キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら

車担保キャッシングは安全?車担保の仕組みと危ない業者の見分け方

電柱や駐車場等の貼り紙で「車で即日融資」「乗ったままでOK」といった車担保キャッシングの広告を見かけたことはありませんか?

キャッシングしても車はそのまま使い続けることができるし、しかも即日融資が受けられるのならとても助かりますよね。

でも・・・こういう業者ってホントに安全なのでしょうか?

車を担保とするキャッシング業者は闇金かどうかの見分けが難しいため、注意が必要です。ここでは車担保キャッシングの仕組み、メリット・デメリット、闇金の見分け方のポイントを徹底解説していきます。

安全なキャッシングのためにも、しっかりポイントを押さえましょう!

車担保キャッシングは「乗ったまま」と「お預かり」の二通り

「車担保キャッシング」とは、文字どおり車を担保にしてお金を借りることです。この方法そのものは違法ではありません。担保が車というだけで、質屋に物を預けてお金を借りたり、家や土地を担保にしてお金を借りたりするのと同じですね。

もし返済できないときは、車は差し押さえられ、売却されてしまうことになります。

車担保キャッシングには通常「乗ったまま」と「お預かり」の二つの方法があります。

仕事で車を使うなら「乗ったまま」

「乗ったまま」は、業者に車を預けず、手元に置いたままでキャッシングする方法です。

融資を受けた後も、車をそのまま使い続けることができるため、仕事で車を使う人、車がないと通勤や日々の生活に困るという人は当然、この方法を選ぶことになりますね。

とはいえ車が担保になることには変わりありません。

キャッシング業者によっては、踏み倒しを防ぐために担保となる車の名義を業者に変更させ、毎月リース料を取られるケースもあるようです。

また借り入れ中に事故や故障を起こしてしまった場合、修理費や賠償金は当然本人が支払うことになりますので注意が必要です。

短期間のキャッシングなら「お預かり」

「お預かり」とは、借りたお金の返済が済むまで業者に車を預ける方法です。預けている間はもちろん車を使うことはできません。

預けた車は完済と同時に返却されますが、期限内に返済できないと業者が車を売却することになります。

担保が業者の手元にある分、融資額は一般に「乗ったまま」よりも高くなるケースが多いようです。車をあまり使わない人や短期間で返済できる場合には、こちらの方法が向いているでしょう。

ただ車が手元になくても困らないのであれば、売ったほうがお得かもしれませんね。

さて「車担保キャッシング」の仕組みが分かったところで、次の章からはメリット・デメリットをくわしく見ていきましょう。

車担保のキャッシング最大のメリットは借りやすさ

まずはメリットから。車担保キャッシングでは、車さえあれば利用しやすい条件がそろっています。

  • スピード
  • 車を売らずに借りられる
  • 高額借入れも簡単
  • 事業資金なら総量規制の対象外

とにかくスピーディ!来店から30分程度でキャッシング可能

車担保キャッシングのメリットの中でも見逃せないのが、何といってもスピーディーに借入れできること。
車という確実な担保があるため、審査はとてもシンプル。在籍確認などもありません。ほとんど車の査定のみで終了するので、来店からキャッシングまでの30分程度ですみます。急いでお金が必要なときには便利ですよね。

返済さえ問題なければ車は安全

売ってしまえば車はなくなってしまいますが、車担保キャッシングなら車を手放さずに借りられるのもメリットの一つです。

もちろん車はあくまでも担保ですから、期限内に返済できなければ売却されてしまいます。でも、きちん返済さえしていれば、今までどおり乗り続けることができます。

「お預かり」なら「乗ったまま」より融資額も高いので、複数の車を所持している場合、普段使わない方の車を担保にすることで、乗ったままで高額のキャッシングも可能です。

高額借入れも簡単に

通常のキャッシング審査では、本人の収入・社会的地位・信用度などに基づいて融資の可否や融資額が決められます。

一方、車担保キャッシングの場合、どれくらい借りられるかは主に車の査定によって決まります。査定の基準は業者によっても異なりますが、状態がよく、人気のある車種や高級車は高額融資も期待できます。

低収入や信用情報に問題があるなど、通常のキャッシング審査に通るのが厳しい人でも、車の査定次第では高額の借入れができるかも。

しかも不動産を担保とする場合と違って抵当権設定などのややこしい手続きもいらないので、より簡単に高額の借入れができるかもしれないのです。

事業資金なら総量規制の対象外

前項で、車担保キャッシングでいくら借りられるかは査定次第と言ったばかりですが・・・

キャッシングには総量規制という法律があります。貸金業者から個人でお金を借りる場合、年収の1/3を超える額は借りられないことになっています。

それは車担保のキャッシングでも同じ。例えば車の査定が100万円、年収が90万円の場合、90÷3の30万円までしか借りられません。

どんなに高級車を持っていても年収ゼロなら借入れはダメということになります。

ただし、総量規制が適用されるのは個人のキャッシングだけ。事業資金に使う場合は適用されません。
つまり事業資金として利用する目的で借りるのならば高額融資が可能なのです。

例えば自営業者の方。どうしても資金ぐりに困ってしまったときの「つなぎ資金」としては有効かもしれませんね。

やっぱり危ない!?車担保キャッシングのデメリット

物事にはメリットもあればデメリットもつきもの。車担保キャッシングの注意点をあげています。

  • 金利が高い
  • 手数料がかかる
  • 査定額が低い

デメリット系の情報は業者の広告やホームページには掲載されていなかったり、あいまいな表現であったりすることが多いため、利用する前にしっかりチェックしておきましょう。

担保があるのに金利は高め?

車担保キャッシングを行っている会社は、ほとんどが最高金利として18~20%を提示しています。これは法律で定められた上限金利です。

大手消費者金融も上限金利18%前後に設定しているところが多いですが、消費者金融はあくまでも無担保。法定金利内ではありますが、車という担保があることを考えると、高いと言わざるを得ないでしょう。

手数料やリース料が上乗せされることも?

車担保キャッシングでは、担保となる車の名義をいったん本人から業者へと変更させられることがあります。

これは、お金を借りた人が勝手に車を売ってしまったり、同じ車を担保に複数の業者からキャッシングを繰り返し、挙句に返済不能となって自己破産してしまう・・・などといったことを防ぐためでもあります。

「乗ったまま」で融資を受けた場合は、名義変更後、キャッシング業者からリースしてもらうという形で車に乗り続けることができますが、その際、名義変更手数料として数万円もの支払いや、毎月高額なリース料を請求されることがあるのです。

つまり金利そのものは法定内でも、金利以外の費用を借入れ額に上乗せするという形で支払っていくことになるというわけです。

さらに、名義が変わってからも故障の修理代や事故の賠償金、自動車保険や自動車税はすべて本人が払わなければなりません。

意外に低い?!キャッシング額

車担保のキャッシングでは、まず車の価値を査定し、その査定額の5~7割が実際に融資される金額となります。

これは車の消耗や買取価格が下落したりした場合のリスクを考えてのこと。たとえば、車の査定額が100万円と出たら、融資額は50~70万円となります。

査定を行うのは車の専門家ではなくキャッシング会社の社員であることがほとんどです。査定基準が明確にされていないことも珍しくありません。一般の中古車買い取り価格よりもかなり安くなると覚悟しておいた方がいいでしょう。

事故歴のある車や走行距離が長い・年式も古いと査定額は下がります。実際に融資されるのはそこからさらに少なくなるため、数万円しかキャッシングしてないのに、利息や高額の手数料とかリース料だけは払わなければならない・・・といった事態に陥ることも考えられます。

車担保キャッシングの落とし穴!闇金の見分け方

車担保キャッシングを扱っている業者には、もちろん自治体から許可を得た正規業者もありますが、違法業者が多いのも事実です。

たいていの場合、車担保キャッシングを利用するのって通常では審査に通りにくい人たちです。こういう人たちはお金に困って切羽詰まっているため、闇金にとっては格好のカモ。少々ヤバそうな話でもすぐに飛びついてくれるからです。

この章では闇金の見分け方と対策をご紹介します。

その広告大丈夫?電話番号をチェック

車担保キャッシングの広告は電柱、駐車場、電話ボックスなどに貼られていることが多いようです。またスポーツ新聞やギャンブル系の雑誌などに載っていることもあります。

これらの広告を見かけたら電話番号をチェックしてみてください。現在の貸金業法では、貸金業者の広告には必ず固定電話の番号を掲載しなければいけないことになっています。「090」「080」「070」で始まる携帯電話番号しか載せていない業者は闇金と思ってよいでしょう。

登録番号を検索しよう

貸金業を営む場合、必ず国や自治体に営業登録をして認可を受けなければなりません。そのときに交付されるのが「登録番号」です。

正規の登録をしているキャッシング業者は、ホームページや店舗に必ずこの登録番号を掲載しています。これも貸金業法で定められています。

登録番号のない業者は闇金です。ただ、架空の番号を載せていることも考えられるので、番号があるからと言って安心とは限りません。これを見抜くためには、金融庁のホームページの「登録貸金業情報検索」というサイトで調べてみましょう。番号を入力して検索にヒットしなければ間違いなく闇金です。

法外な手数料を要求される

違法なキャッシング業者は、法定金利を守らず、やたら高額の金利を取ろうとします。しかし金利そのものは法定内に抑えていても、それに上乗せしていろいろな費用を請求される場合があります。

  • 名義変更手数料
  • 車の査定料
  • リース料(乗ったまま融資の場合)
  • 保管料(お預かり融資の場合)

事務手数料や名義変更手数料として10万円近く請求された例もあります。そんな法外な請求をしてくるのはもちろん悪徳ではあるのですが・・・

金利の上限は法律で決まっているため、上限を超えると違法となります。しかし、手数料については利息とはみなされないことも。

例えば法定金利が18%の場合。金利だけで30%取ったらもちろん違法になります。しかし金利18%+毎月のリース料12%=30%なら、金利自体は法定内ですので違法とは言いにくいんですよね。

これらの諸費用についてはホームページなどにも明記されておらず、契約のときに初めて請求されるパターンが多いようです。そうなってからではなかなか断りにくいですよね。

車担保キャッシングを利用するなら、事前に電話などで費用はどれくらいかかるのかをしっかり確認しておいた方が安心です。はっきりと答えてくれないところは闇金の可能性大です。

車担保キャッシングまとめ。安心して利用するために

いかがでしたか?

車担保のキャッシングはスピードと借りやすさが魅力。でもその一方で法外な手数料や諸費用を払わなければならないといったリスクも潜んでいます。

また闇金が紛れ込みやすい市場でもあるため、安易な気持ちで利用するのは厳禁です。

まずは、利用しようとする業者が安全な正規業者かどうかをしっかり調べておくこと。そして、借入れの条件や諸費用など、正しい情報を持っておくことが肝心です。

閉じる
閉じる