キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシングの必要書類はコレ!あると有利な提出書類もご紹介

キャッシングを申込むに当たって必要な書類について、あなたは把握できていますか?本人確認証明書や収入証明書など、必要書類がきちんと揃った状態でなければキャッシングを申込むこともできません。

初めてキャッシングを利用する人は、「本人確認証明書って、運転免許証があればOK?健康保険証でもいいの?」「収入証明書って聞いたことないけど、どんなもの?」なんて疑問を抱えているのではないでしょうか。

書類の準備はキャッシングを申込むに当たって避けては通れない道です。必ず用意しなくてはいけないものなので、キャッシングで必要な書類について一緒に確認していきましょう。

なぜ?キャッシング審査に必要書類がある理由

キャッシングを申込む方法は2つあります。店頭窓口や自動契約機に自分で足を運んで申込む方法と、自宅や出先などからネットで申込む方法です。

そのどちらの方法でも、申込みから融資までの基本的な流れは変わりません。キャッシングの申込みをしたら審査が行われ、その審査に通れば融資をしてもらえます。

この審査をするときに必要な書類が、本人確認証明書であったり、収入証明書であったりします。申込みした人が本当に本人なのか、収入の申告内容に間違いはないかなど、書類を基に確認し、判断します。

そのため、どんな方法でキャッシングを申込んでも書類の提出は必ず求められます。ネットから申込んだ場合は、携帯のカメラで必要書類を撮影し、アプリやネットから画像を提出することになります。

場合によっては収入証明書の提出は不要な場合もありますが、本人確認書類の提出は必須です。次の項目から、本人確認証明書・収入証明書について詳しく説明していきますので、これを読んでしっかり必要書類の準備をしてからキャッシングを申込むようにしましょう。

キャッシング必要書類その①【本人確認書類】

では早速、本人確認証明書について説明します。本人確認証明書とは、申込みした人が本人であることを証明する書類のことです。この提出はどこのキャッシングを利用する場合にも求められていて、キャッシング利用時には必ず準備しておかなくてはなりません。

本人確認証明書として有効なのは、現在の住所・氏名・生年月日が記載されていて、なおかつ顔写真がついているものです。

運転免許証があれば、それで本人確認証明書の準備はバッチリです。パスポートも本人確認証明書として使用することができるので、免許証を持っていない方はパスポートを用意してください。外国籍の方は特別永住者証明書や在留カードを用意するようにしましょう。

マイナンバー(個人番号)制度が始まり、マイナンバーカードが発行されるようになったので、マイナンバーカードも本人確認証明書として使用できます。

※マイナンバーカードを使用する場合はマイナンバーの部分を隠して提出してください。重要な個人情報となるため特に注意してください。

健康保険証は顔写真がないため、それだけでの使用が認められていないことがほとんどです。顔写真無しのマイナンバー通知カードも同様です。

その場合は住民票の写しや納税証明書、印鑑証明書、公共料金の領収書などが併せて必要となります。この点は金融機関ごとに異なっているので、詳しくは各キャッシングサイトで確認してみてください。

書類に書かれた住所が現在の住所と異なる場合も、住民票の写しや公共料金の領収書など、氏名と住所がわかる公的書類が併せて必要です。発行日から6ヶ月以内のものに限られることがほとんどなので、発行年月日に注意しましょう。

まとめると、本人確認証明書として認められるのは下記書類となります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 特別永住者証明書(外国籍の方)
  • 在留カード(外国籍の方)
  • 健康保険証+住民票の写しなど公的書類

本人確認証明書は必ず提出が求められるので、記載住所と現住所が異なっていないかよく確認したうえで用意しておくようにしましょう。

キャッシング必要書類その②【収入証明書】

続いて、収入証明書について説明します。収入証明書とはその人の年収を証明する書類で、返済能力がどれだけあるか確認するために使用されます。

借り入れ希望金額が50万円以上の場合、または、他社からの借入額と合わせて100万円以上の借り入れとなる場合、収入証明書の提出が必須となります。条件に該当する場合は事前に準備しておくようにしましょう。

収入証明書として認められているのは主な書類は下記の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)

いずれも最新発行分のみ有効で、氏名・発行元・発行日・収入金額が記載されていることが条件となります。

確定申告書の場合は税務署の受付印か、税理士名が記載されている必要があります。また、源泉徴収票や給与明細で手描き部分がある場合、発行元(勤め先)の社印が必要となるので注意してください。

源泉徴収票や給与明細、確定申告書が手元にない場合は再発行までに時間がかかることが多いので、すぐ提出できる状態にあるか事前に確認するようにしておきましょう。

他社からの借り入れがなく、借り入れ希望金額が少額の場合は収入証明書の提出は不要となることが多いです。ですが審査担当者が申告内容に疑問を感じたら提出を求められることがあるので、念のため収入証明書を用意しておくと安心でしょう。

ワンポイントアドバイス~必要書類を提出するときの注意点~

必要書類を提出するときのワンポイントアドバイスを2点ご紹介します。まず1点目はネットからキャッシングを申し込むときの注意点で、提出書類をカメラで撮影するとき、ピントがずれないように注意しましょう。

WEB申し込みの場合、書類を画像化してネットやアプリから提出することとなります。スキャナーを利用して画像化することもできますが、家にスキャナーがない場合など少し手間になってしまうので、カメラで写真を撮って画像化するのがいいでしょう。

その場合、ピントがずれて不鮮明な画像となってしまうと再提出を求められてしまいます。しっかりピントを合わせ、鮮明な画像になるように気をつけましょう。

2点目のワンポイントアドバイスは、マイナンバー(個人番号)が記載されている書類を提出する場合のマイナンバーの取り扱いについてです。マイナンバーはとても重要な個人情報で、必要時以外、他者に番号を知らせてはいけません。

キャッシングの審査において、マイナンバーは必要外の情報となります。各金融機関からもマイナンバーを知らせないよう、注意喚起されています。

マイナンバーが記載された書類を提出する場合はマイナンバー部分を紙で隠したり、画像化したとき番号が見えないように加工するなどして、マイナンバーが知られないように注意してください。

キャッシングに必要書類はつきもの!事前準備をしっかり!

キャッシング利用時に必要となる書類は本人確認証明書と収入証明書の2種類です。本人確認証明書は必ず提出することになるので、事前準備を忘れないようにしましょう。

収入証明書は場合によっては不要なこともありますが、いつ提出を求められても大丈夫なように用意しておくと安心です。手元に源泉徴収票や確定申告書などがあるか確認しておくようにしましょう。

書類がないと審査は完了せず、キャッシングの契約をすることができません。急ぎでキャッシングを利用したいときほど、事前準備をしっかりしてからキャッシングを申し込むことを心掛けるようにしましょう。

閉じる
閉じる