借りま専科

キャッシング即日可能!今すぐお金が必要なら
即日キャッシングはすぐにお金が必要な時に便利!

生きていく中で、時に予想外の出来事も起こります。それは突然事故にあったり病気になったり…そんな中でお金が急に必要になった場合について考えてみましょう。自身に貯蓄があったり親や周りの人間にお金を借りたりすることができればいいのですが、急にお金が必要になってもお金が調達できない場合、どうすればいいのか。

その対策の一つとして、当サイトでは即日に融資可能であるキャッシングについてお伝えしたいと思います。

使いたいけど初めてだとわからない?キャッシングの基本について

お金が急に必要になったが、手元にお金がない。そんな時に助けになるのがキャッシングです。しかし、今まで使ったことのない人にはお金を借りるのにどうしたらいいのだろう、と分からず不安になる人もいるかもしれません。

まずは、キャッシングの基本についてお伝えしたいと思います。

そもそもキャッシングとは?カードローンとの違いについて

キャッシングを利用したいと思っても周りを見ると、金融機関によってはカードローンと表記しているものもあります。この「キャッシング」「カードローン」について、どう違うのか分からない、と言う人も多いかもしれません。

どういうものか一言で言えば、どちらも金融機関が行っている個人への小口融資になります。

金融機関とは、銀行だけではなく消費者金融やクレジット会社もキャッシング扱っているので、個人への融資をしていると言う面で同じ金融機関として考えて構わないと思います。

違いで見ると。

キャッシング 一括返済が基本
カードローン 分割による毎月、または一定期間ごとの返済が基本

他にも細かい違いはあるのですが、大まかに言えば、このような違いがあります。毎月返済と言えば、よく「リボルビング払い」と言うのを聞いたことがあると思いますが、ほぼ同じと考えていいかと思います。(計算方法により、細かく返済方法が違ったりしますが)

しかし、今は消費者金融も銀行も、毎月返済が当たり前になってきたため、キャッシングとカードローンの違いはなくなってきました。

しいて言えば、クレジットカードのキャッシング枠は、一括返済が多いと言えますが、これも毎月返済へ変更が可能のカードもあるので、やはり違いが薄れてきたと言えるかもしれません。

個人への小口融資であるキャッシングは困った時に便利なもの!

キャッシングにしろカードローンにしろ、お金がないので急いで借りたい、という人にはとても便利でありがたい商品です。

が、お金が借りたいというものには、教育ローンや自動車ローン、大きい所では住宅ローンになります。これらは、借りる目的がはっきりしています。だからこそ、商品名に目的が記載されていると言えます。

対してキャッシングなどは、使い道が自由とされています。ただし、事業性には使えないものが多くあります。(稀に事業性にも使える商品はあります。)

また、小口融資と言うことで、小額必要な人向けになっており、数万円(数千円)~借りられます。上限は金融機関によって違いますが、多くても500万円、800万円あたりまでです。他の特徴も整理するとこのようになっています。

キャッシングやカードローンの特徴

  • 無担保や無保証人で借り入れが可能
  • 借り入れ理由は基本的に自由
  • 限度額内ならば何度でも借り入れ可能

冠婚葬祭、買い物、旅行など、必要な場合や趣味にも使えるので大変重宝するものだと言えます。

昔のような悪いイメージも払拭?貸金業法もしっかりと整えられている

以前は、あまり良くなかった消費者金融のイメージも今はだいぶ変わり、逆に身近に感じる人も増えていると思います。

それは、多重債務が問題になったが為に法律が改正されたことが、大きな要因の一つになっているでしょう。今は、昔よりも審査が厳しく借り入れの上限も決まっていますが、その分、消費者は借金地獄に陥らずに済んでいるとも言えます。

それが、以前の法律から改正され2010年から実施されている「貸金業法」になります。これは、今も触れた通り、消費者が多重債務に陥らないように消費者金融(信販会社、クレジット会社含)の個人への小口融資に関して取り決められた法律になります。

貸金業法では、「総量規制」と言って年収の1/3以上の融資ができないことが特に知られています。

お金を借りるには審査が必要!返済できるかどうかが大切なポイント

キャッシングは、使い道が自由な個人への融資だというのはわかったと思いますが、ただ、誰でも簡単に借りられる訳ではありません。

借りるには、申込後の審査を通らなければいけません。

審査とはその人が借りたお金を返せるのかどうかを見極めるもの!

誰だって返す見込みのない人にはお金を貸したくないものです。企業ならばなおさらで、返済の利息が会社の利益に繋がるので、返済が出来ない人に融資を行うことはまずあり得ません。

その為に、キャッシングやカードローンの申し込みがあると、その人が返済ができるかどうかを審査します。審査の内容としては、主にこれらがあります。

  • 申込者の属性
  • 個人信用情報と金融事故の有無
  • 在籍確認

これらをチェックし、返済に問題がなさそうならば、審査に通り融資が行われることになります。例えば収入額が多くても、過去に返済を滞らせているような人は審査に落ちます。逆に収入が少なくとも、きちんと返済できると判断されれば審査に通ります。

審査に通ったとしても、今後のことも考えて、きちんと返済をしていきましょう。

ちなみに融資額も、この審査で希望に沿うか減額した額での融資になるのか、決まってきます。

属性とはその人の年収や勤め先に関する内容を含めた個人情報!

審査の項目として出てきた中に「属性」という言葉があったのですが、この属性が一体何なのかわからない、という人も多いでしょう。

属性とは 個人(申込者)の名前や住所だけでなく持家か借家かどうか、勤め先や勤続年数、年収など、ローンやクレジット等の金融取引に関係する内容を含めた個人情報を指します。

先ほど、返済可能かどうかで審査の可否が決まる旨は伝えたのですが、この返済に関係するのが、個人の収入と支出です。

年収はもちろんですが、返済してもらうには、毎月きちんと給料がもらえるよう会社勤めが続くかどうかも大切なポイントです。

また、扶養家族が多ければ、収入に対して支出が多いことは容易に想像できます。ということは、ローンの返済に回すだけの経済的な余裕があるのかどうかも見なければいけません。

職業には様々な職種や業種があるように、属性もまたいろいろなタイプに分かれます。

プライベートな部分も多少なりとも関係してきてしまいますが、返済に大きく関わってくる為、属性は、審査において大切な内容となります。

審査の基準も結果理由も教えてくれないが金融事故を起こすと審査落ち

審査に関して、通る通らないの判断基準と結果の理由がわかれば、申し込み時に対策はできるのですが、どこで判断されるのか、また、審査に落ちた場合のその理由については、まず教えてもらえないのが当然ということは、頭に入れておきましょう。

ただ、はっきりしているのは、金融事故を起こした場合、審査に落ちる可能性はかなり大きくなります。

金融事故とは ローンやクレジットなどの返済が上手く出来ず、長期延滞を起こしていたり債務整理を行った記録のこと。

例えば、Aさんからカードローンの申し込みが消費者金融B社にあった場合、B社は個人信用情報機関にAさんの過去の金融取り引きの記録を照会することができます。

その際、Aさんの過去、または現在においてクレジット会社C社で「金融事故」の記録があると、B社はAさんをカードローンの審査で融資不可、という判断をすることもあるのです。

ちなみに「個人信用情報機関」とは、ローンやクレジットを申し込みした時の個人の個人情報、契約内容、取引状況、金融事故などを一通り記録しておく機関です。これらの情報を個人信用情報と言います。

周りにバレずに即日融資は可能!キャッシング申込方法もいろいろある

審査もですが、よくキャッシングで心配されることの一つに周りに知られたくないが大丈夫だろうか、ということがあります。

一昔よりは今の方がキャッシングやカードローンに対する印象は柔らかくなりましたが、それ以前にお金を借りるという行為自体のマイナスイメージが完全に払拭された訳ではありません。

その為、小額でもお金を借りるということを周りには知られたくないというのは当然かもしれません。

申し込み方法としては、今はWEB申し込みが一般的になってきました。方法としては、これは周りにバレにくいと言えます。また、契約自動機がある場合、自動機設置場所にしばらくこもることになりますが、これも意外と周りには見えにくくなっています。

周りには知られたくない!そんな時はどうやって申し込みする?

審査の説明時にあった「在籍確認」。これも、周りにバレないかどうか心配になる種の一つになります。在籍確認が何か、知らない人もいるかもしれません。

在籍確認とは 申込時に申告した通りの会社に勤めているのかどうかを、実際に電話をかけて確認すること。

在籍確認は必ず行われるもので、消費者金融から電話が会社に掛ってきたら、周りにキャッシングの申し込みをしたことがバレてしまう、と心配する人は多いのです。

しかし、心配は不要です。消費者金融からの電話だとわからないように、在籍確認では担当者の個人名で電話を掛ける配慮をしてくれます。他にも会社の特徴として在籍確認が難しい人には別対応をしたり、元々、在籍確認に変わる手続きでの申し込み方法を用意しているキャッシングもあります。

即日融資もタイミングによっては絶対ではない?早めの申し込みが安心

在籍確認を含め、手続きに多少なりとも時間が掛ることもあります。お金が急いで必要なのに、あまりに時間が掛ったら、「間に合わないのでは?」と時間を心配する人も多いでしょう。

時間に関しても心配を必要以上にすることはありません。

というのは、「即日融資可能」を謳っている消費者金融は大手を中心に多くあります。もちろん、会社規模によって違いはあり、そこまで充実したサービスを提供できない規模の小さなところもあります。とはいえ、即日融資対応を行っている消費者金融がいくつもあるのも、また確かです。

ただし、タイミング的に営業時間ギリギリだと、審査時間も考慮しなくてはいけないので即日融資ができなくなってしまうこともあります。特に銀行振り込みでの融資だと銀行の営業時間も関係してきます。

即日融資を確かなものにするためにも、なるべく早めに申し込みする配慮は必要です。

キャッシングをどう考える?参考になる意見はたくさんある!

基本的なことからある程度知っておくと困らない内容まで、簡単ですが説明しました。

しかし、細かく言えばキャッシングについて、まだまだ知っておいた方がいい、知っておいた方が困らないことはたくさんあります。それはお金が関係している為、大切なことです。

周りにバレたくないが為に誰も自らは口にしませんが、コマーシャルの多さからもわかるように、世の中には実際に多くの人がキャッシングやカードローンを利用しています。

ですので、ネットで検索を掛けるといろいろな情報が提供されています。また、キャッシングに関係する意見や口コミ、コラムも多く見かけます。

まだ慣れない人は、こんな口コミやコラムもいろいろと参考になるので、一度見てみるといいでしょう。

最新記事
12345...1020...
閉じる