと対象にならないキャッシングがあります。

  • 総量規制があるキャッシング
  • 総量規制がないキャッシング

クレジットカードでのショッピングも!意外な総量規制の対象ローン

総量規制があるのは主に消費者金融の借り入れや信販会社での借り入れです。

また意外に感じるひともいるかと思いますがクレジットカードのショッピング枠で使った買い物も総量規制の対象になります。

クレジットカードも申し込みのときに職業や勤務先、年収を申告する必要があるのでよく考えれば納得できます。

とくにクレジットカードは、気軽に使っているひとが多いものなので気をつけたいですね。

【クレジットカードがキャッシングの一種になるワケ】
個人のお金の流れを記録している機関に信用情報機関というものがあります。この信用情報がクレジットカードのショッピング枠も対象になるからです。

銀行で扱うローンは総量規制対象外!それでも使い過ぎは注意が必要

上記のキャッシングとは違い、総量規制の対象にはならないものもあります。銀行などで取り扱っている住宅ローンやマイカーローンなどです。

またカードローンでも銀行で扱っているものなら総量規制対象外になります。

これは総量規制が銀行に対しての法律ではなく貸金業者に対する「貸金業法」のなかにある決まりであるからです。

総量規制対象 消費者金融・クレジットカード・信販会社
総量規制対象外 銀行のローン商品(住宅ローン・マイカーローンなど)

ただし、いくら銀行のカードローンが総量規制とは関係ないとはいっても過度のキャッシングをするのは自分を苦しめることになるので、やめたほうがいいでしょう。

便利な即日キャッシングは総量規制という仕組みを有効に使おう!

「収入の三分一以上は借りることができない」という総量規制はお金に困っているひとにとってはときにデメリットに思えることもあります。

しかし、総量規制の成り立ちはキャッシング利用者の借り過ぎが増えて債務整理をするひとが後をたたないという時代があって生まれた規制です。

便利に使えることがネックになることも多い即日キャッシングだから

本来なら利用者が自分でキャッシングの利用をセーブすることができるのが理想だと思います。

しかし即日キャッシングが可能など、キャッシングの世界もお金に困っているひとが手軽に申し込みができるようなシステムになっています。

【キャッシングの総量規制まとめ】

  • 総量規制は利用者の借り過ぎが増えたことで成立した制度
  • キャッシングには欠かせないものである

総量規制はキャッシングを上手に使うために必要なものだと考えましょう。

閉じる
閉じる