キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシングの増額で押さえておくべき4つの当たり前とは

どれだけ一生懸命働いていても、すぐにお給料は増えてくれません。しかしお金が必要になる場面というのは、想像以上にたくさんあります。既にカードローンを利用し融資を受けているアナタ!現在の利用限度額に満足していますか?

審査に通りお金を借りることができても、希望していた額より少ないことも考えられます。そんな時、限度額の増額を検討されることでしょう。

この記事では希望限度額の増額を「現実にするため」に、押さえておかなければいけないポイントをお教えします。問われているのは、アナタの「全て」です!

急がば回れが当たり前!増額までの道のりは一歩ずつが肝心

利用限度額の増額において、まず大切なのが「実績」なのです。アナタは初めてのキャッシングから、どのくらいの期間が経過していますか?実際に増額に至るまでに必要な期間と権利を、この項目で説明していきます。

増額希望を自己申告!?金融機関側から案内が来ることも

まず初めに「増額をしよう」と考え、思いつくのは直接申し込むことですよね。実はそんなことをしなくても、業者側から増額の案内が来ることがあります。もちろん自己申告で申し込んで審査を受けることも可能ですが、業者側からの案内の方が圧倒的に審査に通りやすいです。

各金融機関では定期的に、増額候補者をリストアップしているそうです。もちろんその内容を、私達が知ることはできません。

ではどういった場合に「案内が来るのか」を考えることで、直接の申し込みでも審査に通る可能性が上がりますよね。

実績を積むことが大切!当たり前のことが信用に繋がる

これは全ての金融機関のカードローンで言えることですが、お金を借りたことの無い方は増額の申請をしてもまず通りません。

お金を借りたことがあり、返済期日を守って滞りなく返済ができている。こんな当たり前のことを繰り返すことで、初めて増額の候補者に、名乗りを上げることができます。

アナタがどんなに素晴らしい人でも、金融機関はそんなこと知る由もないでしょう。もしあまり親交の無い友人から「お金を貸して」と急に頼まれても、誰も貸さないですよね。

最低でも契約後半年以上、会社や銀行によっては1年以上の「実績」が必要となってきます。そうやって焦らずに、普段から信用を作り出しておきましょう。

  • 契約のみで、お金を借りた実績が無い方は増額不可
  • 増額は業者によるが、最低でも半年~1年は厳しい
  • 返済期日は常に守って利用していくこと

信用されないといけないのは当たり前!うっかりが理想を崩す!?

金融機関側から増額の案内が来る方は、利用実績と信用情報をクリアしている方です。もしうっかりで返済が遅れてしまった場合、果たして増額は不可能になってしまうのでしょうか?増額の審査に通るための、基本的な考え方を説明します。

うっかりの対象はカードローンだけではない!?

ここまでアナタの「カードローン利用実績」について記述してきましたが、審査の対象になるのはアナタの「全て」なのです。各金融機関では、個人の「信用情報」というものが共有されています。

これはキャッシングに限らず「住宅や車のローン」をはじめ、クレジットカードのリボ払いや携帯代金の分割払いまで共有されます。

そのどこかで支払い期日を過ぎてしまった場合、返済遅延の事実が情報として残ります。

「銀行の残高不足でカードや携帯料金の引き落としができなかった!」なんてことは、はっきり言ってよくあることです。そんなただのうっかりで信用情報が傷ついてしまうのは、本当に勿体無いことなので注意しましょうね。

信用情報が傷ついてしまったら?対処法は存在するのか

増額を申し込む場合に、気をつけなければいけないのが「タイミング」です。金融機関の審査は数字を元に行われますが、審査自体は人が行いますよね。

例えば、うっかりでクレジットカードの引き落としが滞ってしまったとします。その翌月たまたま出費がかさみ、増額の申し込みをした場合担当者はどう考えるでしょうか。

「あれ?この人大丈夫かな?」となってしまいます。

そして審査に通らずに「増額の依頼をした」という記録だけが、金融機関で共有されるワケです。非常に不本意ですよね?

各社基準は様々ですが、返済の遅延については「直近3ヶ月~1年」の記録を参照することが多いです。万が一信用情報を傷つけた「可能性」が思い当たるのであれば、すぐに申し込むことは控えることをオススメします。

結論として信用を取り戻す対処法は、コツコツと「実績を積むこと」しかないでしょう。

  • 住宅や車など全てのローンが審査対象
  • 直接申し込む場合はタイミングに気をつける

現実は厳しいのが当たり前!?変化には敏感な審査基準

増額の審査には、色んなハードルが存在します。利用実績もあり信用情報も大丈夫!そんな方でも、審査に通らないことがあります。要因は環境の変化です。この項目では様々な要因が審査に影響する、ということを説明していきます。

お金が必要になるほど厳しい!?計画性があるかどうか

初めにお金を借りてから増額を決めるまでの間、長い月日が経っている方も多くおられるでしょう。冒頭でアナタの「全て」と表現しましたが、本当に全てを審査されます。契約時と増額申し込み時の変化を、確認されるということです。

  • 実家暮らしから一人暮らしに変わっている
  • 独身から既婚者に変わっている
  • 子供が増えている、女性の場合育児休暇など
  • 転職している

上記は一例ですが、誰しもが経験し得る事柄でしょう。そしてほとんどの場合、出費が増えていることが多いです。しかし残念なことに上記の変化があった場合、審査には通りづらくなります。

お金が必要になっているのに限度額を増やせない、理不尽さを感じる方もおられるでしょう。金融機関からすれば、状況の変化に対応できていないのは「計画性がないから」と判断されてしまうということですね。

また引っ越した際は、利用者側から連絡することがルールです。面倒くさいと感じずに、あらゆる場面で信頼関係を築いていきましょう。

転職もダメ!?審査に通りにくい業種はあるのか

転職したことで審査に通りにくくなると説明しましたが、この場合は転職後の期間が重要になってきます。要は「安定して返済を続けることができるかどうか」ということを審査されるので、転職後であれば3ヶ月~半年程経過してから申し込むと良いでしょう。

また審査に通りにくい業種も、実際に存在します。これは契約時もそうなのですが、自営業や漁師など「毎月一定の収入が確約されていない」業種に転職していた場合です。

少し厳しいことを書きましたが、決して「審査に通らなくなる」というワケではありません。いかに普段からの実績や信用情報が大切かを、理解していただく必要があります。

  • 常に生活の変化に対応できる計画性を
  • 転職後の申し込みは少し期間を空けてから

多重債務が危険なのは当たり前!!他社からの借入リスクについて

ここまで増額について取り上げてきましたが、選択肢として別の金融会社と新規契約する方法もあります。増額の審査にどうしても通らないなど、やむを得ない場合もあると思います。多重債務のリスクや、賢い利用方法を考えていきましょう。

少額であれば新規もアリ!?無利息期間を利用

一時的しか使えない方法ですが、他社の消費者金融と新規で契約して「無利息期間」を利用しましょう。ほとんどの会社で採用されているので、選択肢は広がります。しかし複数社から借りる場合、その分審査も厳しくなります。借入希望額は、できる限り少額にすることをオススメします。

この場合「複数社からお金を借りている情報が残る」、ということは覚えておいてください。

一つの方がオトク!既に複数社から借りている場合

金利についての説明となりますが、借入金額に応じて金利は決定されます。金額が大きくなるにつれて、金利が安くなることが一般的です。もし2社以上からお金を借りている場合、まとめて1社で管理した方がオトクな可能性が高いです。

金融会社も商売ですので、返済能力のある顧客は歓迎です。各社で問題なく返済を行い「実績」を積まれている方であれば、多少の融通は聞いてくれるものです。

また金利が変わる境界線、「利息制限法」というものが存在します。

元本10万円未満 年利20%まで
元本10万円~100万円未満 年利18%まで
元本100万円以上 年利15%まで

表にあるように元本が100万円を超える場合、年利が15%までと法律で定められています。複数社からの借入合計が100万円近くの方は、1社にまとめてしまえば断然オトクなことがご理解いただけると思います。

  • 複数社からの借入は信用情報に影響アリ
  • 複数社から借りている場合、1社にまとめるとオトクに

どんなことでも信用が大切!

キャッシングの増額に限らずに、あらゆる場面で信用は大切ですよね。どんなことに対しても、普段からの実績と信用を守っていきましょう。増額の審査が通ったとしても、金額が一気に増えることは少ないです。何事もコツコツ積み上げていくことが、必要になってくるんですね。

本当に押さえておくべきものは「ひとつの当たり前」だと思います、最後に確認しておきましょう。

  • 借りたら期日を守って返済する

アナタの実績と信用が、アナタの希望を叶える糧となることを願っております。

閉じる
閉じる