キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

キャッシング機能もあるクレジットカード審査のポイント

クレジットカードは、現金の持ち合わせがなくても簡単に物やサービスを購入できます。生活状況をみながら分割で支払うこともでき、さらに、クレジットカードで支払うことによってポイントなどが付くものも多く、還元率も様々でとても魅力的です。

また、クレジットカードにはキャッシング枠というものもあり、一時的にお金を借りることもできます。

さて、そんなクレジットカード発行にも、きちんとした審査があります。審査に通る人と落ちる人にはどんな違いがあるのかをわかりやすくまとめました。

クレジットカードの発行は信用で成り立っている

クレジットカードの発行は「信用取引」で成り立っています。

返済能力がないと判断された場合や、どうも信用が得られないと判断された場合は、クレジットカードの審査は通りません。

クレジットカードの審査に落ちる人

では、クレジットカードの審査に落ちてしまう可能性が高い人の特徴をみていきましょう。

まず、クレジットカードの審査に使われる、信用情報機関の「信用情報」というものがあります。

信用情報には、申し込み者の氏名・年齢・生年月日から、クレジットカードやキャッシングやカードローンの利用実績などの個人情報が集まっています。

返済能力が低い

最初にお伝えした通り、返済能力が低いと判断された場合は、審査に通過する可能性は低いです。

クレジットカードの発行は信用取引で成り立っていますから、カード会社が一時的にカード利用者の代わりに代金を支払っているにも関わらず、返すあてがないという人にクレジットカードの発行はできません。

具体的には、無収入の学生や、専業主婦が当てはまります。無職や無収入といった場合は、審査のポイントを得ることはかなり難しいでしょう。

ただ、条件を満たせば、学生や専業主婦の方も申し込めるカードもあります。

過去に延滞などの信用を落とした実績がある

過去に物やサービスを購入した際に、支払料金を延滞してしまった場合も、当然信用は下がってしまいます。最近では、学生時代の奨学金の返済も信用情報に記録されています。

また、携帯電話やスマートフォンの機種代を分割で支払っている場合、使用料の延滞もしっかりと記録されます。

2~3ヶ月の滞納をしてしまうと悪質と判断されます。

金融事故扱いになり、今後の信用を取り戻すためには、多大な時間と労力が要ります。

携帯電話やスマートフォンの機種代を分割で支払っている場合、それはローンです。使用料の延滞は、ローンの未払いとなります。使用料にプラスでのってくる機種代だからこそ、注意が必要です。引き落とし日までには余裕を持って入金しておきましょう。

信用情報に実績がない

現金主義であったため、今までクレジットカードの利用や、分割払いをしたことがない人もいるのではないでしょうか。

そのような人は「スーパーホワイト」といわれ、信用情報がありません。信用情報がないということは、クレジットカードなどの審査に使う判断材料がないといえます。

呼び方は似ていますが、全く意味が異なるもので「ホワイト」といわれる人たちがいます。

どういう人かといいますと、これまでに金融事故を起こしてしまい、金融ブラックになってしまったけれど、ある程度の年数が経過したために信用情報機関の情報がブランクになった人のことです。一般的には5年~10年でブランクになるといわれています。

信用情報がブランクであるという見方をすると、両者とも同じ扱いになります。

つまり、信用できるか分からないということです。

では、スーパーホワイトの人がクレジットカード審査に落ちてしまうのか?というと必ずしもそうではありません。ただし、審査に通りにくいといえるかもしれません。

今までたまたま現金で物やサービスを購入してきただけのことですから、1社の審査に落ちたからといって、落胆することはありません。

虚偽記載は絶対にやってはいけない

審査に有利のなるようにと、年収や勤続年数を偽ってしまうのは絶対NGです。どうしてもカードが欲しいときなど、冷静な判断ができにくくなります。

後に虚偽記載が発覚してしまった場合は、強制解約もあり得ますので、冷静に判断し、正確な情報を申告しましょう。

何度も繰り返しますが、クレジットカードの審査は「信用」です。誤った準備はしないようにしてください。

信用実績をつくるためにやっておくこと

ここからは、クレジットカード審査に通過するためには、どのように信用をつくっていけば良いのかをまとめましたので、参考にしてください。

申し込みの段階でつまずかない

クレジットカードを申し込む際に必要事項を記入しますが、ここでつまずいてしまってはいけません。冷静に、正確にご自身の情報を記入してください。

あまりにも間違いがあった場合は、やはり審査におけるポイントは低くなる可能性があります。ポイントが低くならなくても「いい加減なひとなのかなぁ」という印象が残ってしまいます。

クレジットカードの発行は、申し込み者を総合的に判断しますので、申し込み者の性格まで審査されているといっても過言ではありません。

現在返済中のローンを減らしていく

現在、他社のローンを返済中という方は、審査までにできるだけ借金を減らしていくことが大切です。信用情報には、どれくらいのローンがあることも情報としてあります。言い換えれば、極力スリムな体にしておくことです。

万が一、滞納しているものがあれば、早急に全額支払いましょう。手遅れにならないようにコツコツと支払いすることが信用を得る一番の方法です。

計画的に頭金を用意して、返済比率を減らしておくと良い

車や住宅を購入しなければならず、やむを得ずローンを組む場合は、計画的に貯金などをして頭金として使える金額を増やしておくと良いでしょう。頭金を支払えばそれだけ借金が減るわけですから、スリムな体で審査を受けることができます。

返済比率とは、年収を100とみたときの年間返済額の割合です。

例えば、年収500万円の人が一年間に100万円の返済があるとすれば、100÷500=0.2となります。100を掛ければパーセントで出ますので、返済比率は20%となるわけです。

返済比率は年収と返済額ですから、年収を増やすか返済額を減らすかです。どちらがコントロールしやすいかをよく考えてください。

何枚も必要のないカードの発行をしない

今までにクレジットカードを何枚か発行している方は、優先順位を考え、必要のないカードを整理しましょう。

クレジットカードには、キャッシング枠という枠が付いているものがあります。

キャッシング枠というのは、要するにATMで簡単に借り入れをすることができる機能です。

キャッシング枠の利用限度額は、人によって様々なので一概にはいえませんが、例えば、キャッシング枠が10万円のカードを5枚持っていたとすれば、ATMで簡単に50万円の借り入れが可能ということになります。

したがって、キャッシング枠が付いたクレジットカードを何枚も持っていたとすれば、それだけ借り入れをしている状況かもしれないと判断されてもおかしくありません。

必要のないクレジットカードは整理するか、キャッシング枠付きのカードを無理に発行しないことです。

スーパーホワイトの人は、小さな一歩を踏み出してみる

今まで信用情報機関に信用情報がない「スーパーホワイト」と呼ばれる人が、クレジットカード審査に通りにくい可能性がある理由は先程述べた通りです。

ですから、スーパーホワイトの人は、まず信用をつくっていく必要があります。

まずは、携帯電話やスマートフォンの機種代を分割して支払うことや、通信教育の教材代、通販の商品を分割で購入するなど、今、生活に支障のない範囲で信用をつくっていくことです。

生活に支障が出る可能性のある、物やサービスの購入は絶対にやめましょう。

あくまでも、クレジットカードの審査に通りやすくするための選択肢であることを心に留めておいてください。

デビットカードを使うという選択肢もある

クレジットカードの審査にどうしても通らない場合は、信用ができるまでデビットカードの使用を考えても良いかと思います。

デビットカードは銀行口座と紐づけられているため、物やサービスを購入したら即口座から引き落とされるのが特徴です。

口座にお金がない場合は使用することはできないのは当然ですが、クレジットカードの審査と比較した場合、審査が通りやすい場合がほとんどです。

利用する際は、返済のことをしっかり考える

ここまでは、クレジットカードの審査までに心掛けること、行動することをまとめました。しかし、審査に通り、クレジットカードが発行されてからがスタートです。

物やサービスを購入したあとの返済が重要です。分割で支払うこともできますので、生活状況に合わせながら支払うことができるのはとても便利なことですが、そこに甘えや怠け心が出てきてはいけません。

カード会社が一時的に代わりに支払ってくれていることを忘れないようにしましょう。引き落とし日までに、十分な金額が入金されていないと、やはり信用は失われてしまうものです。

クレジットカードは、還元率も考えればたくさん魅力があるものです。条件が揃えば、必ず審査に通るものです。しっかりと準備をし、クレジットカードを生活に役立てていきましょう。

閉じる
閉じる