キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

これで審査落ちは防げる!キャッシングの審査で知っておくべきこと

キャッシングを申し込むと審査があります。これはカードローンという表記になっているものも同じです。住宅ローンや自動車ローンでも、審査はあります。

要はお金を金融機関から借りる場合、必ず審査を受けなければいけません。それは、融資したお金の返済が可能かどうかを見極める為です。

とても面倒なものですが避けられないものですし、できれば審査に通りたいのは誰でも同じでしょう。ならば、キャッシングに申し込みする前に審査について少し知っておくと、心構えができるのではないでしょうか。

キャッシングには必ず審査がある!審査ナシは闇金の可能性大!

お金に困った時に消費者金融などから融資してもらうのが、キャッシングです。またはカードローンという形での借り入れもあります。

どちらにしても、お金を借りるためには、申し込み後に必ず審査を受けなければいけません。

何故審査があるのでしょうか。

返済してもらえる人にしかお金は貸せないのはどこでも当たり前!

どんなタイプのローンであろうと、お金を貸したら返してもらうのが当たり前です。

例えば、個人的に知り合いや友人にお金を貸す場合、安心してお金を貸せるのは、その人がどんな人かわかっているからです。必ず返してくれるという信頼があります。

しかし、いきなり道端で会った人にお金を貸す人はいないと思います。その人がどんな人なのか、きちんと借りたお金を返す人なのか、借りたまま返さない人なのかは全くわかりません。

融資をする金融機関も同じです。キャッシングは、その知らない人にお金を貸すのが事業ですが、融資したお金が返済されなければ利益を得ることができないどころか、赤字になってしまいます。

ですので、お金を借りたいという人が本当に返してくれるのかどうかを見極める為に審査があります。

一般的にキャッシングやローンの審査には、主に属性と言って、申込者の名前や住所などの個人情報から勤め先や年収、勤続年数などの収入に関わる情報、扶養家族や持家か借家かなどの支出に関わる情報をみます。

また、信用情報と言って、今までと現在の金融取り引き、例えばクレジットカードや他のローンの利用状況、返済の状況を見ます。返済が滞ったり、過去において自己破産などのいわゆる金融事故を起こしている場合は、今後の返済も難しいのではないかと判断されやすくなります。

これらが、審査でチェックされる一般的な内容になります。

審査がないのは闇金!絶対に申し込みをしてはいけない!

できれば審査を受けたくないと考え、「審査ナシ」の表記をしている広告サイトやチラシに興味を持つ人がいますが、「審査ナシ」表記のところは、絶対に申し込みしてはいけません。何故なら、それは闇金だからです。

闇金は、あの手この手でお客を捕まえようとします。捕まったら、通常では考えられない金利で返済を迫られます。そして返済できない場合は、恫喝なり嫌がらせなりが始まります。どんなにお金に困っても闇金にだけは手を出さないでください。

どう違う?消費者金融と銀行のカードローン審査の厳しさは

審査についてですが、よく消費者金融と銀行のカードローンでは、審査の厳しさが違うと言う話が出てきます。多いのは、消費者金融の審査は銀行よりも甘い(逆を言えば、銀行の方が、審査が厳しい)、という意見が多いことです。

しかし、実際に審査を比べてみるとわかると思います。

必ずしも消費者金融の方が審査が甘いと言う訳ではありません。

審査は統一されているわけではない!それぞれで判断が違う!

審査というのは、ローン商品を申し込む際、必ずついてまわるものです。似たような質問事項だったりもします。

しかし、同じような条件の人がいたとしても審査通過の判断は、個々の金融機関で変わってきます。

口コミなどを見ると分かりやすいでしょうが、例えば、銀行の審査に落ちて消費者金融の審査に通った人もいるし、逆に消費者金融の審査に落ちたのに銀行の審査に通る人もいます。

審査は返済ができるかどうかを見るとは説明しましたが、必ずしも申込者個人の条件や状態で重点をおく項目は、同じではないのです。

キャッシング審査は基準も落ちた時の理由も教えてもらえない!

審査がある以上、必ず融資してもらえるとは限りません。中には、審査に落ちてしまう人もいます。「なぜ私が・・・。」と思う人もいるかもしれませんが、実際には、審査に落ちてしまう人は多くいます。

審査通過率の数字を公表している消費者金融もありますが、50%を超えることはまずありません。それだけ、審査に落ちる人は多いのです。

当然審査に落ちた人はその理由を知り、次のキャッシング申し込みの対策をしたいはずです。

しかし、審査に落ちる理由は教えてもらうことはできません。

これは、審査に通っても同じですが、どちらにしても結果を知ることしかできません。

一般的な理由としては信用情報に傷があると審査に通らない!

ただし、審査に落ちた理由を推測することは可能なはずです。とはいえ、審査に落ちた理由が全く思いつかない人もいるかもしれません。

あくまで推測するしかできませんが、一般的にはこのような理由がよくネットでもあげられています。自分が当てはまるか考えてみると思い浮かぶ人がいるかもしれません。

  • 属性がよくない
  • 信用情報に傷がある
  • 申し込みで嘘の申告をした  など

細かく言えば、まだまだあるかもしれませんが、よく言われるのはこれらの理由です。

属性とは先にも触れましたが、申込者個人の勤め先や勤続年数、年収、扶養家族や持家などを含めた情報です。

例えばよくあるのは、まだ入社(転職)して間もない人は、何年も働いている人よりも不利です。それは、一か所に長く働けない人と判断されれば、安定した収入を得ることができないと思われるからです。

安定した収入は、多くのキャッシング申し込み条件にもある、大切なポイントになります。

もちろんこれは一例でいろいろな視点で見られますが、個々の情報が審査に影響を与えるのは確かです。

また、特に重要視されるのが、信用情報に傷があるかどうか、です。信用情報は、属性の方よりも厳しく見られます。

これも先に説明したのですが、信用情報に傷がある、いわゆる金融事故を起こしている過去があれば、また今回も返済できないのではないかと判断されます。現在進行形ならば、まず審査には落ちるでしょう。

しかもこの信用情報は、そもそもが信用情報機関という機関に記録され、他社の記録も照会することができる為、過去の別の会社であった金融事故もわかってしまいます。そして、金融事故情報の記録期間は、5年ないし10年残ります。

場合によっては長く感じるでしょうが、期間が過ぎ記録が消えればそれ以降は新たにキャッシングできる可能性は出てきます。

キャッシング審査は融資を決める大切な材料!判断基準は秘密が当然

審査に落ちる理由については、あくまで推測の域を出ませんし、個人に対しての正確な理由については、本当に教えてもらうことはできません。

しかし、キャッシングの審査について全く知らないと、闇金の罠にハマってしまうことになります。

  • 審査は必ずある
  • 審査は申込者が返済できるかどうかを見極める為にある
  • 審査通過の可否の基準は金融機関によって違う
  • 審査に落ちた理由は教えてもらえない

これらのことを知っているのと知らないのとでもかなり違うと思います。

審査についての知識があれば、自分が審査に通ることができるのか、また審査に通りにくいならばどうすればいいのかを考えることができるはずです。

銀行のキャッシングは、大変多くの方が利用しています...

急にまとまった資金が必要になった場合、簡単に審査通...

キャッシングやカードローンについてネットで調べると...

あと数万円、どうしても足りない!でも、ほかからも借...

来月の給料日まで、どうしてもお金が続かない!つなぎ...

急な出費があったり手持ちの現金がちょっと足りない時...

パソコンやスマホで気軽に申込ができるようになったこ...

住宅や車、奨学金などローンには様々な種類があり、サ...

お金を借りることが出来るキャッシングには実に多くの...

キャッシング審査がなかなか通らないとお困りの方はい...

12
閉じる
閉じる