キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

気をつけるべきは時間!即日キャッシングの利用方法について

お金が必要になるときってどうしても急ぎのケースが多いですよね。給料日まであと少しだけど、その前にどうしても必要な用事が入ってしまった…。そんなとき、キャッシングを利用している人も多いと思います。

ただ、キャッシングの申込みをしたはいいものの、借入までに時間がかかって、結局お金が必要なときに間に合わなかった…なんてことになってしまったら意味がないですよね。

そこで、急ぎでお金が必要なときどうすればすぐ借入ができるのか、その方法についてご紹介します。これを覚えておけば即日キャッシングも可能になります。ぜひ参考にしてみてください。

即日キャッシング方法①【最短審査・即日対応の金融機関を選ぶ】

まずキャッシングを利用することにしたら、どこの金融機関からお金を借りるか決めなければなりません。いまやキャッシングは銀行から中小の消費者金融まで扱っているもので、数にすると200近いキャッシングプランが存在しています。

それをひとつひとつ見て調べていたらキリがないので、まずは大手の消費者金融から自分に合ったキャッシングを探してみることをオススメします。大手だと安心感もありますし、実績が多いので様々なパターンに対応してくれます。特にこだわりがなければよく目にする会社から調べてみるといいでしょう。

ここで抑えておきたいのが、「最短審査時間は何分か」、そして「即日融資に対応しているか」です。

キャッシングは基本的に、『申込み⇒仮審査⇒必要書類提出⇒本審査⇒契約⇒融資』という流れで行われます。申込みや必要書類の提出を素早く行っても、金融機関側の審査が長いと契約までに時間がかかってしまいます。

そのため、審査完了までの時間が最短で何分と記載されているか、金融機関のホームページなどで確認しておくといいでしょう。最短時間はあくまで目安の時間となりますが、この時間を短く記載している会社はスピーディーに審査を進めているという証にもなるので、ひとつの指針として見てみてください。

審査時間が短いからといって審査が甘いということはありませんので、その点は留意しておきましょう。

そして「即日融資に対応しているか」を確認するのも忘れないようにしてください。「審査最短30分」と書いてあっても、「即日融資」と記載がなければ審査完了から融資までに時間がかかる可能性があります。

2018年3月現在、ほとんどの消費者金融が即日審査・即日融資を行ってはいますが、確実にすぐお金を借りたい場合は「即日融資」の記載がある金融機関を選ぶのがベストでしょう。

即日キャッシング方法②【平日14時までに申込む~銀行振込み編~】

契約まで完了したらあとは実際にお金を借りるだけです。このお金の借り方については2種類の方法があります。銀行振込みと、キャッシングカードを利用してのATMからの引き出しです。まずは銀行振込みで即日キャッシングをするポイントについてご紹介します。

銀行口座への振込みを希望する場合、まず始めに銀行の指定がないか確認しておきましょう。金融機関によっては、指定した銀行口座以外への振込みを対応していない場合があります。

指定銀行の口座を持っていない場合、口座の開設から始めなくてはならないためキャッシング利用までに時間がかかってしまいます。そのため、振込み先の銀行が指定されていないか、指定されていた場合はその銀行の口座を持っているか事前に確認しておくようにしましょう。

振込み先の問題をクリアしたら、あと気をつけなければならないのはキャッシングを申込む時間です。一般的に、銀行の振込み受付期限は平日15時までとなっています。

つまり、平日15時以降の振込みは翌営業日の扱いとなってしまうのです。

審査が終わっても、金融機関側の振込み処理が15時以降になってしまったらその日中にお金を借りることはできません。

そのため、金融機関側の事務処理の時間も考えて、遅くとも平日14時までには申込みを完了させるようにしましょう。

ただしこれは審査が最短30分で終わった場合の話なので、余裕を持って午前中に申込みを終わらせておくのがベストです。

WEBから申込んだ場合、電話で連絡を入れると優先的に審査を進めてもらえることがあるようです。即日キャッシングを確実なものにしたい場合は、申込み完了後、オペレーターに電話で即日融資を希望していることを伝えるといいでしょう。

即日キャッシング方法③【店頭・自動契約機で受け取る~カード編~】

続いてキャッシングカードを利用する場合の即日キャッシングのポイントについてご紹介します。それは、いつ、どこでキャッシングカードを受け取ることができるか、です。

カードを利用したキャッシングの場合、契約完了後にキャッシングカードが発行され、それを受け取ってからATMでお金を引き出すことができます。

つまり、申込んだその日にお金を借りたい場合は、申込んだその日中にキャッシングカードを受け取ることができなければお金を引き出すことができないのです。

カードの受け取り方法が郵送の場合は確実にその日中の受け取りができないので、即日で融資を受けたい場合には郵送受け取りは選ばないようにしましょう。

申込んだその日にカードを受け取る方法としては、店頭で受け取るか、自動契約機で受け取る方法があります。店頭受け取りの場合は窓口の営業時間が決まっているので、その時間内に受け取りができるよう早めに申込みを完了させておくようにしましょう。

自動契約機で受け取る場合は、近くに自動契約機が設置されているか確認しておく必要があります。夜22時まで営業しているところが多いので時間的余裕はありますが、自動契約機までの所要時間も含めて、やはりこちらも時間に余裕を持って申込みを完了させておくといいでしょう。

即日キャッシング方法④【在籍確認方法の相談をする~土日編~】

平日は仕事が忙しくて申込みができない人や、週末に急にお金が必要になってしまったという人もいると思うので、土日祝日に即日キャッシングする方法についてもご紹介します。

土日に即日でお金を借りたい場合は、キャッシングカードを即日で発行・受け取りできる金融機関を利用してください。

既にご紹介した通り、銀行振込みは平日15時までに振込み処理されなければ翌営業日の扱いとなってしまいます。土日は銀行の営業時間外となってしまうので、即日でキャッシングカードを受け取れる方法でキャッシングを申込むようにしましょう。

勤め先が土日休みの場合も注意が必要です。勤務先が休みで誰もいない状態だと、在籍確認ができず、審査がその日中に完了しないためです。

在籍確認とは、申込みした人が本当にその会社に勤めているか金融機関側が確認することです。キャッシングの申込みだとはわからないように個人名で会社に電話し、申込者への電話の取り次ぎを依頼します。その反応を見て、その人が本当にその会社に在籍しているのかを確認しています。

在籍確認ができないと審査は完了しません。土日に在籍確認ができなければ、平日にもう一度在籍確認をしてから契約、という流れになってしまい、即日キャッシングの利用ができなくなってしまいます。

そのため、勤め先が土日休みで電話で在籍確認ができないという場合は、事前にその旨をオペレーターに伝えて相談するようにしましょう。

金融機関によりますが、電話で在籍確認ができない場合は、社員証や会社発行の保険証などの書類での在籍確認に移行する場合もあります。また、利用限度額を引き下げて仮契約し、後日在籍確認ができてから利用限度額を上げて本契約する場合もあるようです。

どうしても土日にお金が必要だという場合は一度相談してみるといいでしょう。

即日キャッシング方法⑤【クレジットカードのキャッシング枠を利用】

その他の即日キャッシングの方法として、クレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法があります。これは既に手持ちのクレジットカードがあり、かつキャッシング枠も設定済みという場合のみ利用できる方法ですが、覚えておいて損はないでしょう。

クレジットカードのキャッシングの場合、返済は翌引き落とし日に一括返済、ということが多いので返済方法には注意が必要ですが、キャッシング枠付与済みのクレジットカードが手元にあるなら、最も素早くキャッシングすることができます。

一度お手持ちのクレジットカードを確認してみるといいでしょう。

即日キャッシング利用方法まとめ

即日キャッシングの主な注意点は申込み時間なので、余裕を持った申込みを心がけるようにしてください。また、書類不備があると審査が長引く原因となるので、提出書類、申告内容に間違いがないかよく確認して申込むようにしましょう。

急ぎでお金が必要になったときは、ぜひ参考にしてみてください。

閉じる
閉じる