キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシングの返済について。月々の負担やトータル利息を考えよう

キャッシングでまず考えるのが、審査に通るだろうか、金利はどうだろうかと言う、借りるまでのことです。そして、多くの人が借りることができると、ホッとするはずです。

しかしキャッシングは、お金を借りて終わりではありません。

重要な返済が、これから始まります。人によっては何年も掛る為、本当は大切なことです。一回の返済額や返済の方法によっては、利息の額が大きく変わることもあります。

その点についてあまりよくわかっていない人は多いのですが、実は肝心なことなのです。返済について今一度考えてみたいと思います。

キャッシング返済の基本を知ることは大切!利息の計算方法について

キャッシングの返済でやはり一番知っておくべき基本は、利息計算の仕方でしょう。

今はホームページで返済シミレーションを設置している金融機関が多く、自分で計算しなくても返済額や返済期間がわかるので、自分で計算したことがなかったり、計算の仕方すら分からない人もいるはずです。

基本的な利息の計算方法はこのようになります。これはあくまで基本的な計算です。

元金(借りたお金)×年率%÷365日×借りている日数=利息

借りている日数と言うのは、前回返済をした日と今回返済する日の間の期間になります。初回返済ならば借入日より、最初の返済日までの間。2回目の時は、初回返済日から2回目返済日までの間の日数で計算します。

実際の返済について細かく言えば、当然ですが元金も個々の金融機関の返済方式によって都度の金額が違ってきます。

また、最終的な総利息額の計算は少し面倒かもしれません。ただ、この基本を知っているのと知らないのとでは違うと思います。

返済方式はリボルビングでもいろいろある?定額と定率では違う!

キャッシングよりもクレジットで耳にすることが多いかもしれませんが、リボルビング払いという返済方法が今は一般的と言えます。

なんとなく言葉を聞いたことがあるが、このリボルビング払いと言う返済方法をきちんと理解している人は意外に少ないかもしれません。毎回一定額での返済には違いはありませんが、実際にはもっと細かく返済方式があります。

  • 元金定額リボルビング方式
  • 元利定額リボルビング方式
  • 元金定率リボルビング方式
  • 元利定率リボルビング方式
定額と言うのは、基本的に金額が一定額になっていることです。定率は、元金に対して割合が一定で計算される形になります。それぞれで、支払う返済額の中の元金と利息のつきかたが変わってきます。

他にも元金(残高)に応じて返済額が変わる「スライド方式」がつくこともあります。

いづれにしても、気付けば借金が膨らんでいた、長期になってしまった、というのは良くある話です。

よく言うトイチは10日で1割!異常な高金利で確実に違法

参考までに。よく闇金の話で出てくるトイチですが、その言葉の意味としては10日で1割の金利を指しています。

10万円借りたら10日後の利息は1万円、しかもこの場合は、次の10日後は、利息のついた11万円にまた利息計算されます。(闇金の場合は、複利計算にされています。)返済しなければ1年後には、約324万円という、異常な返済額になっています。気付いた時には、手遅れになります。年率で言えば、3142%と異常な金利です。

もし単利計算としてもトイチは年率365%と、やはり高金利です。どちらにしても違法には違いありません。

キャッシングの返済方法にはいろいろある!方法によっては手数料も

キャッシングの返済の計算の方法について簡単に説明しましたが、それ以外に方法の違いもあります。というのは、返し方の違いです。

一般的にこのような返済方法になっています。

  • 口座自動引落(口座振替)
  • 振り込み
  • 店舗に直接
  • 提携ATM
  • コンビニATM  など

ただし、それぞれ金融機関によって、対応が異なります。例えば、コンビニと提携していなければ、コンビニATMを使って返済はできませんし、口座を持っていなければ、口座引落での返済はできません。

返済方法によって利息と別に発生する手数料も意外にバカにならない!

返済を忘れて遅れてしまうと、延滞になってしまう為、忘れずに返済をする必要があるのですが、その場合、急いでいると特に便利なのでコンビニATMを安易に使ってしまう人もいるはずです。

しかし、これも使い方によっては要注意です。と言うのは、手数料が発生する可能性があるからです。

これは、必ずとは言えず、金額も含めて金融機関によって違います。

手数料が発生しないならばいいのですが、手数料が発生する場合、気をつけないと意外とそれが大きな負担になってしまうこともあります。

特に長期での返済ならば、つもりつもってその金額だけでもかなり大きくなります。

「返せばどのような形でもいい」ではなく、なるべく手数料が発生しない形での返済をオススメします。

延滞はご法度!返済を延滞することは様々なリスクが発生する

誰でもうっかりはあるものです。返済日前までは覚えていたのに、当日忘れて返済ができなかった、という人もいるでしょう。忘れたら、「次の時にまとめて返せばいい」と思う人もいるかもしれません。

しかしうっかりだとしても、返済の場合、そう簡単なものではありません。延滞を起こすとどのようなことがあるのでしょうか。

  • 返済の催促の連絡がはいる
  • 遅延損害金が発生する
  • 利用の停止
  • 信用情報の傷がつく  など

1日でも遅れたらこれら全部が行われるわけではありません。もちろん、遅延損害金が発生したり、金融機関から連絡は入るでしょう。

しかし、いきなり利用停止などはないので、必要以上に心配することはありません。とはいえ、放置していると利用停止になったり、信用情報に傷はつきます。いつまででも返済しなければ、周りに気付かれるほどの大きな問題になることもあり得ます。

延滞に気付いたら連絡が来る前に先に自分から連絡するのが望ましい!

もし、返済を忘れていることに気付いたら、すぐにでも金融機関の方に自分から連絡してください。相手からの連絡を待つのは、印象的にもよくありません。

「でも、返すお金がないから…。」と言う人もいるかもしれませんが、それでも連絡は入れるべきです。返済額全額返すだけのお金がなかろうと、返す意思があることは、自分から連絡することで伝わります。

その上で、担当者と相談する方が、返済日を変更する、返済額を変更するなど、相手もそれにあわせて対応してもらえると言うものです。

何度でも言いますが、延滞を放置するのが一番いけません。

なるべく利息や手数料を減らす方がいい!できるだけ早く返すのが一番

キャッシングの返済において利息や手数料について軽く触れましたが、どうしても発生してしまうものでもあります。(手数料が0円ですむ返済方法ならば、いいのですが。)

しかし、自身の家計の負担を考えると、なるべく少しでも利息や手数料を減らしたいはずです。可能ならば、1日でも早く繰り上げ返済をすることをオススメします。

即日は無理でも繰り上げ返済も効果がある!なるべく残高を減らそう

基本的に返済は、上記のいずれかの方法で、毎月または一定期間ごとの返済日で返済を行うことになります。

しかし、それとは別に残高を減らす方法として、繰り上げ返済があります。

多くの金融機関が繰り上げ返済を受け付けてくれるはずです。(返済方法が決まっていることもあるので、確認は必要です。)

ただし、繰り上げ返済をしても毎月の返済がある場合もあるので、注意が必要です。

それ以上に残高を一括返済できれば、それが一番です。

特に、利息の計算は借入日の翌日からになるので、借入当日に即日返済すれば利息は掛りません。

無利息期間サービスを利用するのもあり!上手にサービスを活用する

繰り上げ返済とそろって活用したのが、無利息サービスです。

中には銀行もありますが、主に大手消費者金融が行っているサービスです。

  • 30日間無利息
  • 180日間無利息または30日間無利息
  • 1週間無利息       など

一例としてこのような無利息期間サービスを設定しています。そして、個々の金融機関で違うのですが、例えば、初めての方のみ、メール登録の必要があるなど、それぞれ条件があります。

もし、条件が当てはまるようならば、活用するのもありだと思います。

返済はキャッシングの中でも一番大切なこと!方法を含め把握しておく

どうしてもキャッシングを利用する場合、まず借りるまでのことを優先で考えてしまいます。それは、お金が必要だし、借りられなければ困ってしまうので当然かもしれません。

しかし、実際には借りた後が大きな問題となることが多く、法律により一昔よりも減ったとはいえ、まだまだ多重債務に陥っている人はいます。いわゆる借金地獄に陥ると、生活の根本から変わってしまいます。多重債務に陥ってから気づいても後の祭りです。

そうならない為にも、先に返済について知っておくことは大切です。

キャッシングを利用しているが、利息計算が面倒でなん...

キャッシングの返済をしている時に、「今月はお財布に...

消費者金融でキャッシングをしたら、返済をするには、...

キャッシングをする際に気になること、と言えば「毎月...

キャッシングやカードローンは、急な出費等でお金に困...

キャッシングは大変便利で、多くの方が活用しています...

キャッシングをすれば、決まった日に支払う義務があり...

住宅ローンやマイカーローンなど、銀行などの金融機関...

閉じる
閉じる