キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

クレジットカードのキャッシング枠とは?利用のメリット・デメリット

多くの人が一枚は持っているクレジットカード。高額の商品を購入するときなど、現金を持ち歩かなくてもカードがあればすぐ購入することができるので便利ですよね。

そんなクレジットカードに、ショッピング枠とキャッシング枠が設けられているのを知っていますか?普段買い物をするとき、私たちはショッピング枠を利用して、カード会社に一時的にお金を立て替えてもらって買い物をしています。

それではキャッシング枠とは何なのでしょうか。普段クレジットカードを利用しているという人でも、キャッシング枠は利用したことがないという人が多いと思うので、クレジットカードのキャッシング枠について詳しく解説していきます。

クレジットカードでもお金を借りられる?キャッシング枠とは

急ぎでお金が必要になったとき、消費者金融や銀行だけでなく、クレジットカードでもお金を借りることができるのを知っていますか?

クレジットカードには二つの利用方法があります。一つがショッピング枠を利用した買い物で、高額の商品を購入するときや、手持ちのお金が少ないときなど、多くの人が利用したことがあると思います。カード会社が代金の支払いを一時的に立て替えてくれるサービスです。

もう一つの利用方法がキャッシング枠を利用したお金の借り入れです。これは買い物などとは関係なく、お金が必要になったとき、カード会社がお金を貸してくれるサービスです。消費者金融や銀行のカードローンと同じと思っていいでしょう。カードを使って、コンビニや銀行のATMからお金を引き出すことができます。

ショッピング枠とキャッシング枠の違いは、お金が現物化するかどうかです。

ショッピング枠の場合、カード会社が支払いを立て替えているだけなのでお金が現物化することはありません。一方キャッシング枠の場合、ATMからお金を引き出せることからわかるように、現金としてお金を借りることができるのです。

また、金利が発生するかしないかもショッピング枠とキャッシング枠で異なります。

ショッピング枠で買い物をした場合、支払い方法が一括払いなら金利はかかりません。しかしキャッシング枠は一括返済をした場合でも金利が発生します。

一枚のカードで二通りの利用方法があるのがクレジットカードなのです。違いをよく理解してクレジットカードを利用するようにしましょう。

キャッシング枠はショッピング枠の利用状況に左右される

それではもう少し具体的にキャッシング枠について説明していきます。キャッシング枠は、クレジットカードをつくるとき、ショッピング枠と同時に申請することができます。クレジットカードの申込み書にキャッシングを希望するかどうかの設問があるので、希望するに丸をつければキャッシング枠の申請をすることができます。

カード作成時にキャッシング枠を希望しなかった場合でも、あとから申請することができるので安心してください。申請方法はカード会社によって異なりますが、ネットから申請できるところが多いようです。オペレーターに電話すれば受け付けてくれるところがほとんどなので、わからない場合はカード会社に電話してみてください。

申請後、カード会社の審査に通ればキャッシング枠を利用することができるようになります。コンビニや銀行のATMにカードを入れ、暗証番号を入力すれば、キャッシング枠の範囲内までお金を借りることができます。

ここで注意したいのが、キャッシング枠の利用可能額は、ショッピング枠の利用状況によって左右されるということです。

クレジットカードには利用枠が設けられています。そのカード一枚でいくらまでお金をやり取りできるかが定められており、その利用枠=ショッピング枠なのです。そしてそのショッピング枠の中に、キャッシング枠が設けられています。

つまりショッピング枠とキャッシング枠はそれぞれ独立した枠組みになっているのではなく、ショッピング枠にキャッシング枠が包括されている状況のため、ショッピング枠の利用残高によってキャッシング枠の利用可能額が変動するのです。

たとえば、ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が20万円に設定されていた場合、そのカード一枚での最高利用額は50万円となります。利用枠=ショッピング枠だからです。

利用限度額の50万円までショッピング枠で買い物をした場合、キャッシング枠を利用することはできません。ショッピング枠のみで利用枠を全て使いきってしまったためです。

ショッピング枠の利用が30万円以内の場合、20万円までキャッシング枠を利用することができます。利用枠は50万円でも、キャッシング枠の利用限度額は20万円と設定されているので、20万円を超えるキャッシングを行うことはできません。

ショッピング枠で40万円の買い物をした場合は、カードの利用枠の残りが10万円となるので、キャッシング枠で利用できるのは10万円までとなります。

キャッシング枠の利用限度額が20万円でも、ショッピング枠の利用状況によっては利用限度額の20万円まで利用できないことがあるので注意してください。

クレジットカードでキャッシング枠を利用するなら…3つのアドバイス

クレジットカードのキャッシング枠について、わかってきましたでしょうか。ここではキャッシング枠利用時のアドバイスを3つご紹介します。

①使わないならキャッシング枠は0円にする

キャッシング枠利用時のアドバイスと言っておきながら、キャッシング枠を利用しない場合のアドバイスとなりますが、大事なので一番始めに紹介させてもらいます。

たとえばクレジットカードが盗難された場合、ショッピング枠を不正に利用されてしまっても、保険が適用されるので全額返金となるケースが多いです。

しかし、キャッシング枠の不正利用については、保険の適用外となるケースがほとんどです。

これは、キャッシングを利用するには暗証番号が必要となるからです。暗証番号は第三者の目に触れないよう厳重に保管することが義務づけられています。キャッシングを利用された=暗証番号が漏れてしまった、ということになり、暗証番号の保管不十分となり、保険適用外となってしまうことが多いようです。

キャッシング枠の利用予定がなければ、クレジットカードを紛失してしまった場合、盗難されてしまった場合など、もしもの場合に備えて、キャッシング枠は0円にしておくようにしましょう。

WEBから、もしくはオペレーターに電話すればキャッシング枠をなくすことができるので、キャッシング枠を利用しない人は申請しておくようにしてください。

海外旅行・出張が多い人は海外用キャッシング枠を利用すると便利

キャッシング枠には国内用と海外用があり、海外用キャッシング枠を設定していれば、海外でもATMからお金を引き出すことができます。

クレジットカードが一枚あれば大抵の支払いは可能ですが、なかには現金払いしか対応していない店もあります。そんなとき、海外用キャッシング枠を設定していれば、手持ちが少なくてもすぐATMで現金を用意することができるので便利です。

手数料などの関係から、日本国内で通貨を両替して持って行くより、キャッシングを利用した方が安くなる場合が多いので、海外旅行や海外出張が多い人は海外用キャッシング枠を設定しておくといいでしょう。

帰国後、すぐ返済すれば金利を抑えることができるので、キャッシングを利用した場合は一日でも早く返済するようにしましょう。

クレジットカードの締め日に注意する

買い物でクレジットカードを利用するとき、締め日を意識して使っている人が多いと思います。キャッシング枠を利用するときにも、クレジットカードの締め日に注意するようにしましょう。キャッシングの金利は日割りで計算されるため、ショッピング枠利用時よりも特に意識する必要があると言えます。

たとえば、毎月20日締めで翌月10日支払いのカードの場合、21日にお金を借りたら支払いは翌々月の10日となるため、50日分の金利が発生してしまいます。締め日の20日にお金を借りていれば支払いは翌月の10日となったので、金利を20日分に抑えることができたのです。

お金を借りる日が一日違うだけで金利に大きく差が出てしまうので、キャッシングを利用するときはカードの締め日に注意して利用するようにしましょう。どうしても急ぎでお金が必要で、締め日を気にする余裕がないという場合は、一日でも早く返済して少しでも金利を抑えられるようにしましょう。

キャッシング枠を上手く活用してクレジットカードマイスターになろう

買い物でクレジットカードを使う人は多くいると思いますが、キャッシング枠については初心者という人が多いと思うので、少しでもお役に立てていれば幸いです。

クレジットカードのキャッシングは、基本的には消費者金融や銀行のカードローンと変わりありません。ショッピング枠と枠を共有しているため、利用限度額が変動するというのが少し特殊ですが、そこを抑えられたらキャッシング枠を理解したと言っても過言ではないでしょう。

海外用キャッシング枠など便利な利用方法もあるので、自分に合った方法でキャッシング枠を上手に活用していってください。

閉じる
閉じる