キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

急な出費に困っているなら今すぐキャッシング!利用のメリット

急な出費と言えば、事故や病気、引っ越しなど、いいイメージがなんとなくありません。

出費すること自体、自分で価値を感じその対価として支払うという行為なので、価値を考える間もなくお金が出ていったり、計画していた使い道ができないのは相当なストレスと不安になります。

そんな時の為に、急な出費にも対応できるキャッシング方法を知っていると安心です。

キャッシングを利用するにはいくつか条件がありますが、主婦や学生、フリーターの方でも借りることができます。

そもそもキャッシングの条件って何??

キャッシングとは金融機関や賃金業者からお金を借りることを言います。

キャッシングを利用するには、主に以下のような条件があります。

①20歳以上70歳未満(※上限は各社による)

お金の借入れが出来るのは、成人を過ぎてからになります。学生の方もいると思いますが、成人していれば社会的責任を果たす能力があると見なされるからです。

未成年者への借入れは民法で禁止されていて、借りるには親権者の同意か、婚姻している必要があります。

下限の年齢設定については、20歳以上という所がほとんどですが、上限に関しては、60歳未満、65歳未満、70歳未満など様々です。各社によって基準があるようです。

②一定の収入がある

主婦や学生でも借りられる可能性があるとお話したのは、この収入というのがポイントになります。

借入れの申込みをする際に、審査というものが必ずありますが、収入は大きな評価項目になります。なぜなら、収入がなければ返済能力がないと見なされるからです。返済能力がないとわかっているのにお金を貸す会社はありませんよね。

逆に言えば、多くなくても毎月一定額を稼いでいれば、それに見合う金額を借りることは可能です。なので、パートやアルバイトでも収入があれば審査対象になります。

また専業主婦で収入がないという方は、夫の所得証明書など、収入を証明できる公的な書類があればお金を貸してくれる所もあります。

③本人確認書類が提出できる

基本的なことですが、身元を明らかにする為、本人確認書類の提出があります。

対象となる主な書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

以上が主な条件になり、上記の情報を基に融資可能かどうか審査されます。

「金融ブラック」「ブラックリスト」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

金融関係で言う「ブラック」とは、過去に支払いの遅延や未払い、自己破産などのトラブルがあったことを指します。

クレジットカードやキャッシングなどの取引の記録を「信用情報」と言い、これらは信用情報機関で全て記録されています。

こちらも審査の際にチェックされますので、過去にトラブルの記録があると「信用できない」と判断され、特に金融機関などの審査の厳しい所は通らないことが多々あります。

もしもブラックな情報がついてしまっている方は、借入れの申込みをする機関や会社がどんなスタンスの会社か、よく調べてから申し込むことをおすすめします。

急にお金が必要に…!想定されるパターンとは?

お金が必要になることは誰しも様々な事情があると思いますが、日常で起こり得るものはどのようなことがあるのでしょうか。

今はお金は必要ないよ、という方も今後の備えの為に参考にしてみてください。

交通事故

交通事故は宝くじに当たるよりも、確率的に高いと言われています。

いつもと同じ生活を送っているつもりでも、いつどんなことが起きるかわかりません。

例えば駐車場で他の車にぶつけてしまった場合、修理代として最低でも数万円を支払うことになるでしょう。

保険に入っていればそれで補償できるかもしれませんが、全額は保険で補償できなかったり、場合によっては保険を使わずに自費で支払った方がいい場合もあります。

自費で支払った方がいい場合とは、相手に支払う慰謝料(修理代・通院費)が、等級のダウンにより今後支払う保険料の金額を、下回る場合です。

例えば相手にケガはなく、車両に傷がついただけで8万円で修理ができる。保険を使うと自費での支払いは必要ありませんが、次年度の保険料が等級ダウンにより割増され、今の保険料より8万円以上増える場合、保険は使わない方が得ということになります。

ケガや病気で通院

これが日常で一番起こり得ることではないでしょうか。

ケガはちょっとした不注意で起きますし、日常生活や仕事にも影響が出ます。

仕事中や通勤中でのケガや病気は、労災保険が適用されるケースが多いです。治療費は国に請求することができるのですが、一般の病院で治療する場合はいったん自費で立替えになります。

職場以外でのケガや病気は、健康保険や、個人で加入している医療保険で補償されます。

入院し、自己負担費用を支払った人の総額を、入院日数で割った一日あたりの自己負担平均費用は、7,900円となっています。これは食事代、ベッド代、日用品費などの費用になります。

30日間入院した場合、7,900円×30日=237,000円。ここに手術や治療費が加算される為、30万円以上は必要になるでしょう。

冠婚葬祭

冠婚葬祭は、ご祝儀やご香典、交通費、礼服・喪服代などで、まとまった金額が出て行きます。

入籍や結婚式は時期によって重なることがあるので、日々貯金をしておくと安心ですね。

一般的な結婚式のご祝儀の相場は3万円~5万円、ご香典の相場は3,000円~1万円ほどです。

参列するだけでしたら、上記のように数万円の準備が必要ですが、式を取り仕切る側になった場合は結婚式も葬式も200万円ほど準備が必要になります。

引っ越し

たとえ引っ越してきたばかりでも、やむを得ない事情があり、また別なところに移らなければならない、ということがあるかもしれません。

管理会社により異なりますが、解約金や鍵交換代、クリーニング代などを請求されることがあります。解約金は家賃一ヵ月分が相場です。

さらにまた賃貸で住居を借りるのであれば、入居費として最低数十万円かかると考えていいと思います。

入居費の支払いは管理会社によって柔軟に対応してくれるところもあるようですが、今後の信頼関係を考えると出来れば一括でスムーズに済ませたいですね。

即日借入れ可能!最適なキャッシング法

緊急時お金を借りるには、どのような方法があるのでしょうか。その日のうちに借入れできるキャッシング法をご紹介します。

預金口座のある銀行で申込み

既に口座をお持ちの銀行で申し込むなら、その日のうちに口座に入金してもらえる可能性があります。いつも使っている銀行で、どのようなキャッシング商品があるか確認してみましょう。

銀行の営業時間は午後3時までというところが多いので、即日借入れを希望する場合は営業終了時間の2時間前までには申し込みを済ませておくようにしましょう。

ギリギリに申し込むとその日のうちに審査が終わらず、翌営業日に持ち越しになってしまいます。

金融機関で借入れをするメリットは、金利が消費者金融と比べ比較的低く、借入の限度額が多いということです。

申込みの時間に比較的余裕があり、即日融資可能なキャッシング商品がある場合は、銀行でのキャッシングが最適だと思います。

消費者金融のカードローンで申込み

キャッシングと言えば、消費者金融です。

  • 審査が早い
  • 借入れ条件により無利息の期間もある
  • 営業時間が長い、土日も営業している

というところがポイントです。

手早く済ますのであれば、インターネットを使いましょう。

スマホからも申し込めますので、どこにいても申し込みは可能です。

早ければ30分ほどで審査が完了しますので、銀行口座に振り込んでもらうか、ローンカードを受け取りATMで借入れするかを選択します。

金融機関のカードローンと比較すると、金利が高い、限度額が少ないというデメリットがありますが、スピーディーさとサービス、使い勝手の良さを考えると消費者金融の方が利点が多いです。

新規の申込みであれば、無利息期間が使える可能性があるので、少額ですぐに返済できるようなら、サービスの充実した大手消費者金融を利用するのがおすすめです。

自動契約機で申込み

各消費者金融で、自動契約機を設置しています。自動契約機と言うのは、カードローンの申し込み・審査・書類提出・カード発行まで終わらせることができる機械です。

正月などを除き年中無休で営業していて、9時~22時頃までと夜遅い時間でも申し込みが出来るのが便利ですね。

自動契約機で申し込みをした場合、基本的に審査が終わるまで外に出ることはできません。

審査の早いカードローンでも審査時間は30分、その他の手続きでかかる時間を合わせると、1時間程度は店舗内に拘束されると考えていいでしょう。

なので即日借入れを希望するなら、最低でも営業時間終了の1時間前には申し込みをしましょう。審査時間は混雑状況によっても変わってくるため、時間に余裕をもって利用するといいですね。

拘束される時間が少しありますが、インターネットが使えない、書類を写真に撮って送るのが面倒…という方にはおすすめの方法です。

カード発行もその場で完了しますので、家に書類などが送られてくることもありません。

クレジットカードでキャッシング

クレジットカードを持っている人は、カードのキャッシング機能で借りても良いと思います。

カードのキャッシング機能は、契約時に付けることができるので、キャッシング機能を付けている方はすぐに借入れができます。

限度額を契約時に設定しますが、10万~30万円くらいの方が多いと思います。

クレジットカードのキャッシングの返済方法は、一括返済とリボ払いがあります。リボ払いであればカードローンと同じように使うことができます。

金利は消費者金融と似た利率なので、無利息期間を無視すれば、利息を含めた返済額は消費者金融とそれほど変わらないか少し高いくらいです。

ATMですぐに借入れできることが利点ですが、返済が長引くようであればあまりおすすめできません。

可能なら早期の完済を目指しましょう

急にお金を借りてしまった場合、返済の計画まではなかなか考えられないと思います。借りてしまったあとでも、月々の返済金額について見直すと良いでしょう。

その理由は、返済期間が長引くほど利息額が大きくなるので、それが返済の負担になるからです。

返済方法には、月々の返済の他「繰り上げ返済」という方法があります。これは借入額の一部、あるいは全額を月々の返済とは別に返済する方法です。

月々の返済では返済額に利息が含まれていますが、繰り上げ返済の場合、返済分が全て元金の返済に充てられます。つまり、繰り上げ返済によって借入期間を短縮することで、利息の発生を減らすことができるのです。

急にお金が必要になった時、キャッシングという方法以外にも、働いて稼ぐ、家族や信頼できる人に借りるという選択肢もあります。

キャッシングをするなら、責任を持って全額返済するという意思を持って借りましょう。

しかしどうしても返済に困った時は、一人で抱え込まないようにしましょう。急な出費は自分で招いたことであっても、予期せぬことで、不安なことだと思います。

困った時は信頼できる人や、消費生活センター、弁護士会など相談できるところがありますので、計画的に返済をしましょう。

閉じる
閉じる