キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

知っておくと有利なキャッシング豆知識!いざって時に役に立つ

あまり他の人は使っていないと思いきや、知らないだけでキャッシングを利用している人は意外と多くいます。

しかし、お互いにキャッシングをしているとは言えないので、情報源としてはネットが中心になってしまいます。その為、他の人がどのように利用しているのか、気をつけることはないのか、あまり知る機会は少ないでしょう。

そんな中、コラムは少ない情報源の一つとして参考になると言えます。

情報としてキャッシングのコラムは参考になるがどんなコラムがある?

テレビ、雑誌、ネット、口コミ、世の中の様々な情報はあらゆる媒体を通して得ることができます。ただ、中には「これは本当だろうか。」と言うような内容もありますし、情報が溢れすぎて、どれが本当かわからなかったり選択しづらかったりします。

キャッシングにおいては、テレビではコマーシャルは多く流れているものの、本当に知りたい細かい情報までは流れてきません。

本来ならば子育てのように近くの人の体験談などはとても参考になるはずなのに、誰もがキャッシングをしていてもそれを口にしないので(一番参考になる口コミもネットを通せばあるのですが)、身近な情報はほとんどありません。

やはりインターネットを中心に体験談やコラムで情報を得るのが、一番手っ取り早いのかもしれません。

キャッシングにはよくある情報の他にもちょっと変わった情報もある!

キャッシングの場合、どうしたら通るのか、落ちた理由は何なのか、審査に関する情報が特に多いと言えます。審査に関しては、一通りの細かい情報はあると言えるでしょう。

できれば、それ以外のものも知りたいと思うのですが、なかなかどうして審査やそれに関わる情報以外は、若干少ないように感じます。

今回はキャッシングでも、コラムであるようなちょっと視点の違った情報や、もう少し突っ込んだ内容などについて取り上げてみます。

キャッシングは長期にわたるものだけど時効は関係するもの?

キャッシングの場合、借り入れの金額にもよるでしょうが、返済が長期になることが多いと言えます。となると、いろいろな人がいますが、中にはなんとかして借金を踏み倒そうと考える人もいます。いわゆる「時効」が成立するのかどうか、ということです。

時効について触れているコラム情報もあります。

それによると、印象は良くないものの、時効というシステムは、確かにあるようです。

時効の成立は、カード会社や消費者金融などの業者相手の場合は5年、個人相手ならば10年だそうです。ただし、時間が経てばいいと言う訳ではなく、「時効の援用」として、書面で相手に通知する必要があります。(内容証明郵便で送るなど、きちんとした形で行うことが必要です。)

とはいえ、相手も黙ったまま時効を受け入れるとは限りません。裁判所に申し立てをしたり、催告をしたり、なんとかして時効の中断等、対策を行ってきます。

時効の成立は難しいしデメリットは大きい!今後に影響があるのは確実

時効によるいわゆる踏み倒しをしたとしても、それに伴うデメリットもかなり大きなものになります。

  • 返済の催促が頻繁にくる
  • 裁判を起こされる可能性がある
  • 他のローンを含めて今後の借り入れが一切できない など

個人同士だと相手の性格にもよるでしょうし、金額によっては相手が誰であろうと裁判を起こされる可能性があります。

また、よくブラックリストと言われる(実際にブラックリストはないのですが)、信用情報にその履歴が残り、他のローンを含めて今後一切の借り入れがまずできなくなります。

当然住宅ローンも組めなくなります。いいことは何一つないと言えます。

それよりも自己破産なり債務整理を行う方がよほどいいのではないかと思います。

住宅ローンが組めなくなると言うけど他のローンとの関係は大丈夫?

キャッシングを利用している場合によく気になるのか、質問等にあるのが、住宅ローンに影響を与えるのかどうか。住宅ローンの場合、ローンの規模が大きいのでなにかと慎重になってしまうものですが、買い物が家という大きな物件なので気になるのは当たり前と言えば当たり前でしょう。

多いのは、キャッシングしていると、住宅ローンの審査に落ちてしまうのではないかと言う意見です。

キャッシングで住宅ローンの審査に落ちる訳ではないが油断は禁物!

多くの人が「キャッシングをしていると住宅ローンの審査に落ちる。」と思っていたり、話を聞いたりしていると思われます。根拠がなくてもキャッシングの印象自体は昔から良くないので、その影響もあるかもしれません。

実際にはどうなのか、というところですが、いろいろな状況があるので一概には言えないものの、現在進行形でキャッシングしている場合と過去キャッシングしていたが今は終わっているのでは違います。やはり現状でキャッシングしている方が、少なくとも影響があると言えます。

また現在でも過去でも良くないのは、信用情報に傷がある場合です。

いわゆる延滞や、債務整理、自己破産などです。信用情報に傷があると、審査に通るのは難しいでしょう。これは住宅ローンに限らず、どのローンでも同じと言えます。

ちなみに先に住宅ローンを組んでいる状態でキャッシングに申し込みする場合は、まず影響はありません。

キャッシングに車担保のものがあるけどダメ?オススメ?

キャッシングにもいろいろな種類がありますが、住宅ローンほどではないにしても特に最近話題になるのが、車担保の商品です。実は、あまりいい評判は見かけません。

借金における担保とは
借金の返済が出来ない場合、融資側の損害を補う為に補償として渡すものです。よくあるのが、家などの不動産です。保証人も人的担保になります。

担保として見ると、車担保は手軽に感じて「いいな」と思うかもしれません。しかし、これが罠の始まりという感じになります。

というのは、どうも車担保のキャッシングでは、いわゆる闇金になるような悪徳業者が多く隠れているようなのです。

一見優しく対応しているように見えるのですが、車担保の場合、最初から車狙いであることが多いようです。または莫大な手数料を取られることもあるようです。注意しましょう。

キャッシングを早く終わらせるには?何か方法はある?

キャッシングの話題として多い内容の一つに、増額があります。理由によってはあまりいい印象をもてないかもしれませんが、やはり融資額が多い方がなにかと便利です。

しかし、逆に限度額を減らしたいと考える人もます。これはどちらかと言えば、少数派なので、あまり話題にものぼらないかもしれません。

そもそも限度額を下げたいと思う人は、なるべくキャッシングによる借金を作りたくないと考える人です。または、いまある借金を減らしたいと考えている人です。

限度額はすぐ下げられる?ただし借入残高が多ければ無理

金融機関としては、通常限度額を上げて欲しいという人が多いので、限度額を下げたいと言う申請があれば、少し驚かれるかもしれません。しかし、限度額を下げることは可能です。

どちらかといえば増額だと審査があるので、難しいです。逆に限度額を下げるのは電話一本ですむことがほとんどです。

ただし、借入残高がまだまだ多い場合は、下げたい限度額の枠まで返済を先に済ませないといけません。

いずれにしても、借金をなるべく持ちたくない人には、限度額を下げるのはオススメと言えます。

借金を早く終わらせたいならば借り換えも有効な手口になる?

なるべく借金を持っていたくないという面で言えば、確かに「限度額を下げる」ことは有効手段の一つと言えます。

他に借金に伴う経済的負担を考えると、借り換えも思いつく人は多いかもしれません。

借り換えとは、特に多重債務と言われる人たちに向いている方法です。キャッシングがいくつかある場合、返済日の管理も難しくなり延滞が起こりやすくなります。その為、返済日を1つに絞るという形になりますが、いくつかあるキャッシングを1つに借り換えることになります。

ただし、実はこれには落とし穴があって、借り換えしたキャッシングの返済が1つになっても、返済総額が増えることもあります。

いくつもある返済に振り回されることはなくなりますが、キャッシング一つ分の総額が大きくなる為、返済が長期化することになります。返済が長期化した場合、利息は意外にも増えてしまうことがあります。

もちろん返済額との兼ね合いもあるので、きちんと借金が減ることもあります。借り換えローンの組み方で大きく変わります。

また、借り換えも金融機関に申し込みし、審査に通ってはじめてできることです。これも審査があるので、通らなければ意味がありません。

借り換えもケースバイケースなので、考えている人も実行する前に、一度返済総額や利息について計算なり調べてみるといいと思います。

まだまだ細かい話はあるが人のコラムも参考にすると失敗が減る

誰もが気になる審査を始め、多くの人がキャッシングについて好奇心や関心を持つのは、間違いないでしょう。それに伴い、多くの情報がネットを中心に流れています。

特に口コミやコラムには、視点の違いから参考になる内容がたくさんあります。

しかし、ネットに流れる情報の中には闇金もたくさん紛れている為、安易に広告の口車に乗らないようにしたいものです。

その判別は難しいこともありますが、いくつもの情報やコラムなどを見て、情報の判別ができるような眼を養いたいものです。

クレジットカードは、現金の持ち合わせがなくても簡単...

キャッシングは身近になってきています。テレビCMの...

どれだけ一生懸命働いていても、すぐにお給料は増えて...

キャッシングを使い始めて慣れてくると、様々な情報を...

クレジットカードのキャシング枠を申し込むと、事前確...

12
閉じる
閉じる